探偵の浮気調査の流れや方法とは?ポイントをわかりやすく解説

探偵の調査の中で多いのが、浮気調査です。探偵に頼めば、自分で調べるには限界のある情報や証拠を集められるのが理由です。いったいどのようにして証拠を掴むのか、疑問に思う人や気になる人もいるではないでしょうか。依頼する側も、ある程度の知識があるといいでしょう。ここでは、探偵の浮気調査の流れや方法についてのポイントをわかりやすく解説します。ぜひ依頼するときの参考にしてみてください。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国20都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

探偵が浮気調査で行う業務とは?

探偵の調査方法は「探偵業法」に基づいて決められています。探偵が浮気調査の中でできる業務は、聞き込み・尾行・張り込みです。たったこれだけの方法で大丈夫だろうかと思われますが、探偵はこの三つの方法から、言い逃れのできない証拠をつかんで、浮気相手の特定までも行います。この三つの方法について考えてみましょう。

聞き込み

聞き込みには、本人に直接聞き込みをする方法や関係者に聞き込みをする方法、電話で聞き込みを行う方法があります。聞き込みは、事前調査や浮気相手に関する情報を集める際に行うことが多いようです。費用を削減でき、時間の短縮になる電話での聞き込みが多く使われる方法となります。聞き込みには、相手から信用を得るために、声のトーンや、身なり、立ち振る舞いが重要です。聞き込みの成功は、経験値がものをいいます。

尾行

尾行とは、刑事ドラマなどで見るようなイメージ通り、調査の基本として探偵が尾行を行います。後をつけていくわけですが、相手にわかるのではないかと心配にもなるでしょう。しかし、わからないないような尾行のテクニックを持っているのが探偵です。ターゲットとの絶妙な距離感と判断力が問われ、機転を効かせなければなりません。徒歩だけでなく、自転車やバイク、車を使って尾行を行う場合もあります。ターゲットが移動する方法やその時の状況によって、臨機応変に対応し、浮気発覚まで調査をします。

張り込み

探偵が行う張り込みは、ターゲットが行動するまでは、その場から動くことができません。方法として、車両張り込みと立ち張り込みに分かれます。車で張り込むときには、人が乗っていると思われないようにエンジンを切る場合があります。たいていは後部座席に乗っているようです。立って張り込むときには、絶対にバレないようにその場に溶け込み、不審者とならないように気をつけなければなりません。炎天下・雨・トイレなども我慢し、立ったままということも少なくありません。ポイントは、忍耐力と長時間に耐えることができるかということです。

探偵の調査方法とはどのようなものか

探偵が浮気調査を成功させるためには、聞き込み・尾行・張り込みの技術レベルがバランスよく取れることが必要です。主な調査以外でも、探偵が行う調査方法があるので、その調査とポイントや特徴を紹介します。

調査対象者が浮気しそうな日に調査を行う

依頼人から事前にターゲットの生活パターンを聞き、浮気しそうな日を絞って調査をします。「ターゲットとの帰りが遅い日」や「外泊する予定の日」などを、事前に詳しく探偵に伝えておけば、証拠がつかめる日を提示してくれます。あるいは「自宅で浮気していそう」という場合には、自宅での調査もしてくれます。確実に証拠をつかんで来るでしょう。依頼者にとって、スムーズに調査が行われるのはとてもありがたいことです。

小型カメラを取り付ける

自転車に乗りながら調査するのは、なかなか難しいと思うでしょう。自転車の場合は、小型カメラを自転車に装着すれば、しっかりと撮影できます。証拠を逃すことはありません。また、かばんに装着することで、まわりに気づかれずに操作を行うことができます。

ビデオカメラを回す

カメラで撮影をする場合、決定的なチャンスを取り逃がすことはないのだろかと思う方もいるでしょう。ビデオを回しっぱなしで調査を行えば、チャンスや、ターゲットが浮気相手と接触した瞬間を逃すことなく確実に証拠をつかむことができます。

浮気相手との会話を聞く

ターゲットが、浮気相手と共に飲食店に入った時には、会話を聞くなどして二人の関係性を把握します。些細な会話から親密度が感じ取れるでしょう。

探偵が行う浮気調査の気になる費用について

探偵が行う浮気調査の費用は、料金システム・調査方法・依頼内容によって大きく変わります。浮気調査の依頼をするときには、調査の詳細についてしっかりと把握しておきましょう。「こんなはずではなかった」とならないようにしてください。探偵費用は、依頼を行う際に気になる部分であるため、詳しく見ていきましょう。探偵費用については大きく分けると以下のとおりです。

  • 時間制
  • 成功報酬制
  • パック料金制

どの料金システムを選んでいるのかによって費用が変わります。例えば、調査が長引いて長期戦となった場合は「時間制」の探偵に頼んでいると、費用が高くなる可能性があります。「成功報酬制」で注意するところは、成功したという意味の受け取り方です。双方の受け取り方の違いによるトラブルがよく見られます。「パック料金制」は、どこまでが含まれるのか不明確な部分が多く、最終的に予定よりもかなり多くの料金を取られてしまうトラブルがあります。

また、依頼内容によって浮気調査の費用が左右されます。主な調査内容は以下のとおりです。契約する際には、よく確認しておく必要があります。

  • 不倫している証拠を1回でも入手すれば終了なのか
  • 複数回の証拠まで必要か
  • 不倫相手について素性まで調査するのか

その他に、探偵のスキルに関連する調査内容によっても料金が左右されます。探偵のスキルで費用に大きく差が出るという内容は以下のとおりです。

  • 浮気現場まで発見できたのに、証拠の写真が撮れなかった
  • 浮気相手と接触したのに見失ってしまった

探偵が調査で失敗し、何度も浮気調査のやり直しを提案されたという場合には、費用が新たに発生し、加算される可能性があります。そのような失敗を防ごうと事前調査で成功率を上げる方法を取り入れるというケースも、費用を変動させる原因となるでしょう。また、料金体系や調査のレベル感によってどれだけ詳細に調査報告書を書いてくれるか決まってきます。必要以上に詳細な調査報告書は要りませんが、どの程度のものなのか、あるいは調査報告書作成に追加料金は必要ないのか確認しておきましょう。いずれにしても事前に全容を把握しておくことをおすすめします。

浮気の調査結果の活用方法

カウンセリングの利用

浮気調査の結果を活用したカウンセリングは、傷つきながらも関係修復を目指す夫婦にとって非常に有効な手段となります。調査結果を共有し、お互いの気持ちを確認し合うことで、なぜ浮気が起きてしまったのか、どのように関係を改善していくべきかを具体的に話し合えます。

まず、カウンセリングの目的は、浮気の真相を明らかにし、その経緯を共有して互いの気持ちを確認することにあります。浮気の背景にある要因を分析し、今後の関係修復に向けた道筋を明確にすることが重要です。カウンセリングを通じて、浮気をした当事者の心情や、それを知った相手の心情などを共有し合うことで、相互理解が深まります。

カウンセリングの進め方としては、まずは調査結果の報告から始めます。調査で明らかになった事実関係を共有し、双方の反応を確認します。その上で、なぜ浮気が起きてしまったのか、どのような経緯だったのかについて、じっくりと話し合う必要があります。相手の立場に立って考え、相手の気持ちを受け止めることが不可欠です。

そして最後に、今後の関係修復に向けた具体的な行動計画を立てます。どのように信頼関係を取り戻し、お互いの絆を深めていくのか、具体的な行動目標を立てて、実践に移していくのです。カウンセリングを通じて、お互いの気持ちを共有し、建設的な解決策を見出せるのです。

法的手続きでの活用

浮気の調査結果は、離婚や慰謝料請求など、法的手続きにおいて重要な証拠となります。調査で得られた証拠を適切に活用することで、自身の主張を有利に展開できるのです。

離婚の場合、浮気の事実を立証することで、財産分与や養育費の算定にも有利に働きます。相手の浮気が立証されれば、より多くの財産を得られる可能性が高くなるのです。また、浮気相手に慰謝料請求もできます。

調査結果を法的手続きで活用する際のポイントは、まず調査で得られた証拠の取り扱い方です。写真、動画、音源などの証拠は、適切な方法で収集・保管されている必要があります。それらの証拠が違法に取得されたものではないことを証明できるよう、慎重に対応する必要があります。この点は、探偵に調査を依頼している場合は基本的に心配いりません。

また、調査結果を法定で効果的に主張するためには、調査の経緯や証拠の信頼性を丁寧に説明する必要があります。調査過程で生じた疑問点に対しても、十分な説明ができるよう準備しておくことが重要です。

このように、浮気の調査結果は離婚や慰謝料請求など、法的な立場を有利に展開するための重要な武器となるのです。

パートナーとの関係修復

浮気の調査結果を活用して、パートナーとの関係修復を目指すことも可能です。調査結果を共有し、お互いの気持ちを確認し合うことで、信頼関係の回復に向けた道筋を見出せます。

まず重要なのは、お互いの気持ちを丁寧に聞き取り、共感的に受け止めることです。浮気をした当事者は、なぜ浮気をしてしまったのか、その背景にある要因を説明する必要があります。一方で、浮気を知った相手の気持ちも最大限に尊重しなければなりません。傷つきながらも、関係修復への意欲を持ち続けることが何より大切です。

次に、お互いが納得できる解決策を見出すことが重要です。たとえば、相手の要求に応じて謝罪の行動を取ったり、二度と浮気をしないことを約束するなど、具体的な行動計画を立てていきます。双方が歩み寄り、思いやりをもつことで、信頼関係の再構築につながるのです。

このように、浮気の調査結果を活用しながら、パートナーとの対話を重ね、お互いの気持ちを共有し合うことが、関係修復への近道となります。時間はかかるかもしれませんが、粘り強く取り組むことで、より強い絆を取り戻せるのです。

浮気調査の終了時期の判断

浮気の調査を進めていく上で、いつ調査を終了するかを適切に判断することも重要です。調査を早期に終了すれば、時間とコストの節約につながりますが、一方で証拠が不足している可能性もあります。一方で、調査を長期化すれば、コストがかさむ一方で、パートナーとの関係にも悪影響を及ぼしかねません。

調査の終了時期を判断する上で、まず重要なのは、十分な証拠が収集できたかどうかを確認することです。浮気の事実を立証するのに必要な証拠が揃っているかを慎重に検討し、必要に応じて調査を追加する必要があります。

また、調査の継続が必要かどうかも判断する必要があります。たとえば、相手の浮気が一時的なものか、長期にわたるものかによって、調査の必要性は変わってきます。長期化した浮気の場合は、より徹底した調査が求められますが、一時的なものであれば、早期の終了も検討できるでしょう。

さらに、調査結果の活用方法も見据えて、調査期間を設定する必要があります。たとえば、法的な手続きを検討しているのであれば、より強固な証拠が必要となりますし、パートナーとの関係修復を目指しているのであれば、早期の終了も検討できるかもしれません。

このように、浮気調査の終了時期を適切に判断することは、コストや時間の節約、パートナーとの関係性の維持にも大きな影響を及ぼすのです。

活用方法の事例

ここでは、浮気の調査結果を実際にどのように活用した事例をいくつか紹介します。

不倫関係の解明と終結に活用した事例

ある女性は、夫が職場の同僚と不倫をしていることを疑っていました。専門の調査会社に依頼して調査を行った結果、夫が不倫相手と同じ場所にいるところを複数回撮影することに成功しました。この証拠を基に、夫婦で話し合いを重ね、最終的に離婚に至りました。

夫婦関係の修復に活用した事例

ある夫婦は浮気の疑惑から、夫婦関係が大きく崩れていました。しかし、調査の結果、夫の浮気は短期間のものであり、ストレスからの一時的なものだったことが明らかになりました。この事実をお互い理解し、カウンセリングを受けることで夫婦は信頼関係を取り戻せました。

慰謝料請求の立証に活用した事例

ある女性は、夫の浮気が発覚したことで離婚を決意しました。調査会社に依頼して浮気の証拠を集めた結果、夫の長期にわたる悪質な浮気が明らかになりました。この証拠を基に、相当額の慰謝料を請求でき、離婚後の生活の安定につながりました。

子どもの引き渡しに関する裁判で活用した事例

ある女性は、離婚後に元夫が子供を勝手に連れ去ったため、訴訟を起こしました。調査の結果、元夫が子供を連れ出す様子が確認できたため、その証拠を裁判で提出し、子供の引き渡しに成功しました。

養育費の算定に活用した事例

ある男性は、離婚後に前妻の新たな収入源が発覚したため、養育費の減額を訴えました。調査の結果、前妻が隠し通帳を持っていることが判明し、その情報を裁判で活用することで、より公平な養育費の算定につなげられました。

配偶者の行動パターンを把握した事例

ある女性は、夫の浮気が疑われたため、調査を依頼しました。その結果、夫の行動パターンが明らかになり、今後の対応を検討できました。たとえば、夫の勤務時間外の動きを把握することで、浮気の可能性を常に意識し、適切な対応を取れるようになったのです。

配偶者の浮気相手の特定に活用した事例

ある女性は、夫の浮気が疑われたため、調査を依頼しました。その結果、夫が職場の同僚と不倫関係にあることが判明しました。この情報を基に、同僚に直接接触し、関係を清算できました。

浮気調査の費用をどのように工面するか

浮気調査費用の工面方法

浮気調査を依頼する際の大きな課題の一つが、調査費用の工面です。一般的に浮気調査の費用は数十万円から百万円近くにもなる高額なものです。このような高額な費用をどのように捻出すればよいのでしょうか。

まず考えられるのが、自己資金からの支出です。預金や貯金の取り崩しなどで対応するのが一般的です。ただし、浮気調査は突発的に必要になることも多く、事前の準備ができていない場合もあります。その際は、緊急の出費として対応せざるを得ないでしょう。

次に、親族や友人からの借入も検討できます。浮気問題は非常にデリケートな問題ですが、信頼できる親族や友人に相談し、協力を求めることも有効な策です。ただし、返済計画を立てておく必要がありますし、関係性が悪化するリスクにも留意が必要です。

クレジットカードの利用も一つの方法です。一度に支払える限度額内で費用を捻出できるでしょう。ただし、利息の発生に注意が必要で、できるだけ早期の返済を心がける必要があります。

また、各種ローンの活用も検討できます。たとえば、サラリーマン金融やキャッシングなど、ローン商品を活用して資金を確保する方法です。ただし、ローンの返済計画も立てておく必要があり、無理のない範囲で活用することが重要です。

費用削減に向けたポイント

浮気調査の費用を抑えるためのポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

まず、必要最小限の調査範囲を設定することが重要です。目的に応じて、最小限の調査内容で十分な証拠を収集できれば、費用を抑えられます。

次に、事前に調査会社の見積もりを徹底的に比較することも大切です。調査内容や期間、会社の規模などによって、費用水準はかなり異なります。複数の会社の見積もりを入手し、最適な選択をすることが重要です。

また、調査期間の最適化にも注意を払う必要があります。長期化すれば費用がかかりますが、短期過ぎると十分な証拠が集まらない可能性もあります。状況に応じて、適切な調査期間を見極める必要があります。

さらに、交渉力を高めることで、調査会社との料金交渉も可能です。複数の会社を比較検討し、自分に有利な条件を引き出すことが重要です。

費用の事後的な回収

浮気調査の費用については、事後的な回収も検討できる場合があります。

たとえば、離婚時の財産分与の際に、調査費用を相手方に負担させられます。浮気の証拠を示すことで、財産分与で有利な立場に立てる可能性があります。

また、慰謝料請求の際にも、調査費用の一部を含めて請求できます。浮気の立証に役立った調査費用は、慰謝料の一部として認められる可能性が高いでしょう。

このように、浮気調査費用の工面には様々な方法があります。状況に応じて、最適な方法を選択することが重要です。また、事後的な回収の可能性も見据えて対応することで、より効果的な費用管理が可能となるでしょう。

調査費用の工面においてやってはいけない方法

違法・不適切な資金調達手段

浮気調査を行うための費用捻出は、多くの人にとって大きな困難となります。しかし、そのために違法や不適切な手段に頼ってしまうのは避けるべきです。

まず、不正な金銭の流用は絶対に避けてください。たとえば、職場や企業の資金を私的に流用するなどの行為は、明らかな不正であり、法的な責任を問われる可能性があります。また、家族や親族の資金を勝手に使うのも同様に問題があります。信頼関係を裏切り、将来的に取り返しのつかない事態を招きかねません。

次に、無理な借入れも危険です。たとえば、高金利の消費者金融やいわゆるヤミ金融から借りるのは避けるべきでしょう。返済計画を立てられず、取り立てや脅迫に悩まされる可能性があります。さらには、暴力団などの関与する悪質な業者から借りるのは、自身の身の危険すら生じかねません。

このように、違法や不適切な手段で調査費用を工面することは、将来に取り返しのつかない影響を及ぼしかねません。一時的な解決策に見えても、長期的には深刻な問題を引き起こす可能性が高いのです。

家族や関係者への悪影響

浮気調査の費用を工面するために、家族や友人、職場の人間関係を壊してしまうのも避けるべきです。

たとえば、家族から無理に借りて調査費用を捻出しようとすると、家族関係に深刻な亀裂が入る可能性があります。お金の貸し借りは家族の絆を損なう大きな要因となり、浮気問題以外にも家族の絆が損なわれかねません。

また、友人にも頼ってしまうと、友人関係が悪化する可能性があります。お金の貸し借りは友人関係を壊す大きな要因となり、浮気問題以外にも人間関係が損なわれかねません。

さらに、職場の人間関係を壊してしまうのも避けるべきです。たとえば、職場の金銭的な情報を勝手に流用したり、職場の人間に無理な要求をしたりするなど、職場の人間関係を悪化させてしまうリスクがあります。それが原因で、職場での評価が下がったり、退職を余儀なくされたりする可能性もあります。

このように、家族や友人、職場の人間関係を壊すような方法で調査費用を工面するのは、浮気問題以外にも深刻な影響を及ぼしかねません。人間関係は慎重に扱う必要があるのです。

まとめ

こちらの記事では、探偵の浮気調査の流れや方法のポイントを解説しました。依頼者が、探偵の仕事について把握しておくことは大切です。お客様からの依頼を受けて成り立つのが、探偵という職業であるといわれています。探偵が行う実際の浮気調査では、探偵ならではのあらゆるテクニックを使用し、確実に証拠をつかんでくれることでしょう。

しかし、どんな問題でも解決すればいいというわけではありません。個人情報の取り扱いが、以前より厳しくなっています。ほとんどの探偵社は、リスクのある調査を行うことは無くなりましたが、調査を依頼するときには調査方法を聞いてみましょう。依頼をする側も、罪に問われる場合があります。どうしても浮気の証拠をつかみたいという場合は、まずはご相談ください。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 浮気・素行相談員 S.Y

浮気・素行・離婚関連の相談員プロフェッショナル。相談員歴8年。
年間400人以上もの相談を受けている。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page