リファレンスチェックが転職に与える影響とは?詳細を解説

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは、転職活動や新規採用のプロセスにおいて、求職者の過去の職務実績や職場での振る舞い、能力などを評価するために行われる調査のことです。

このプロセスでは、以前の雇用主や同僚、部下などから直接情報を得ることにより、候補者の性格、技能、職務遂行能力、および一般的な職業的適合性を評価します。

リファレンスチェックの目的

リファレンスチェックの主な目的は、履歴書や面接だけでは把握できない候補者の実際の職務パフォーマンスや対人関係のスキルを確認することです。これにより、企業は雇用リスクを最小限に抑え、組織に最適な人材を採用できます。

リファレンスチェックのプロセス

通常、リファレンスチェックは転職活動の最終段階で行われます。求職者に事前の同意を得た上で、指名されたリファレンス(推薦者)に連絡を取り、様々な質問を通じて情報を収集します。

質問内容は、候補者の職務経験、成果、強み、弱み、チームでの協調性、リーダーシップ能力などが含まれることが一般的です。

リファレンスチェックの利点と課題

リファレンスチェックの利点は、候補者の過去のパフォーマンスと行動の具体的な証拠を得られる点にあります。これにより、求職者が以前の職場でどのように貢献し、どのような問題に直面し、どう対処したかの具体的な例を知ることができます。

一方で、課題としてはリファレンス提供者が偏見を持っている可能性や、候補者に不利な情報が過剰に強調されるリスクがあります。また、文化的な違いや個人的な意見の相違が結果に影響を与えることも考慮する必要があります。

リファレンスチェックの方法

Businesswoman using tablet pc for online communication in the room

リファレンスチェックを適切に実施するためには、体系的かつ効果的な方法を採用する必要があります。以下に、リファレンスチェックの一般的な方法を説明します。

1. 候補者からのリファレンスの取得

リファレンスチェックを始める前に、まずは候補者から推薦者のリストを取得します。

このリストには、過去の上司、同僚、部下など、候補者と直接仕事をしたことがある人物が含まれるべきです。候補者の同意を得た上で、これらの人物に連絡を取ることが一般的です。

2. 推薦者への連絡

推薦者には電話やEメールで連絡を取り、リファレンスチェックの目的とプロセスを説明します。推薦者のプライバシーを尊重し、彼らが快く情報提供を行えるよう配慮が必要です。また、具体的な質問リストを用意しておくと、必要な情報を効率的に集められます。

3. 質問の構成

リファレンスチェックでは、以下のような質問が含まれます。

  • 候補者の職務遂行能力についてどのように評価しますか?
  • 候補者はチーム内でどのような役割を果たしていましたか?
  • 候補者の強みと改善点は何ですか?
  • 再び機会があれば、この候補者と働きたいと思いますか?

4. 情報の分析

収集した情報を基に、候補者の職業的適合性や能力を評価します。個々の意見だけでなく、複数の推薦者からの意見を総合的に考慮することで、バランスの取れた評価が可能になります。

5. フィードバックの整理と報告

リファレンスチェックの結果を整理し、採用担当者や関連部門へ報告します。

この情報は、採用決定の重要な要素となるため、適切に扱う必要があります。

6. 倫理的考慮

リファレンスチェックを行う際は、常に倫理的基準を守ることが重要です。候補者と推薦者のプライバシーを尊重し、得られた情報を公正かつ適切に使用する必要があります。

依頼すると転職活動が現職にバレてしまうことになるのか

リファレンスチェックを依頼する際、多くの求職者は現職に転職活動が知られることを心配します。確かに、リファレンスチェックは過去の職場や同僚に問い合わせを行うため、場合によっては現職の勤務先に情報が漏れる可能性があります。

しかし、適切な手順を踏むことで、このリスクを大幅に減らせます。

まず、リファレンスチェックを行う前に、必ず求職者の同意を得ることが重要です。

多くの採用担当者はプロフェッショナルな対応を心がけており、候補者のプライバシーを尊重して行動します。また、求職者はリファレンスとして現職の同僚や上司ではなく、過去の職場の人物を指名することも一つの方法です。

転職エージェントや採用担当者に明確に現職の情報を秘密にしてほしいと伝えることも効果的です。また、リファレンスチェックが通常は転職活動の最終段階で行われることを理解しておくと安心です。この段階では既に採用がほぼ決定しているため、リスクが発生しても対処がしやすい状況にあることが多いです。

職場関係者への依頼が無理な場合は誰に頼むのか

職場関係者へのリファレンスチェックが困難な場合、求職者は他の信頼できる人物をリファレンスとして推薦する選択肢を検討します。以下は、職場外でリファレンスとして頼むことができる人物の例です。

1. 過去の職場の同僚や上司

現職以外の以前の勤務先から、仕事を共にしたことのある同僚や上司をリファレンスとして選ぶことが一般的です。これらの人物は、候補者の職務能力や職場での振る舞いについて具体的な情報を提供できます。

2. ビジネスパートナーやクライアント

職務上接触が多かった業界の関係者や長期間取引のあったクライアントも、リファレンスとして適切な情報を提供できる場合があります。これらの人物は、プロジェクトの遂行能力や対人関係のスキルについて有益な洞察を提供できます。

3. 学業の指導教員やメンター

特にキャリア初期の段階であれば、大学や専門学校などの教員や指導を受けたメンターもリファレンスとして役立つことがあります。これらの人物は、候補者の学習意欲や専門知識、問題解決能力に関する評価を行えます。

4. ボランティアや団体活動の仲間

社外の活動で共に働いたボランティア団体のリーダーや活動仲間も、候補者の協調性、リーダーシップ、コミットメントを証明するリファレンスとなり得ます。これらの経験は、職務とは異なる側面から候補者の人間性や個性を示すことができます。

リファレンスチェックの結果で内定が取り消されることはある?

リファレンスチェックの結果によって内定が取り消されることは確かにありますが、それは一般的に以下のような状況で起こり得ます。

不一致や誤解

リファレンスチェックで得られた情報が、候補者が提供した履歴書や面接中の発言と大きく異なる場合、採用側はその真実性や候補者の信頼性を疑うことがあります。

たとえば、重要な職務経験やスキルが実際には存在しなかった、または大幅に誇張されていたと判明した場合、これは内定取り消しの理由となることがあります。

パフォーマンスの問題

過去の職場でのパフォーマンスに問題があったという情報がリファレンスチェックで明らかになった場合、特にその問題が慢性的または重大なものであれば、企業は採用を見送る決定をするかもしれません。このような問題には、成果が期待に満たないことや対人関係でのトラブルが含まれます。

倫理的・法的問題

過去の職場での倫理的または法的な問題が発覚した場合、これは特に懸念される事項です。例えば、倫理規定の違反、職場での不正行為、その他のプロフェッショナルとしてふさわしくない行動が確認された場合、これらは通常、内定取り消しの明確な根拠となります。

文化的フィットの不一致

時には、リファレンスから得られた情報が、候補者が職場の文化やチームと合わない可能性を示唆することがあります。このような場合、企業はチームの調和や長期的な関係を考慮して、雇用を見送ることがあります。

まとめ

リファレンスチェックを行う際に現職の関係者に依頼することが難しい場合、過去の職場の上司や同僚、業界の関係者、学業の指導教員など、他の信頼できる人物をリファレンスとして推薦することが一つの解決策です。

これにより、候補者は現職の職場に転職活動を知られるリスクを避けつつ、採用担当者に対して自身の能力や適性を証明するための貴重な情報を提供できます。

リファレンスチェックは採用プロセスにおいて重要なステップであり、候補者のプロフェッショナルな側面を総合的に評価するための手段として利用されます

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 調査員 Y.K

調査歴10年。
年間200件以上もの調査を行う。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page