探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

都道府県で浮気率が違う? アンケートで分かる浮気をする県・しない県

都道府県で浮気率が違う? アンケートで分かる浮気をする県・しない県

浮気をする人の特徴や浮気中に見られるサインなどはたびたび話題になりますが、住んでいる場所や暮らしぶりに特徴はあるのでしょうか。
大手避妊具メーカー「相模ゴム工業」が14100人の男女に行ったアンケートによると、浮気をしている割合は都道府県によって異なるということが分かりました。

浮気をする県・しない県を比べてみると、地域によってさまざまな浮気の理由が考えられます。
今回は「浮気率の高い都道府県」ランキングをチェックしながら、その理由となる要素について検証してみましょう。

都会だけじゃない! 浮気率の高い都道府県


2013年に相模ゴム工業株式会社が行ったアンケートに「浮気をした経験があるか」という項目が設けられています。
その結果を元に作成された「浮気率が高い都道府県ランキング」は以下の通り。

1位:島根県 26.5%
2位:富山県 26.2%
3位:三重県 25.6%
4位:兵庫県 25.4%
5位:東京都 25.0%

ランキング上位の都道府県は、単純計算で4人に1人が浮気をしたことがあるということがわかりました。
これらの都道府県の共通点として、「出会い系・マッチングアプリの利用率」も高いということが挙げられます。
一方でアンケートの結果を一見すると「セックスレス」や「性生活の満足度」などのデータとも関係がありそうですが、上記の都道府県の順位はバラバラ。

1位の島根県は人口の少ない山陰地方ですが、「島根県女性は感受性が高くエモーショナルな県民性なので浮気に発展しやすい」との見解もあるようです。
県内に遊ぶ場所が少なく、広島などの大都市に遊びに行く方も多いため、浮気に至ってしまうケースが考えられます。

興味深いことに、2位の富山県は「人口当たりの離婚率の低さ」で1位を獲得しています。
興信所の調査によって浮気が発覚するものの、そこから関係を再構築する夫婦が多いのです。

離婚をしない田舎はどうか? 浮気率の低い都道府県

「浮気率が高い都道府県ランキング」から逆算した“浮気をしない都道府県”が以下の通りです。

1位:秋田県 15.4%
2位:静岡県 17.1%
同率3位:広島県 17.6%
同率3位:千葉県 17.6%
5位:埼玉県 18.0%

東北・中部・北陸地方では、地縁や家同士の付き合いから結婚に至るケースが強く、離婚率が低いという調査があります。
そのため最初から浮気をしようと考える方が少ない傾向が見られるようです。

ただ、富山県も中部地方に属しているものの、「浮気率の高さランキング」では2位を占めています。
離婚率の低さでは共通していますが、浮気をする・しないという価値観については、一概に地域の慣習と結びつけることはできないのでしょう。

浮気調査には全国地域に詳しい興信所


ここまで見てきたように、浮気の原因を県民性などで片づけることはできません。
それぞれの都道府県を見てわかる通り、都会の発展度や結婚の風習などさまざまな要素が関係しています。
このアンケート結果でさえ、ある意味で氷山の一角と言えるのではないでしょうか。

もしパートナーの浮気を疑っている方は、日本各地で調査実績をあげている興信所を利用することをお勧めします。
興信所の専門的な調査を行えば、もしもの時、確実に浮気の有無を調べることができるでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら