探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

その差はどこに? 「秘密録音」と「盗聴」の違い

サムネイル

その差はどこに? 「秘密録音」と「盗聴」の違い

ICレコーダーなどが普及する現代、気軽に録音することができるようになりました。
ただ、気をつけて使用しないとトラブルに発展する恐れが出てきます。

特に「秘密録音」と「盗聴」のこの2つは、無断で会話を録音するという点で両者とも似ていますが、いくつか違いがあります。
その違いや、注意点について知っておきましょう。

秘密録音も盗聴も、相手に無断で聴く行為


「秘密録音」も「盗聴」も、相手の会話・発言・音声などを、“無断”で聴く/録音する行為です。
相手の許可なく無断で音声を聴く/録音した場合は、秘密録音もしくは盗聴どちらかの行為に該当してきます。

秘密録音と盗聴の違いはどこに


秘密録音も盗聴も、会話や音声を相手に無断で聴く/録音する行為です。
しかし細かくは次のような違いがあります。



・秘密録音とは

相手の会話を、無断で聴く/録音する行為です。 例:会議での会話を、出席者として無断でICレコーダーに録音する など

・盗聴とは

第三者間の会話を、無断で聴く/録音する行為です。
例:会議での会話を、無線や盗聴器で拾い、外部の人間が録音する など

当事者としての録音なのか、第三者からの録音なのかが決定的な違いとなります。

無断でなければ問題はない

秘密録音も盗聴も、“無断”でおこなうという点が問題視される部分となります。
逆にいえば、相手に許可を得ていれば、当事者としての会話であっても、第三者間の会話であっても、聴く/録音するという行為をおこなって、何の問題もありません。

また、会話を単に肉声を耳で聴いているだけであれば、もちろん何の問題もありません。
ICレコーダー・盗聴器・無線機などを使い、無断で聴く/録音した場合は、秘密録音もしくは盗聴どちらかに該当してきます。

秘密録音や盗聴をしたい場合は「興信所」を

秘密録音や盗聴は、明確な罪にはならないものの「プライバシーの侵害」等でトラブルに発展する恐れがあります。
ICレコーダーや盗聴器が手軽に手に入りやすくはなっていますが、素人が下手におこなうと厄介な問題を起こすことがあります。

もしも秘密録音や盗聴が必要な場合は、その道のプロである「興信所」に相談することが確実です。興信所であれば、リスクを減らしながら確実な対応が期待できます。

秘密録音も盗聴も、どちらも無断でおこなってしまうことが問題点であり、トラブルの原因となりやすい部分です。
自力で問題を解決しようとせず、プロを頼ってみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら