浮気率は男女・年代・都道府県別で変わる?浮気する割合や浮気しやすい人の特徴まとめ

「実際、浮気する人はどのくらいいるのだろう?」そんな疑問を持ったことはありませんか?

半数近くの男性が浮気をしたことがある、といったデータもあるほど、浮気は身近な問題です。男女の浮気率の違いや、どんな人が浮気をするのかなど、気になることも多い話題ですよね。

この記事では、男女・年代・都道府県ごとの浮気率の違い、浮気率が上がっている原因の考察、さらに浮気相手との出会い方や浮気する人の特徴まで紹介していきます。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

男女別・年代別の浮気率は?

ここからは、2018年に相模ゴム工業株式会社が行った「ニッポンのセックス」というアンケート調査をもとに、お伝えしていきます。

まずは、各項目の浮気率を紹介します。

女性より男性の浮気率が高い

相模ゴム工業株式会社の調査では、「結婚相手・交際相手以外にセックスをする相手はいるか?」と質問しています。

これに対して、「特定の相手が1名いる」「複数名いる」「特定ではないがいる」と答えた男性の割合は26.4%。パートナーがいる男性のうち、4人に1人が現在進行形で浮気をしている結果です。

対して、女性の該当者の割合は15.2%。男性と比べると、割合としては10%低く、6人から7人に1人が浮気している計算になります。

男女合わせた全体では、20.5%の人がパートナー以外と肉体関係を持っているという結果に。男性の浮気率の高さが、全体の割合を押し上げているかたちになっています。

年代別では30代が最多!

年代別では、どの年代の浮気率が最も多いと思いますか?

正解は、男女ともに30代が最多という結果になりました。

男性の場合、次のような結果に。

1位:30代 30.9%
2位:40代 30.1%
3位:20代 29.6%

どの年代とも差はわずかですが、20代に比べて30代・40代男性の既婚率は倍になるので、結婚してからの方が浮気する人が多いと言えそうです。

また女性の場合は、次の通り。

1位:30代 17.9%
2位:40代 17.1%
3位:20代 16.5%

どの年代も、男性より13%低いという結果になりました。30代・40代女性の約7割が結婚しているので、 女性も結婚後の浮気の割合が高いということが言えそうです。

都道府県で浮気率が違う?浮気をする県・しない県

浮気をする人の特徴や浮気中に見られるサインなどはたびたび話題になりますが、住んでいる場所や暮らしぶりに特徴はあるのでしょうか。

都道府県別に見る浮気をしている割合のアンケート結果では、都道府県によって浮気率が異なるということが分かりました。浮気をする県・しない県を比べてみると、地域によってさまざまな浮気の理由が考えられます。

都会だけじゃない!浮気率の高い都道府県

「浮気をした経験があるか」というアンケートの項目の結果を元に作成された「浮気率が高い都道府県ランキング」は以下の通りです。

1位:埼玉県 30.03%
2位:京都府 25.63%
3位:和歌山県 24.27%

浮気率が高い都道府県の第1位は……埼玉県でした!

埼玉県の回答者のうち、約3割が浮気していると回答しています。男女別に見ても、男性・女性ともに浮気率ナンバーワンは埼玉県。一方で、「1ヶ月パートナー以外とのセックス回数」が最も少ないのも埼玉県です。浮気はするけど、会う頻度は少ないということなのか、面白い結果になりました。

2番目に多いのが、京都府の25%で、4人に1人が浮気中。京都府の場合は、「パートナーとの1ヶ月のセックス回数」「パートナー以外との回数」ともに47都道府県中上位に食い込んでいます。

第3位は、和歌山県の24%。 京都府と僅差ですが、上位3県の中では性生活への満足度が最も高いのが特徴です。

ランキング上位の都道府県は、単純計算で4人に1人が浮気をしたことがあるということがわかりました。

離婚をしない田舎はどうか?浮気率の低い都道府県

「浮気率が高い都道府県ランキング」から逆算した“浮気をしない都道府県”が以下の通りです。

1位:鳥取県 14.88%
2位:島根県 16.74%
3位:三重県 16.94%

鳥取県、島根県、三重県で浮気率が低いとなりました。これらの地域は自然環境が豊かでのんびりとした暮らしを享受し、地域社会の結びつきが強く、地元人同士の信頼関係が築かれています。伝統的な価値観や家族の絆が重要視され、ストレスが少ない環境が浮気を抑制しているのかもしれません。

また、都市部に比べて人口密度が低く出会いが限られており、これも浮気の機会を減少させている要因になりえます。これらの要素が共同して、これらの県で低い浮気率が維持されていると言えます。

実は増えてる!「男女の浮気率」は上昇傾向

ファッションメディアが2016年に原宿・渋谷で行った街頭調査では、男性の40%、女性の44%が「浮気をしたことがある」と回答しました。実はこの結果、2014年に行った同様の調査より約16%も上昇しているのです。

昔の浮気というのは安定した家庭を持ち、経済的にも余裕のある富裕層~中流層に多い行動でした。しかし今や収入や交際ステータスの分布も広がり、低所得層も含めた多くの人が浮気をしたことがあると言います。

近年浮気率が上昇している理由には、どのようなものが考えられるのでしょうか?ここでは浮気率が増えていることを示す調査結果について、その原因を3つご紹介します。

浮気率が上昇している理由は?考えられる3つの原因

女性の社会進出で“出会い”が増える

女性が社会進出を果たしたことで、浮気率が向上したということが考えられます。以前は「家を守るのは女の仕事」という価値観がごく当たり前なもので、浮気をするのは出会いの場を多く持つ男性だけ、というのが主流でした。

しかし今やオフィスで活躍するキャリアウーマンも増え、管理職を任される女性も数多く見られます。これによって男女それぞれが職場などで新しい“出会い”を経験することになり、浮気に発展するケースが目に見えて増えました。

SNSや出会い系アプリなどが増加

出会い系サイトやマッチングアプリがきっかけで浮気する人も増えています。昔よりもアプリや出会い系サイトが増えたこと、そして利用しやすくなったことも大きな要因のひとつになります。

2008年のiPhone発売を皮切りに、今や日本人の7割がスマートフォンを所有しています。多くの方が何らかのSNSを利用しているのではないでしょうか。

世界中の人と繋がれるようになったことで、浮気に繋がる出会いを経験したり、もしくはそれを目的としてSNSを始める人が増加したということは想像に難くありません。

ドラマやネットで「浮気のやり方」を学ぶ

テレビドラマやネットなどのメディアを通して、ある種「浮気のやり方」や「出会い方」を学んだ人が増えたことも挙げられます。

2014年夏には、夫が留守にしている平日昼間に不倫をする妻を主人公とするテレビドラマが放送され、一大ブームとなりました。

またネット掲示板や動画アプリなどでは、個人が簡単に浮気体験談を投稿・閲覧することができます。それらをきっかけに2014年以降から浮気率が上昇したということは、十分考えられるでしょう。

浮気相手とはどこで出会うの?

先ほどのアンケートでは、男女平均して5人中1人に浮気相手がいるという結果になりました。では、浮気相手とはどこで出会っているのでしょうか?

引き続き、相模ゴム工業株式会社のアンケート「ニッポンのセックス」を見ながら紹介していきます。

浮気相手との出会い、第1位は職場!

浮気相手との出会いが1番多かったのは職場という結果になりました。全体の21.4%の人が、同じ会社で浮気相手と出会っているようです。

次に多いのが友人の紹介、そして友人と続きます。逆に、少なかったのは合コン・飲み屋・出会い系サイトなど、いわゆる男女の出会いの場と認識されるような場所。

このアンケート結果から、身近な人たちが浮気相手になっているというのが、わかりますね。

年代別の特徴は?

年代別に見ても、ほぼ全世代共通で第1位は職場、第2位は友人の紹介でした。

20代だけ、同じ学校が最多というのが特徴です。アンケート対象に、会社員だけでなく大学生や大学院生が含まれているのでしょう。

また、特徴的なのは、年代が上がるごとに合コンの割合が、どんどん下がっていくことです。20代・30代は10%前後いますが、40代以降になるとほとんどいなくなります。合コンという場自体が開催されなくなっているのかもしれません。

逆に、年代が上がるごとに増えていくのが、飲み屋での出会い。50代以降になると、40代までの1.5倍〜2倍近い割合の人が、飲み屋で浮気相手と出会っているという結果になりました。

浮気しやすい人の特徴

では、浮気する人はどんな特徴を持っているのでしょうか。男女別に見る、それぞれ浮気しやすい男性の特徴浮気しやすい女性の特徴をまとめました。

さらに状況によって浮気しやすいかどうかの疑問をまとめました。

職業によって浮気しやすい職業、また浮気しやすい時期というのもあるようです。あなたのパートナーがこれらに当てはまっていないかチェックしてみてください。

また、男女によって浮気の基準も異なります。男性側は浮気と思っていなくても、女性側からしたら浮気をしていたということもありえます。どこからが浮気か、パートナーとよく話し合っておくと良いでしょう。

浮気のサインを見つけ出す「興信所の浮気調査」

時代を追うごとに、結婚や恋愛の価値観は大きく変化しています。しかし浮気という配偶者に隠れて行うような交際は、いつの時代も不貞行為として考えられています。確たる証拠が見つからなくても、パートナーにとっては決して愉快なことではありません。

興信所の浮気調査は、浮気の明確な証拠をとらえ、浮気問題を解決する糸口になります。「夫/妻が浮気しているかも……?」と疑いを持ち、悶々とした悩みを抱えているなら、すぐにでも利用するべきです。もし仮に浮気をしていなかったとしても、興信所の浮気調査が発覚する可能性はきわめて低いため、お互いの関係を壊すことなくパートナーの身の潔白を確かめることになるでしょう。

探偵興信所PIOでは、浮気調査の相談を無料で受け付けています。専門の相談アドバイザーがきめ細かく要望をお伺いするので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page