探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気調査にかかる費用は?内訳や相場、安くするコツを解説

パートナーの行動が怪しい…。

もし浮気や不倫をしているなら、裁判で使えるような有効な証拠がほしい。

こんな風に考えて探偵や興信所に浮気調査を依頼したいと思っている方は多いですよね。

ここで心配なのがズバリ「費用」ではないでしょうか。

しっかりとした浮気調査と証拠とつかむためには、ある程度の費用がかかるもの。

ですがそれを悪用した、悪徳業者がいるのもまた事実です。

今回の記事では、悪徳業者に捕まらないためにも、浮気調査の費用について解説。

浮気調査の費用はなぜかかるのか、内訳やその理由、料金相場や費用を抑えるコツについて、わかりやすくお教えします!

浮気調査の費用は高い?安い?

浮気調査にかかる費用に幅があるのはなぜ?

一般的に浮気調査の費用相場は「10万円~100万円」と言われており、かなり幅があります。

浮気調査の費用に幅がある理由は、各事務所によって「料金体系」「スタッフの稼働時間」「かかる諸経費」が異なっているから。

調査費用が安いから信用できない、高いから安心、というわけではないので注意が必要です。

では浮気調査費用の内訳はどのようになっているのでしょうか?

浮気調査にかかる費用の内訳を解説

浮気調査にかかる費用の内訳は

①人件費…スタッフの人数×浮気調査にかかった時間×時給

②諸経費…交通費、通信費、機材費、車両費、宿泊費

③手数料…報告書の作成

④基本料金…基本料金がいくらと決まっている事務所もあり

上記の中でも人件費が調査費用の大半にあたります。

というのも、浮気調査や素行調査など専門的な知識と経験、対象者を尾行する技術と体力が必要とされる仕事は誰にでもできることではありません。

料金が安いからと調査会社を選ぶと、尾行に失敗したり、証拠が不十分であったりと不手際があって、後悔するケースが散見されます。

経験を積んだベテランスタッフが調査にあたっているからどうか、しっかりと確認しておきましょう。

探偵が浮気調査をする場合、パートナーが浮気をする決定的な瞬間の証拠をおさえることが目的です。

パートナーが浮気をするまで、何日も尾行や張り込みをするなど稼働時間が長くなったり、調査車両を使用したりする場合、経費がかさんで調査料金が高くなってしまいます。

ですが裏を返せば、パートナーの浮気をする日時や場所がわかっていれば、ピンポイントで調査を依頼できるので、調査費用を低く抑える事も可能です。

調査費用の料金形態を解説

浮気調査にはいくつかの料金体系があります。

それぞれに特徴があり、自分が浮気調査を依頼するにあたって何を最終目的としているのかによってどのプランを選ぶべきか変わってきます。

各社の料金体系には大きく3つの種類があります。

成功報酬型

成功報酬型は浮気の証拠がつかめたら、調査にかかった費用を支払うプランです。

調査対象者が浮気をしていなかった場合や証拠をつかめなかった場合料金がかからないのが最大の特徴です。

成功報酬型のプランを選ぶのにおすすめの方は以下のような方です。

・「パートナーが浮気をしているという確証はないが、気になっていることがある」

・「浮気の証拠がつかめた場合にだけ報酬を払いたい」

依頼者にとってはうれしいプランですが、中には着手金だけもらって調査をしなかったり、尾行がばれなかったから成功です、料金を払ってくださいと要求したりしてくる悪徳業者があるようです。

成功報酬型で依頼をするさいは「何をもって成功とするのか」「契約書があるか」をきちんと聞き出しておきましょう。

パック料金型

パック料金は、人件費や諸経費、手数料など浮気調査に関する費用がすべてパックになっている料金プランです。

3日でいくら、などかける日数によって料金が決まっているのが特徴で、時給型と比較すると1時間当たりの調査料金が割安になっています。

ただし短時間で調査が終わった場合も返金がないので、割高になることもあります。

・「浮気に関する情報が少なく、証拠をつかむまで日数がかかりそう」

こうした方はパック料金型のプランがおすすめです。

時間制型

スタッフの人数と1時間当たりの稼働時間+諸経費が請求されるプランです。

料金体系がひじょうに明確です。

・「パートナーが浮気をするのは決まって●曜日」

・「パートナーはいつもこの駅で降りて浮気相手に会っているようだ」

浮気について詳細な情報をつかんでいる、こんな方は時間制型を選ぶといいでしょう。

あらかじめパートナーが浮気・不倫をする日や場所を特定しておいて、調査会社に依頼すれば、かかった時間のみの料金で済むので費用をおさえられます。

ただし、想定通りにいかず、その日にパートナーが浮気・不倫をせず帰宅したり、証拠がつかめず別の日に再調査になったりすると稼働時間が長引いて料金が高額になることがあります。

依頼する時に注意する点

専門家へ浮気調査の依頼をする時、注意すべき点があります。

思いがけない増員で人件費がかさんだり、後日追加で請求されたりすることがあるので気を付けましょう。

「業界最安値」や「着手金0円」などとうたっている場合、当初は安く見積もっておいて、後から高額な請求をする悪質な業者がいます。

では、どのような点に気を付ければ悪質な業者と取引せず、費用をおさえることができるのでしょうか?

悪徳業者につかまらず、浮気調査の費用をおさえるコツ

複数の会社に見積り

浮気調査の依頼をするさいは、複数の会社に見積りを依頼しましょう。

1つの会社で依頼をすると、勝手がわからないまま高額な契約を結んでしまうことも…。

複数の会社に見積りを依頼し内容を説明してもらうことで、内訳や調査の成功条件など、どこをチェックすればいいのか、調査会社ごとの特色などもわかります。

「あの会社は料金の中にこれも含まれていたのに」

「この料金以外に、追加で払う可能性のある費用はありませんか」

など、見積り案のどこに目をつければいいのかわかれば、一番お得な調査会社がわかります。

見積もりをとるさいは、数社に並行しての依頼をおすすめします。

お試し料金や無料相談を活用する

調査会社の中には、お試し料金を導入していたり、相談は無料にしていたりすることがあります。

こうしたキャンペーンなどを活用しましょう。

追加料金の発生条件などを事前に確認

調査会社との契約でトラブルになりがちなのが「追加料金」です。

当初は安い金額を提示しておいて、後から「調査にこれだけの費用がかかりました」「早朝・深夜の割増料金対象だった」などと言って、高額な請求をされるケースも見受けられます。

契約のさいには、追加料金の発生条件について明確にしておきましょう。

事前に情報や証拠を集めておく

わかる限り、事前にパートナーの浮気や不倫の情報を集め、整理しておきましょう。

「いつも浮気をする曜日が決まっている」

「帰宅前に〇〇駅に降りて何かしているようだ」

浮気調査をするべき日時や場所がわかっていれば、調査が短時間で済み費用がそれだけ抑えられます。

他にも、あえて自分が外出する日を設けてパートナーが浮気・不倫をしそうな日をコントロールできるのなら、そうした手段も考慮しましょう。

悪徳業者につかまらないために気を付けたいポイントを紹介

・「提携している弁護士を紹介します」

こうした調査会社は、弁護士法違反の可能性がありますので気を付けましょう。

調査会社が弁護士の紹介をすることは、例え無料であっても「商行為」となるケースもありますので弁護士法違反に抵触する可能性があります。

・「業界最安値、着手金0円」

経験豊富なベテラン調査員がしっかりと調査をする場合、適正な料金費用が必要です。

「格安」などをうたう業者には、当初は安く見積もっておいて、後から高額な料金を請求する業者もあるので注意しましょう。

探偵業法では、契約書で追加料金を含めての最大限かかる費用を記載するか、調査料金の計算方法を提示しておくことを定めています。

・探偵業法に則った契約書であること

調査会社は「契約前交付書面(重要事項説明書)」、「契約後交付書面(契約書)」を依頼者に交付する必要があります。

また同時に「誓約書(調査目的の確認書)」を依頼者から受け取らなければなりません。

こうしたプロセスをきちんと踏んでいるかも確認しましょう。

しっかりとした浮気調査には適正な費用がかかる

浮気調査の費用相場には幅があります。

それは「何人のスタッフが」「何日かけて」「何時間調査にあたったか」によって料金が異なるからです。

あらかじめ浮気に関する情報がわかっていて「パートナーは〇月×日、ここで浮気するはずです」と日時と場所がわかっていれば、調査に要する時間が短くて済むので費用が抑えられます。

反対に、浮気に関する情報が少なく「スタッフ〇人で、7日間張り込んで対象者が浮気をするか調査」といった場合には費用も高くなります。

料金体系には大きく3つのプランがあり「成功報酬型」「パック料金型」「時間制型」とあります。

調査目的や事前につかんでいる情報によって、どのプランが一番お得になるかが異なります。

パートナーの行動に悩んでいる、気にかかっているといったことがあれば、まずは専門家に相談しましょう。

あなたが一歩踏み出すことで、明るい未来が開けるはずです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら