探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

離婚を前提に別居する時に注意しておきたいポイントとは

離婚を前提に別居する時に注意しておきたいポイントとは

離婚前に別居を検討する夫婦も多くいらっしゃいます。
しかしただ何も考えずに「一緒にいたくないから」という理由だけで別居生活をスタートしてしまうと思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。
実は安易に別居生活を始めてしまうと、正式に離婚を決めた際に不利になってしまうケースがいくつか存在しているのです。

今回は別居生活を始めることで何故そういった事態が起こりうるのかを説明していきながら、別居を始める際に覚えておきたい注意点について紹介します。

何故いきなり別居生活を始めると離婚時に不利になるのか

「別居を切り出した側が離婚する原因を作った」ことになる可能性があるから

相手のことが嫌いになってすぐに家を飛び出してしまうと「悪意の遺棄」であったり「同居義務違反」に該当してしまう危険性があり「あなたが離婚の原因を作った」という事実が出来てしまいます。
こうなることで今後慰謝料や婚姻費用を請求される可能性が浮上してしまうため、安易に別居に走ってしまうことは後々自分の首を絞めてしまう行動になりかねません。

証拠の収集が難しくなるから

例えば浮気が原因で離婚を検討している場合は相手に慰謝料を請求するためにもある程度証拠となるものを取得しておかなければなりません。
そういった時に別居生活を自分から行ってしまうと見つけられる証拠も見つけられなくなるため、情報収集のためにも同居をしておいたほうがいいという考え方もあるのです。

別居生活をスタートさせる際の注意点

「別居」を理由に離婚が成立するには時間がかかる

もちろん他にも理由があれば事情は変わってきますが、単に「一緒にいたくないから」という理由で離婚を検討し別居を考えている場合は、成立させるのにかなりの時間がかかることを覚えておきましょう。
「別居」だけが理由の場合は大体5年ほどはかかるとされているため、もし本格的に離婚を考えているなら他の理由から検討しておくべきでしょう。

自分が不利になるような行動は厳禁

別居中とはいえ婚姻関係が継続している時に自分自身が不倫をしてしまうと、今後大幅に不利になる可能性があります。
これは1つの例にすぎませんが仮にパートナーへの愛情がなくなっていたとしても自分自身が不利になるような行動が相手に伝わり、その明確な証拠が押さえられてしまうと今後の活動に支障をきたしてしまいます。
別居することで羽を伸ばしてしまう方もいらっしゃいますが、これだけはしっかりと意識し離婚の計画を進めていきましょう。

いきなり別居生活を始めようとすると、注意すべき箇所をついつい見落としてしまいがちですが、今回紹介した注意事項を踏まえた上で別居するかどうかを検討してみることがお勧めです。
あくまで「自分にとって有利な離婚」を進められるように日々の行動を見直していきましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら