探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵に住所特定を依頼する費用相場は?費用を抑えるためのコツもご紹介

探偵に住所特定を依頼すれば、迅速かつ正確な情報を得られます。

とはいえ「探偵に住所特定を依頼すべき時ってどんな時?」「どのくらい費用がかかるのかわからず不安」と一歩踏み出せない方も多いものです。

この記事では、そうした不安を解消するために、探偵に住所特定を依頼すべきケースや、住所特定を依頼した時の費用相場、探偵に住所特定を依頼するメリットなどを解説していきます。

探偵に住所特定を依頼すべきなのはどんなケース?

住所不明な浮気相手に内容証明を送りたい

パートナーの浮気が発覚したものの、浮気相手の住所がわからず内容証明が送れないという場合は多いものです。慰謝料を請求したい場合、法廷手続きの為に住所を特定する必要があります。

特定の人間の素性が知りたい

パートナーが浮気をしているようだが、どこの誰なのかよくわからない…こうしたケースも探偵に住所特定を依頼することができます。

依頼によって、相手の氏名や住所、勤務先などを知る事が可能です。

また「知らない人間にストーカーをされているようで不安」「家の庭にゴミを捨てていく犯人を調べてほしい」といったケースも、探偵に住所特定を依頼可能です。

お金を貸した人が行方不明になってしまった

信じてお金を貸したのに、返済されないまま相手が行方不明になってしまう、こうした金銭トラブルは多いものです。

こんな場合でも専門家であれば居場所を見つけ出して、借金の返済を要求できるようになるでしょう。

妊娠を告げた途端に逃げた恋人を見つけ出して養育費を請求したい

妊娠を告げた途端、恋人が失踪してしまった。

こうした場合も、泣き寝入りをする必要はありません。専門家へ依頼して、相手を探し出し養育費を請求しましょう。

探偵が住所特定を断るケースもあるので注意!

探偵が住所特定を断るケースもあるので注意してください。

・依頼者が未成年の場合

・犯罪を目的とした人探しの場合

まず民法で未成年は一人で契約することを禁止されています。ただし、大人が同伴していれば探偵に依頼することは可能なので、未成年で人探しを依頼したい方は親や成人している兄弟姉妹と訪問するようにしましょう。

また探偵業法によって「個人情報などの暴露を目的とした依頼」「盗聴目的の依頼」「ストーカー目的など、犯罪目的の依頼」については依頼を受けることができません。

自力で調査する場合のリスクも知っておこう

もちろん、住所の特定について自分自身で調査をすることも可能です。

ただし自分で調査をすると、対象に気付かれてしまい逃げられたり、思わぬトラブルに発展したりする場合もあるので、第三者に依頼した方が安心といえるでしょう。

探偵に住所特定を依頼した時の費用相場は?

相場はおよそ10~60万円ほど

探偵に住所特定を依頼した場合、費用相場はおよそ「10~60万円ほど」と言われています。ずいぶんと幅があることに気が付かれるかと思います。

費用に幅がある、この理由は探偵業者の料金内訳にあります。

調査料金の基本的な内訳は?

住所特定を依頼した場合、基本的な料金の内訳は以下のようになります。

・人件費

・依頼料

・交通費(ガソリン代や高速代など)

・通信費

・機材費

・宿泊費

・その他の情報収集にかかった費用

・報告書の作成費用

中でも費用が高額になりやすいのが「人件費」です。人手が必要で、時間のかかるような調査は高額になりやすいので注意が必要です。

逆に「人件費」があまりかからないようなケースは費用が安く抑えられます。

料金が高くなりやすい3つのケース

1:調査場所が遠方などで交通費が高くつくケース

2:長期間の聞き込みが必要なケース

3:尾行や張り込みで多数の調査員が必要なケース

これらのケースは、費用も高額になりやすいので注意しましょう。またこうした調査は、素人の方が自力で調査しようとしても、かなりの時間と労力が必要になるのでおすすめできません。相手に気付かれたり、住所が特定できなかったりするので専門家へ依頼するようにしましょう。

探偵へ住所特定を依頼するさい費用を抑えるコツは?

住所特定を依頼したい人物の情報を多く集める

住所の特定を依頼したい人物の情報が多ければ多いほど、調査期間が短くなり費用が抑えられます。

・氏名や生年月日などの基本的な情報

・顔写真

・住所不明になる前の住所地

・実家の住所や電話番号

・交友関係

・母校や同級生など

・SNSなどの利用状況

・よく行く場所

これらの情報は重要な手がかりになります。対象者に関する情報は、できるだけ多く書面にまとめておくことをおすすめします。

複数の探偵事務所から見積りをもらう

複数の探偵事務所から見積りももらうようにしましょう。というのも、探偵事務所によって料金形態が違う場合があるからです。

探偵事務所が採用している料金形態は主に3種類あります。

1・時間料金型:1時間〇〇円と調査時間に比例した料金を支払います。

2・パック料金型:あらかじめ料金が設定されている料金形態です。

3・成功報酬型:依頼をした人が見つかった時にだけ料金を支払います。

どの料金形態が一番お得か、ということではありません。依頼する内容によって、どの料金形態が一番かは変わってくるからです。そのため数社に見積りを出してもらって、自分の納得いくところに依頼を出すようにしましょう。

ただし「一番安いからここでいいや!」と安直に決めてしまうと、後で「追加で発生した費用を払ってください」と莫大な追加料金を請求されるケースもあるので要注意。

見積りの時は「これ以外にかかる費用はあるか?あるとしたら目安はどのくらいか?」まできちんと確認することをお忘れなく。

実績のある探偵事務所を選ぶ

前述したように、探偵事務所はただ安いところを選べばいいというものではありません。

実績のある所を選ぶようにしましょう。

解決実績がある探偵事務所であれば、知識や経験の豊富なプロが多数在籍しています。こうした探偵事務所は長年培った、人探しのノウハウがあるので少ない情報からでも、地道な聞き込み活動を通じて依頼者の探している人物を見つけることが可能です。

探偵に住所特定を依頼して悩みを解決しよう

「お金を貸した相手が失踪してしまった」

「家の庭にゴミを捨てていく犯人を特定してほしい」

「素性のわからない浮気相手に慰謝料を請求したい」

こうしたお悩みがある場合、まずは専門家へ一度ご相談ください。

住所特定を依頼した際の費用相場は、およそ「10~60万円」ほどです。

依頼のさいは、複数の探偵事務所から見積りをもらうようにしましょう。

探偵事務所によって料金形態が違うので、依頼人の依頼内容ごとに最適な料金形態が異なります。もちろん、見積りのさいは「見積り以外にかかる費用があるか」もきちんと確認することをお忘れなく。

「こんな事で住所特定を依頼していいの?」「人探しを依頼したいけど、情報が少ないから無理かもしれない」こんな風に考えて、依頼に二の足を踏んでいませんか?

探偵興信所PIOなら、経験と知識を備えたプロが多数在籍しています。少ない情報からでも、依頼人の探している人物を特定できるよう調査します。

住所特定を依頼するなら、信頼と実績の探偵興信所PIOにお任せください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら