あなたは大丈夫? DVやモラハラを受けやすい女性の特徴


外ではおしどり夫婦と見えていても、家庭内ではモラハラやDVの被害を受けている方も少なからずいらっしゃいます。実はDVやモラハラを受けやすい女性には特徴があることはご存知でしたか?

今回はモラハラやDVを受けやすい女性の特徴について紹介し、DVやモラハラを改善するにはどうすればいいのか、解決策を紹介していきます。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

DVやモラハラを受けやすい女性の特徴

小さな頃にDVを経験している・見ている

もしあなたが育った家庭で、両親のどちらかがDVを受けていた場合、家庭内で暴力があることに無意識に慣れてしまっている可能性があります。本来家庭内で肉体的な暴力や、精神的に追い詰めるモラハラが発生していることそのものが「異常」です。

しかし幼少期からそういった異常な状況に慣れてしまっていると、大人になった時にDVやモラハラがあったとしても違和感を覚えないまま生活を送ってしまう可能性があります。

男性に尽くそうとする女性

女性の中にはパートナーに認められるために「尽くそうとする」タイプの方がいらっしゃいます。こういった献身的な姿勢に対し、男性側が「そうして当然」「もっと言うことを聞きなさい」とエスカレートしてしまった時、DVやモラハラが始まることがあります。

不倫経験がある女性

DVやモラハラと「不倫」は直接的には関わりはありませんが、不倫経験とDVには実は関係があることはご存知ですか? 実は夫からDVを受けている女性が「結婚をする前に既婚者と付き合っていた経験がある」というデータがあります。

もちろんこれはあくまで「データ」なので、必ずしも全てがそうとは言えませんが、不倫経験をお持ちの女性はDVやモラハラ被害に遭う傾向にあるので、ある程度注意しておきましょう。

DVやモラハラから身を守るためには?

もしあなたが現時点でDVやモラハラに悩まされているのなら、以下の方法を行っていきましょう!

DVやモラハラの証拠を収集していく

肉体的に傷をつけるDVでは怪我をした患部や、病院で治療した場合はその診断書が証拠になり得ます。
もし病院に行くようなら、原因がDVだということを説明し、カルテに記入してもらえるようにしましょう。またモラハラのような精神的な部分が原因だったとしても、映像や録音が証拠になる可能性も高いため、可能であれば音声や動画などで証拠となる情報を集めていくことも大切です。

信所に相談する

前述した情報収集と一緒に興信所に相談することも大切です。早め早めに興信所に相談することにより、DVの証拠を集めるために必要な方法などを教えてもらえることもあるため、なるべく早めに動けるようにしましょう。

離婚につなげるまでの方法を案内してくれる興信所もあるため、DVやモラハラに悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

モラハラを受けやすい女性にはある程度共通点となる部分がありますが、なかなか個人の性格を変えることは難しいため、DVやモラハラに長期的に悩まされている方もいらっしゃることでしょう。

もしどうしても解決策が見出せない場合は警察に相談するなどのアクションを起こしてください。また、動き出したくても証拠を集めきれないという場合は興信所を利用するのも良いでしょう。

離婚調停時の武器になりますし、警察を介入させるきっかけづくりにもつながります。DVやモラハラは当たり前ではありません。その状態に慣れてしまう前に、素早く対策を講じてください。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page