探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵に尾行を依頼してかかる費用はどのくらい?価格の違いや注意点を解説

尾行は素行調査で頻繁に行われている調査形態です。

対象者に気付かれないように、行動パターンを記録し、関わっている人物について調べ、写真に撮るなどの調査を行います。

多くの方が必要としている尾行調査ですが、費用や調査の内容などに不安を持たれている方も多いのではないでしょうか。

探偵に尾行を依頼したときに、調べられること、かかる費用について、その他尾行を依頼するさいの注意点を解説していきます

探偵に尾行を依頼して調べられるのは?

尾行調査ではどのようなことがわかるのでしょうか?代表的なものを解説していきます。

対象者の浮気の有無

探偵の尾行調査において最も代表的な調査が「浮気調査」です。

対象者が会社から出る時間や勤務中などに、チームで尾行を行います。

・誰と

・いつ

・どこで

・何をしていたか

といったことがわかります。

対象者の身元調査

浮気が確定したさい、要望があれば浮気相手の身元も一緒に調査します。

浮気の現場をおさえた後で、浮気相手を尾行し身元を調べます。

身元調査では、対象者の

・氏名

・住所

・勤務先

といったことがわかります。

浮気調査と一緒に依頼すると、調査時間が少なくなるので費用が安くなる事もあります。

対象者の素行調査

浮気調査以外でも尾行で素行調査が可能です。

例えば

・子どもが学校や部活動でいじめや、体罰などを受けていないか心配

・従業員の勤務態度に不信感を持っている。不正を働いていないか調べてほしい

・婚約者の様子がおかしいような…。実は既婚者なのでは?勤務先は本当のもの?

こうしたお悩みに関しても、尾行によって対象者の素行を調査します。

現場の証拠写真や動画

浮気調査以外であっても、依頼を受けた内容で現場をおさえた場合は証拠写真や動画を撮影します。

証拠は「裁判をして慰謝料などを請求したい」という目的がある場合、必要不可欠なものです。

ですが専門家ではない方が集めた証拠では、画像が不鮮明であったりして証拠能力に欠けることも…。

専門家であればプロの撮影機材を用いて、鮮明な証拠写真や動画を撮影できます。

尾行を依頼した時にかかる費用は?

浮気の調査以外でも、尾行による調査で悩みを解決に導きます。ですが心配なのは、尾行調査によってかかる費用…。

尾行の調査は、期間、人数などによって異なりますが「10万円~80万円」ほどが、相場となっています。

探偵に尾行調査を依頼するまえに、3種類の料金体系について覚えておきましょう。

時給型

時給型は1時間当たりの料金が決まっており、調査に使った時間分を支払う料金体系です。

料金の支払額がはっきりしているので、多くの方が利用しています。

1時間あたりの相場は5,000円~2万円です。

この他に、経費として尾行でかかった交通費や機材代などが追加されることもあります。

時給型の長所は「調査日数が短いほど安く済む」ことですが、調査日数が思いがけず長くなってしまうと高額になるので注意しましょう。

時給型がおすすめなのは「すでに対象者を調査してもらう日時や場所がはっきりしている」方です。

パック型

パック型は時間と料金がすでに決まっている料金体系です。

20時間プランで30万円、30時間プランで40万円など料金ごとのコースに別れていることが多く、調査に必要な時間分の料金設定を選びます。

少し高く感じるかもしれませんが、パック料金は調査費用、機材代、車両代などの費用がすべて入っているので後から高額な請求をされる心配がありません。

調査期間が長くなるほど、1時間あたりの調査料金が安くなる傾向にあるので「調査期間がどのくらいかかるかわからない」方にはパック型の料金体系をおすすめします。

成功報酬型

成功報酬型は「調査が成功したら報酬を払う」という料金体系です。

最初に着手金を払い、調査が成功したら報酬金の全額を支払います。

「対象者が浮気相手と接触したが、決定的な浮気の証拠は撮れず、食事のみで帰宅した」こうしたケースでは料金がかからないのが特徴で、利用者にとって嬉しい料金体系です。

ただしこれを悪用して「着手金だけもらい調査をしない」といった悪質な業者もいるので注意が必要です。

成功報酬型で調査を依頼するさいは

・成功報酬の条件・内容(調査時間、人数など)

・契約書があるか

・返金方法

・調査結果の確認方法

などを合わせてしっかりとチェックしておきましょう。

尾行に失敗したら返金される?

調査に失敗した時は返金する、返金制度を設けている業者もあります。

しかしほとんどの場合、尾行に失敗しても返金はされません。

そのため、尾行調査を依頼するさいは、依頼先を慎重に選ぶ必要があります。

尾行に失敗しないような経験豊富なプロが在籍している、実績のある専門家集団である、こうした点をチェックするようにしましょう。

探偵に尾行依頼をする時に注意したい4つのポイント

尾行調査を依頼するさい、注意すべきポイントがあるので解説します。

期間を明確にしておく

時給型のプランでは、期間が長くなると料金も高くなる傾向にあります。

そのため調査してもらう期間は明確にしておきましょう。

期間が長くなりそうな場合はパック料金のプランにするなど、期間の長さに応じた一番お得な料金体系を選ぶようにしましょう。

目安としては、調査時間が10時間ほどであれば時給型を。

20時間以上の調査が必要そうであれば、パック料金がおすすめです。

相談するさい、多くの事業者は調査時間の目安を見積りで出してくれるので参考にしましょう。

対象者の情報を事前に調べておく

調査を専門家へ依頼する前に、事前に調査対象者の情報をまとめておくといいでしょう。

・行動範囲

・勤務先

・スケジュール

・行きつけの場所

などが判明していれば、尾行調査がしやすくなります。

そうなれば、必然的に調査時間も短くなるので調査費用が少なくなります。

時には尾行を中止する判断も大切

調査の状況によっては、対象者を見失って尾行が失敗してしまうケースもあります。

しかし、こうした場合は時と場所を変えて再度調査する事が可能です。

最も危険なのは「対象者に尾行調査を気づかれてしまうこと」なので覚えておきましょう。

一度警戒されたり、尾行調査が発覚したりした場合それ以上の尾行や張り込みを継続すると発覚のリスクが高くなり調査を中止することがあります。

「気付かれてもいいから絶対やり遂げてほしい!」

と、つい熱くなってしまうかもしれませんが、尾行調査が発覚すると各都道府県の制定する「迷惑行為防止条例」に該当したり、軽犯罪法違反になったりと、非常に危険です。

時には尾行を中止することも大切な一手だということを、覚えておいてください。

証拠の入手まで依頼すれば追加調査いらず

浮気調査で尾行を依頼する場合、浮気の証拠までしっかりと依頼しておきましょう。

不貞行為があったと認めさせるには、対象者の顔などがはっきりと映っている必要があります。こうした写真や動画を、自力で用意するのは困難です。

浮気の証拠があれば、以下のように今後の展開を有利に進められます。

・離婚を請求する

・浮気しているパートナーから離婚を請求されても拒絶できる

・浮気相手との関係を解消させ、浮気相手に慰謝料を請求する

証拠があれば、今後の展開の主導権を自分が握れます。

また、浮気の証拠を入手し慰謝料の請求ができれば、探偵社へ依頼した調査費用をカバーできる場合があります。

尾行を依頼する時は自分にあったプランを選ぼう

浮気調査以外でも、探偵に尾行を依頼することは可能です。

料金体系としては「時給型」「パック料金型」「成功報酬型」があります。

調査期間が決まっている場合は時給型が、調査期間が決まっていない場合はパック料金型がおすすめです。

成功報酬型で依頼する時は、成功とする条件や内容、契約書のサンプルなどを事前に確認しておきましょう。

探偵に尾行を依頼する時は、現場をおさえた証拠写真や動画などの証拠を入手してもらいましょう。

証拠があれば、今後の展開で自分が有利に立てるからです。

今まさに悩んでいる、という方は一度探偵へ相談しましょう。

きっとあなたの力になれるはずです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら