iPhoneで浮気調査、iCloudなどのアプリ活用方法とは?詳しく解説します!

国内最大規模で通信・端末・決済などモバイル分野の調査を実施する、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)。
その調査結果によると、現在メインで利用しているスマートフォンについて聞いたところ(18歳~69歳の男女10,000人を対象)、「iPhone」が44.1%、「Android」が51.5%となり、「その他のスマートフォン」が4.4%となっています。
このiPhoneを使って、

  • 「浮気調査ができるのか?」
  • 「浮気調査に使えるアプリはあるのか?」
  • 「浮気調査をすることにリスクはないのか?」
  • 「相手に知られることなく浮気調査できるのか?」

そのような疑問を解決いたします。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国20都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

浮気調査に利用できるiPhone機能

iPhoneの機能と、浮気調査での利用法を見てみましょう。

浮気調査でのiPhone利用法

1.通話履歴・メールチェック

まずは、通話履歴やメッセージのやりとりを確認できます。
「LINE」や「SMS」や「キャリアメール」以外にも、メッセージのやりとりができるアプリは沢山あります。
あえてLINEなどは使わず、別のアプリを使ってやりとりしている可能性もあります。
このようなケースでは、知識がないと見逃してしまう可能性が高くなります。
気になるアプリを見かけたら、そのアプリを開いてみることも大切です。

2.「iPhoneを探す」

iPhoneには、紛失時に探し出す機能があります。
この機能を使ってパートナーがどこにいるかを、自分の携帯から確認することができます。
やり方は、自分の携帯で「iPhoneを探す」を開いて、パートナーのAppleIDを入力するだけです。
入力が済むと、画面に地図が現れ、パートナーの居場所がわかるようになります。
問題点としては、相手のAppleIDを聞き出す必要があることです。

3.「位置情報サービス」

iPhoneのiOSには、初期設定で過去約50日の期間に行った場所が記録されています。
そのため、『その場所に何回訪れたか』『その場所での滞在時間』などが一目瞭然です。
確認方法は、

  • 「設定」を開く
  • 「プライバシー」をタッチ
  • 「位置情報サービス」をタッチ
  • 「システムサービス」をタッチ
  • 「利用頻度の高い場所」をタッチ

市町村の部分をクリックすると、地図付きで表示されます。
そこから、さらにクリックすると滞在時間が確認できます。
この操作を行うには、相手のスマホを自由に操作できる環境と時間が必要です。

浮気調査でiPhoneアプリの利用法

iPhone本体の機能以外にも、Appストアからダウンロードできるアプリも浮気調査に利用できます。
『親が子どもを監視するアプリ』『友達同士で位置情報を確認するアプリ』などの利用方法です。

①mSpy

浮気調査をするには、究極のアプリです。

  • パートナーの通話履歴が確認できる
  • メッセージ・メール・LINEなどの通信履歴が確認できる
  • 写真や動画を確認できる
  • インターネットの使用履歴がわかる
  • カレンダーやアドレス帳にアクセスできる

このアプリは、元々、子どもや従業員の行動を確認するためのアプリです。
自分とパートナー両方のiPhoneに、mSpyをダウンロードして使用します。

②Prey Find my Phone Tracker GPS

これは、紛失時の発見や防犯を目的としたアプリです。
このアプリは、『浮気の防止』に役立つ機能が多くあります。

  • 遠隔でアラームを鳴らす
  • 任意のメッセージを遠隔で表示させる
  • 遠隔でスマホをロックできる

このアプリは、アイコンをホーム画面から隠すこともできます。

③iCloud

写真や動画を保存するために、iCloudを利用する人は多いです。
iCloudも、浮気調査に利用することができます。

  • パートナーのスマホに保存された画像や動画を確認できる
  • パートナーの現在地がわかる
  • パートナーの電話帳を確認できる
  • メールやSNSの内容を確認できる

iCloudを操作する上でも、パートナーのID、パスワードが必要になります。

④Pushbullet

このアプリの特徴は、iPhoneでログインすると、PCから操作できる点です。

  • iPhoneに届いた通知をPCで確認できる
  • iPhoneに届いたメッセージやLINEをPCから確認、返信ができる

このアプリをパートナーのiPhoneにpushbulletをインストールして、ログインします。
FacebookやGoogleアカウントからのログインも可能です。

⑤life360

このアプリは、家族の現在地を知ることや待ち合わせをスムーズに行うためのアプリです。

  • 相手の位置が地図でわかる
  • スマホの紛失時に位置を追いかけることができる
  • 相手が特定の場所に到着すると通知する

このアプリは若い世代の間では、友達同士で利用されています。
グループで利用するものなので、お互いにダウンロードする必要があります。
相手が納得したうえで、ダウンロードすれば問題ありません。

iCloudを浮気調査に使う方法

ここでは、iCloudを使って浮気調査を行う方法を深掘りします。

iCloudを使うには、Apple IDを使ってiCloudアカウントを作成し、iOSがインストールされたスマホやタブレット、パソコンからiCloudの設定をする必要があります。
これにより、写真、ビデオ、書類、音楽、Appなどの対象データが、iCloudサーバーにバックアップされるようになります。
同じApple IDを使って他のデバイスやコンピュータでiCloudにサインインすれば、以降は各デバイスで行った変更がその他のすべてのデバイスに同期されます。
「iCloud for Windows」をダウンロードすれば、Windowsのパソコンからの使用も可能です。

現在地がわかる

一つ目は、「iPhoneを探す」機能から浮気調査を行う方法です。
iPhoneに備わったGPS機能を使い、iPhoneの現在地を調べることができる機能です。この機能を使えば、パートナーの現在位置情報を取得することもできます。
この方法の場合、パートナーの「iPhoneを探す」機能が有効なことが条件です。「iPhoneを探す」を有効化した時、相手の端末にメールが送信されるので注意が必要です。
この方法を使えば、「パートナーがどこへ出かけたのか」「パートナーが何処にいるのか」をリサーチすることができます。

直近50日以内の行動把握

iPhoneには、直近50日分の行動が記録される機能があります。

  • 一定の場所に、何時間滞在していたか
  • その場所を何度訪れたか

などを知ることができます。

ファミリー共有で位置情報の確認

ファミリー共有設定は、パートナーのiPhoneの端末での設定が必要になります。
iCloudにログインせずに設定することができます。

  • まず、ご自身のiPhoneのファミリー共有設定を確認。
  • 設定のアプリを開く。
  • AppleID、iClod、iTunes StoreとAppStoreをタップ。
  • ファミリー共有をタップ。
  • ファミリー共有のリストが表示されます。

次に、

  • ファミリーメンバーを追加をタップ。
  • iMssageで登録を依頼を選択。
  • 宛先にパートナーの登録名を入力を送信。
  • ここからは、パートナーのiPhoneの設定になります。
  • パートナーのショートメールに招待状が届きます。
  • 登録案内から「ファミリーに登録する」をタップ。
  • ファミリー共有で「位置情報を共有」 を選択。

以上で設定は終わりです。
これで、パートナーの位置情報を常に確認することができます。

スマホデータの確認

これは、「ファイルの共有」から浮気調査を行う方法です。
ファイルの共有は、「メール」「SNS」「写真」「動画」「LINEのトーク履歴」などを見ることができます。
この方法では、IDとパスワードが必須になります。
iCloudで浮気調査をしたいとお考えの場合は、iCloudのIDとパスワードを事前に準備しましょう。

浮気調査でiCloudを使う注意点

パートナーのiPhone操作やiCloudでの浮気調査は、法律に抵触する可能性もあります。もちろん相手にバレたときに、違法性を主張されるリスクも十分にあるのです。

1.不正アクセス禁止法違反

第三条 何人も、不正アクセス行為をしてはならない。
第十一条 第三条の規定に違反した者は、三年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

不正アクセス禁止法違反とは、不正なアクセス行為や、不正なアクセス行為につながる識別符号の不正取得・保管行為、不正アクセス行為を助長する行為等を禁止する法律です。
この不正アクセス禁止法は、夫婦であっても適用されます。
不正アクセス禁止法の主な行為として、

  • 他人のLINEやツイッター、Facebook、SNS等に無断でログインする行為。
  • 他者のパスワードを正当な理由なく取得する行為。
  • 自分が他者のパスワードを第三者へ伝達する行為。
  • 他者のパスワードを不正に保管しておく行為。
  • 他者にパスワード等の入力を要求する行為。

2.不正指令電磁的記録共用違反

第百六十八条の二

正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

  • 一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
  • 二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録

不正指令電磁的記録共用違反とは、他者のスマホから勝手にアプリをインストールし、本人の意図しない操作をするような行為が該当します。
実際にあった事例として、2018年、交際中の女性のスマートフォンに、位置情報を共有できるアプリを無断でインストールし、ストーカー行為をはたらいたとして、都内在住の男性会社員が、「不正指令電磁的記録供用罪」と「ストーカー規制法違反」の疑いで逮捕された事件があります。

3.プライバー権の侵害

プライバー権とは、私生活をみだりに公開されないための権利です。
この権利は、全ての国民が持つ権利であり、夫婦間でもプライバシー権は有効です。
そのため、パートナーのスマホを勝手にみるなどの行為は、民法上の犯罪行為となります。
プライバシー権の侵害は、10万円~100万円の損害賠償請求の可能性があります。

浮気問題を抱える夫婦のための解決方法

カウンセリングの利用

浮気問題を抱える夫婦にとって、カウンセリングの活用は非常に効果的な解決策の一つと言えます。専門家であるカウンセラーの助言を得ることで、夫婦間の信頼関係の修復や、浮気の背景にある問題の根本的な解決につなげられます。

カウンセリングの意義は大きく分けて二つあります。一つは、夫婦双方の心理的な状態を適切に評価し、問題解決に向けたアプローチを提示することです。浮気問題は個人の価値観の違いや、コミュニケーションの不足など、複雑な要因が絡んでいることが多いため、カウンセラーの客観的な分析は非常に重要になります。

もう一つは、夫婦間の対話を促進し、お互いの理解を深めていくことです。浮気問題では、感情的な対立が起こることが多いですが、カウンセラーの調整の下で、冷静に話し合えます。お互いの立場や気持ちを共有し合うことで、問題の本質に迫れるのです。

カウンセリングの具体的な進め方としては、まず夫婦それぞれの面接から始まります。カウンセラーは、浮気に至った経緯や、それぞれの考えや感情を丁寧に聞き取ります。その上で、夫婦で面接する機会を設け、お互いの気持ちを共有し合ってもらいます。カウンセラーはそこに寄り添いながら、お互いの立場を理解し合えるよう促していきます。

時間をかけてこのプロセスを進めていくことで、夫婦は自分たちの問題について新しい視点を獲得し、解決への道筋を見出せます。単に浮気の事実に固執するのではなく、背景にある要因に着目し、建設的な対話を行うことが重要です。カウンセリングはまさにそのための有効なツールなのです。

リラックスしたコミュニケーション

浮気問題を抱える夫婦にとって、浮気発覚後のコミュニケーションの不足や、お互いの感情の吐露ができていないことが大きな要因となっていることが少なくありません。これらのストレスが24時間つづき、さらにコミュニケーションが減るという悪循環になっているのです。そのため、リラックスした状態でコミュニケーションを取ることが解決への近道となります。

コミュニケーションの重要性については、あらためて説明するまでもありません。夫婦が互いの思いを共有し、理解し合うことは、信頼関係の醸成につながり、ひいては浮気問題の解決にもつながるのです。

ただし、浮気問題を抱える夫婦の場合、感情的な対立が先行しがちであり、建設的な対話が難しい状況にあることも多いでしょう。そのため、リラックスした状態で対話を行うことが重要になります。

リラックスした状態とは、具体的には以下のような状況を指します。

  • ストレスを感じさせない落ち着いた環境で話し合う
  • お互いの気持ちを責めたり非難したりせずに聞き合う
  • 楽しい会話を挟むなど、柔らかな雰囲気を作る
  • 急いで解決策を出そうとせず、ゆっくりと話し合う

このように、安心して自分の気持ちを表現できる空間と時間を確保することが肝心です。焦らずに、お互いの立場に立って共感的に聞き合うことで、建設的な対話になり、認め合うことにつながるのです。

リラックスした状態でのコミュニケーションを促す具体的な方法としては、デートのような形で外出したり、ゆっくりと料理を作って食事をしたりするなど、日頃の生活に変化を加えることが効果的です。お互いに楽しく過ごせる時間を設けることで、安心して話し合えるようになるのです。また、自宅であればアロマを焚いたり間接照明を使用したりするなど、普段とは異なる環境を演出するのもよいでしょう。

探偵への依頼

浮気問題を抱える夫婦の中には、自力では真相の究明が難しいと感じている場合も少なくありません。そのような場合、探偵に依頼することで、浮気の事実関係を明らかにし、問題解決の糸口を見出せます。

探偵に依頼する意義は大きく二つあります。一つは、客観的な事実関係を把握できることです。自力では限界があり、証拠を掴むのが難しい場合、探偵の調査力を活用することで、浮気の事実を正確に把握できるのです。もし裁判を考えているなら、裁判で使えるほど証拠能力のある情報も掴んでくれます。

もう一つは、さらなる深刻化を防げます。浮気が疑われる中で、夫婦間の対立が先鋭化したり、過激な行動に出たりするリスクがあります。探偵に依頼することで、浮気の実態を冷静に把握し、さらなる問題の発生を抑えられるのです。

探偵を選ぶ際のポイントは、まず信頼できる探偵事務所であるかどうかを確認することです。探偵業界には法の抜け穴を突くような、不適切な調査手法を採用するおそれのある業者も存在します。そのため、十分な調査力と倫理観を持つ探偵を選ぶ必要があります。

また、事前に調査範囲や費用など、具体的な依頼内容を確認しておくことも重要です。浮気の疑惑に関する情報を的確に探偵に伝え、依頼内容に応じた適切な調査を行ってもらうことが肝心です。

探偵に期待できる支援としては、まず浮気の事実関係の解明があげられます。対象者の行動を監視し、浮気の証拠を掴むことで、夫婦間の認識の齟齬を解消できます。これには二つの意味があり、実際に浮気をしている場合には、浮気をしている側の言い逃れを避けられます。反対に浮気が誤解である場合には、疑っている側の心配を解消できます。

さらに、浮気の背景にある要因を探れます。探偵は対象者の生活パターンや交友関係など、多角的な情報を収集することができるため、浮気の要因を探る手がかりを提供してくれるのです。

このように、探偵への依頼は浮気問題の解決に向けて、非常に有効な手段と言えるでしょう。ただし、プライバシーの侵害や違法行為には十分留意する必要があります。

空間・時間を共有する

浮気問題を抱える夫婦にとって、お互いの時間と空間を共有することは、信頼関係の再構築につながる重要な取り組みです。日頃の生活の中で、意識的に時間と空間を共有することで、お互いの立場や気持ちを理解し合えるのです。

夫婦で過ごす時間の重要性については、改めて説明するまでもありません。日頃から密接な関係を築き、お互いの生活リズムや価値観を共有することで、深い絆を育めます。

特に浮気問題を抱える夫婦の場合、お互いの存在が疎遠になりがちです。しかし、そうした状況を改善するためには、積極的に時間を共有し、お互いの生活に寄り添うことが不可欠なのです。

空間を共有することの意味も大きいでしょう。単に時間を共有するだけではなく、同じ空間で過ごすことで、お互いの気持ちや行動をより良く理解できるようになります。例えば、夫婦で料理を作ったり、部屋の模様替えをしたりするなど、共同作業を行うのも効果的です。

具体的な過ごし方としては、デートのような外出はもちろん、家事や育児、趣味活動など、日常生活の中で時間と空間を共有することが重要です。お互いの関心事や行動パターンを共有していくことで、浮気への不安感も和らいでいくはずです。

ただし、無理に時間を作り出そうとするのではなく、自然な形で共有できる機会を大切にすることが肝心です。強制的に時間を作ろうとすれば、かえって夫婦の関係がさらに悪化する恐れもあるため、柔軟な対応が求められます。

あえて一人の時間を作る

浮気問題を抱える夫婦にとって、お互いの時間と空間を共有することは重要ですが、同時に一人の時間を作ることも必要不可欠です。個人の時間を大切にすることで、お互いの関係性を見直し、浮気問題の解決につなげていけるのです。

個人の時間の必要性については、誰もが理解しているところでしょう。ストレスからの解放や、自己肯定感の回復など、一人の時間を作ることで得られるメリットは大きいのです。

特に浮気問題を抱える夫婦の場合、お互いの存在や関係性に強い意識が向けられがちです。そのため、一人の時間を作ることで、自分自身の欲求や感情に向き合えるのです。

一人の時間を過ごす具体的な方法としては、趣味の時間を設けたり、ひとりでお出かけしたりするなど、様々な選択肢があります。大切なのは、自分の喜びや癒しを見出せる活動に時間を使うことです。子どもがいる夫婦の場合は、交代で子どもの面倒を見るか、祖父母やベビーシッターに子どものお世話を依頼してもよいでしょう。

そうした一人の時間を作ることで、ストレスから解放され、自分自身を見つめ直す機会を得られます。その上で、夫婦の関係性を冷静に考え直し、問題の解決に向けた行動を起せるのです。

一人の時間を確保する際の留意点としては、相手に対して閉鎖的にならないことが重要です。一人の時間を確保しつつ、お互いに理解し合える関係性を維持することが肝心です。

夫婦関係を修復した事例

ある夫婦の場合、夫の浮気が発覚し、夫婦関係は大きな危機に瀕していました。妻は裏切られた怒りと悲しみでいっぱいになり、夫婦の対立がエスカレートしていきました。

そこで、二人でカウンセラーに相談することにしました。初めは互いの主張を譲らず、感情的な攻防が続きましたが、カウンセラーの適切な介入によって、徐々に冷静な対話へと移行していきました。

カウンセラーは、まず夫婦それぞれの心情を丁寧に聞き取りました。妻の深い傷つきと、夫の浮気に至った背景にある要因を理解することから始めたのです。その上で、お互いの気持ちを共有し、理解を深めていくよう促しました。

時間をかけて話し合いを重ねる中で、夫婦はお互いの立場に立って共感できるようになっていきました。妻は、夫の浮気の背景にある夫婦関係の課題に目を向けるようになり、一方で夫も自身の行動を振り返り、妻への思いやりの大切さを再認識したのです。

カウンセラーの適切なアドバイスに導かれながら、夫婦は徐々に信頼関係の修復に取り組んでいきました。毎回のカウンセリングで、お互いの気持ちを共有し、建設的な解決策を見出していったのです。

そうした丁寧な取り組みの末、この夫婦は再び強い絆を取り戻せたのです。カウンセリングを通じて、浮気の事実を冷静に受け止め、根本的な課題に取り組めたからこそ、関係修復に至ったといえるでしょう。

まとめ【iCloudなどでの浮気調査は、無断ではできません。】

iPhoneやiCloudを使った浮気調査は、基本的には本人の同意が必要です。
本人の断りなく行うことは、本人のプライバシーを侵害する行為です。
そのため、パートナーの浮気防止や予防策としての利用をおすすめします。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 浮気・素行相談員 S.Y

浮気・素行・離婚関連の相談員プロフェッショナル。相談員歴8年。
年間400人以上もの相談を受けている。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page