探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

【浮気と不倫の違い】法律的にはどのように解釈するの?

【浮気と不倫の違い】法律的にはどのように解釈するの?


浮気と不倫は、単に言い方が違うだけで同じ意味だと思っていませんか?
しかし、浮気と不倫には大きな違いがあり、発覚した時の責任の重さというのも大きく変わってくるものなのです。
浮気と不倫の法律上の解釈や、離婚に至るケースについてチェックしてみましょう。

「浮気」と「不倫」の違い

浮気というのは読んで字の通り「浮ついた気持ち」のこと。
ただし、異性とメールや食事をしただけで浮気だと思う人もいれば、肉体関係を持ったとしていても本気でなければ問題ないと感じる人もいます。
浮気の線引きは人によって曖昧で、明確な線引きができないというのが現実です。

一方、不倫はというと、男女の関係が人の道に外れることを指します。
浮気と不倫の大きな違いは、配偶者の有無にあります。
つまり、一方あるいは両者ともに既婚者でありながら不貞行為をはたらいたという場合に、不倫という呼び方をするのです。
両者が結婚している不倫関係のことを俗に「ダブル不倫」と呼ぶことがあります。

「不貞行為」の定義

意外に思われるかもしれませんが、実は法律には浮気や不倫という言葉は存在していません。
離婚する時に法律上の争点になるのは、「不貞行為があったか否か」という点です。

結婚をした男女には「他の異性と性的交渉を持ってはならない」という決まりごとが発生します。
これを「貞操義務」と呼びます。
不貞行為というのは、配偶者ではない異性との性行為、またはその類似行為によって貞操義務を破ること。
他の異性とメールしたり食事したり、キスをしたりという程度では不倫には該当しません。
不貞行為というのは、あくまで性的交渉の有無が争点となるのです。

不倫で離婚に至るケースとは?

不倫の明確な定義というのは、結婚していながら配偶者以外の人と関係を持つこと。
ただし、結婚していない男女であっても、婚約中の浮気や内縁状態での浮気などで慰謝料請求に至るケースは少なくありません。

また、不貞行為がなければ慰謝料請求をすることはできないと思われがちですが、単なる浮気でも慰謝料請求に至る可能性は充分にあり得ます。
例えばデートにかまけて仕事や家事育児が疎かになった場合や生活費を入れなかった場合などには、裁判で慰謝料の支払いが認められるケースも多々あります。

浮気と不倫はしばしば似たようなものとして語られがちですが、双方には明確な違いがあります。
特に、不貞行為の決定的な証拠がある場合には離婚や慰謝料請求も認められやすくなるものです。
「パートナーの言動が怪しいな」と感じた場合には、早めに興信所に相談して適切な対策を取るのが良いでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら