探偵の浮気調査は何をする?一般市民にはできないことを丁寧に解説します

探偵の浮気調査と一般市民が行う浮気調査とはどのような違いがあるのでしょうか。お金を使って調査依頼をするのですから、自分ではできない特別な調査をして欲しいものです。今回は探偵が行う浮気調査について紹介します。数多くある探偵の中でもどのようなところに依頼した方がいいのかについてもお話しするので探偵事務所選びの参考にしてください。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国20都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

自分で浮気調査を行うリスクとは

恋人やパートナーが浮気をしているという疑惑を持ったとき、自分でどうにかして調べたいと思うのは当然のこと。しかし、相手に正面切って「浮気をしているでしょ?」と聞いたところで、はぐらかされるのが目に見えているでしょう。そこで自ら浮気調査をするかもしれませんが、それにはさまざまなリスクが伴います。

恋人やパートナーにわかってしまう

よくあるのが、恋人やパートナーにバレるというパターンです。スマホや財布の中、バッグの中などを見たことがバレてしまい、大きな問題となったことがある人もいることでしょう。自分の持ち物を勝手に覗かれるのは気持ちのいいものではありませんし、例え浮気をしているかもしれない状況であったとしても、プライバシーの点からもトラブルになってしまうでしょう。

尾行をすることが難しい

毎週、この曜日に浮気相手と会っていると思われる、このようにはっきりしたことが分かっていたとしても、相手にわからないように尾行することは本当に難しいことです。顔がわかっていますし、人気のないようなところを尾行しているとすぐにわかってしまいます。かといって、人込みの中では見失ってしまうこともあるでしょう。

なかには、親しい友人に頼んで尾行してもらう話も聞きますが、尾行に成功したとしても、証拠を得ることはかなりハードルが高い行為です。確実に顔と場所が鮮明な写真や動画は簡単には撮れません。

証拠を集めても認められるか分からない

浮気の証拠を見つけようと思っていても、最近はスマートフォンのロックをかけている人がほとんどでしょう。キャッシュレス決済が導入されてからその傾向がかなり高まっていると感じます。指紋や顔認証などがあり、本人でなければスマートフォンを見ることができません。

本来であればスマートフォンの中にLINEやメールのやり取りやどこかへ行ったときの写真などがありそうですが、それを見るまでのハードルが高すぎるようです。

また、一般市民が証拠といって裁判に持ち込んだとしても、それが認められるかどうかは別の話です。間違いなく本人だと分かる写真や場所でなければならないため、プロである探偵に依頼する人が多くなるのです。

夫婦間であっても、無断でスマートフォンのロックを解除してデータを閲覧するのは、法的に問題があるおそれがあります。

探偵はこのような浮気調査をしている!

探偵が行う浮気調査というのは意外とアナログな方法です。しかし、そこはプロであるため、確実な証拠を集めてくれます。浮気調査のアイテムも独自のものを持っていますし、複数の人数でどのように調査を行うのか計画をしてから実行に移しています。

尾行

行動把握のために欠かせないのが尾行です。会社員であれば仕事が終わってから行動に移すことが多いのですが、自由のきく営業マンなどは仕事中に思わぬ行動を取る人もいます。いずれにしても、確実に浮気をしている場合は何度か尾行していると確実に証拠が撮れるような場面に遭遇します。

張り込み

張り込みは、退社するときや、浮気相手と一緒にホテルやレストランに入ったときなど、どこかの建物に入ったときに出てくるのを待つ行為です。例えば、ホテルから出てくるときであれば、はっきり顔の分かる写真と、場所が分かるように外観が写るよう写真を撮ることで浮気の証拠写真が撮れます。

浮気の証拠写真は言い訳のしようのないものであり、本人同士の話し合いや、浮気相手を交えた話し合い、離婚話がこじれて裁判になったときに使えるものです。有利に離婚を進めたいときに欠かせないものとなっています。

聞き込み

浮気調査の中では行われる頻度の少ないのですが、対象となる恋人やパートナーの浮気相手について調べるときに利用されることもある調査方法です。聞き込みはどのような相手にどうやって聞くのか難しいですし、あまりにも近い人間であれば本人に聞き込みがあったと伝わってしまうこともあります。

このような探偵に依頼すると安心

浮気調査を依頼するのであれば、どのような探偵に依頼するといいのでしょうか。探偵事務所はどこでも一緒ではなく、選び方を間違えるとトラブルに巻き込まれることもあります。

明朗会計である

探偵に支払う費用をあらかじめはっきり説明してくれるところが望ましいでしょう。また、こちら側の質問をにごすことなく答えてくれるかどうかも見極めるポイントです。料金は成功報酬型であれば、何を持って成功とみなすのか、先払いであれば追加料金はどのようなときに発生するのか、決まった曜日の決まった時間だけを調べるようなプランは存在するのかなどがあります。

格安で浮気調査をしてくれると思ったら、後で追加料金として色々と請求されてしまったという話もあるので調査依頼をする前にはっきりさせておきましょう。

探偵業法を守って調査をしている

探偵という仕事はこのような調査はしてもよいが、この調査はダメというような決まりがあります。この決まりが探偵業法であり、これに従って調査を行っていないとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。違法捜査はしない探偵事務所を選ぶようにしてください。

無料で相談や見積もりをしてくれる

無料で相談や見積もりをしてくれる探偵事務所は良心的です。調査を依頼するかどうかをよく考えて決めるようにしてくれているからです。なかには、相談に料金が発生する、見積もりを出さないなど良心的ではない対応をする探偵事務所もあります。

また、見積書の不明点を納得いくまで説明してもらうことも大切です。これを拒否される場合にはその探偵事務所に任せるのはやめたほうがよいかもしれません。

浮気調査の実績が多数ある

これまで多数の浮気調査の実績がある探偵事務所であれば、あらゆるケースに応じて上手に対応をしてくれます。また調査にも無駄がなく、安心してお任せできるでしょう。探偵事務所に寄せられる調査の大半が浮気調査だといわれています。着手件数が多い探偵事務所であれば、一般的に浮気調査の実績が多数あると思っておいても大丈夫です。

浮気調査における法的な知識の必要性

プライバシーの侵害や法に触れることのない行為

浮気調査を行う際には、プライバシーの侵害や法律に触れることのないよう、十分な注意が必要です。そのためには、合法的な調査手法を理解し、実践することが重要です。

まず、合法的な浮気調査の方法として考えられるのは、公開情報の収集です。SNSや インターネット上の情報を活用し、相手の行動を把握できます。ただし、個人の公開情報に過度にアクセスする行為は避ける必要があります。

次に、相手方の同意を得た上での調査も合法的な手段です。相手の了解を得て、話を聞いたり、行動を観察したりするなどの方法が考えられます。この場合、相手の意思を尊重することが重要です。

プライバシーを侵害する調査手法は避けるべきです。たとえば、付きまとい、通信の傍受は法律で制限されています。また、相手の個人情報を不適切に収集・利用することも、プライバシー侵害に該当する可能性があります。勝手に浮気調査アプリを相手のスマートフォンにインストールしたり、GPS発信機を設置するのもよくありません。

そのため、相手の同意を得ずに行う調査は、慎重に検討する必要があります。相手の承諾を得ることで、よりスムーズな調査が可能となります。同意を得るためには、相手の気持ちを理解し、丁寧な交渉を重ねることが重要です。同意書を取り交わすなど、書面による証跡を残すことも有効です。

浮気調査に必要な基本的な法律知識

浮気調査を行う上で、関連する法律知識を理解しておくことも重要です。

まず、婚姻法における浮気の位置づけを把握する必要があります。浮気は、法的には「婚姻関係の破綻」と位置づけられており、慰謝料請求の対象となります。調査の目的や活用方法を考える際の基礎となる知識です。

次に、証拠収集に関する法的ルールを理解しておくことが不可欠です。たとえば、相手の同意なしに行うスマートフォンなど電話機の盗聴や盗撮は違法行為となります。一方で、公開情報の活用や、相手の同意を得た上での調査は合法的です。証拠の保管方法にも留意が必要です。

さらに、探偵業法の理解も重要です。探偵会社に調査を依頼する場合、探偵の義務や、依頼者としての責任などを把握しておく必要があります。例えば、探偵会社には守秘義務が課されているため、情報の取り扱いには注意点があります。

このように、浮気調査を行う上で関連する法律知識を理解しておくことで、より適切な調査ができます。法的なリスクを最小限に抑え、有効な証拠を収集することが可能となるのです。

プライバシー侵害、違法調査をしたときの刑罰

一方で、プライバシーの侵害や違法な調査を行った場合、深刻な法的責任を問われる可能性があります。

たとえば、無断での盗聴・盗撮行為は、不法な録音・録画に該当し、罰則の対象となります。さらに、民事上の損害賠償請求の対象にもなり得ます。

また、相手の信用を毀損したり、名誉を傷つけたりするような行為は「名誉棄損罪」に問われる可能性があります。相手方から刑事告訴される危険性があるだけでなく、民事上の損害賠償請求にも直結します。

このように、プライバシーの侵害や違法な調査を行った場合、刑事罰や民事責任を問われる可能性が高まります。慰謝料の支払いを求められたり、弁護士費用の負担を強いられたりするなど、深刻な影響を受けることになります。

探偵がプライバシー侵害や違法調査をせず、証拠を得られる理由

では、探偵はどのようにしてプライバシーを侵害せずに、有効な証拠を収集しているのでしょうか。

まず、オープンソースの情報を活用する方法があります。SNSやインターネット上の公開情報を収集・分析することで、相手の行動を把握できる可能性があります。ただし、個人情報の保護に十分配慮する必要があります。

さらに、相手の協力を得る交渉力も重要です。相手に信頼関係を築き、同意を得ることで、より円滑な調査が可能となります。相手の心情を理解し、丁寧な交渉を重ねることが鍵となります。

このように、探偵は様々な合法的な手段を用いて、プライバシーを侵害することなく、有効な証拠を収集できるのです。法的なリスクを最小限に抑えつつ、依頼者のニーズに応えられるのが、探偵の強みといえるでしょう。

一般市民が法律知識なしに浮気調査をして、失敗した事例

SNSの情報を無断で集めてパートナーの行動を把握しようとした男性の事例

相手の同意なく個人情報を収集したことで、プライバシー侵害の疑いがあるとして警察に通報されてしまいました。結局、得た情報を証拠として使えずに、かえって自身が法的責任を問われる事態に陥りました。

職場の同僚に不倫相手の情報を聞き出そうとした女性の事例

相手の同僚に無断で個人情報を聞き出したことで、信用毀損罪で訴えられる可能性が出てきました。相手に謝罪せざるを得ない事態になったうえ、関係修復も困難な状況に追い込まれてしまいました。

パートナーの車を盗撮しようとした男性の事例

パートナーの車内を無断で撮影し、浮気の事実を確認しようとしました。しかし、証拠を掴んだにもかかわらず警察に逮捕されてしまったのです。結局、得られた映像は証拠として使えず、かえって法的トラブルに巻き込まれることになりました。また、逮捕された事実は履歴として残ってしまうのです。

パートナーのスマートフォンをこっそりチェックしようとした女性の事例

パスワードを無断で解除したことで、不正アクセス容疑で告訴される事態に。スマートフォンの情報が証拠として使えなくなり、浮気の真相解明に失敗しました。

探偵に調査を依頼せずに、自ら浮気相手の職場に乗り込んで詰問した男性の事例

浮気相手の自宅に行っても会えなかったため、職場に乗り込んだ男性がいました。相手方から名誉棄損で訴えられ、慰謝料の支払いを命じられてしまいました。自身の行動が違法だと気づかず、かえって損害を被ることになったのです。

このように、法的知識が不足した一般市民が浮気調査をしようとして、かえって深刻な法的トラブルに巻き込まれる事例が多数見られます。プライバシーの侵害や違法行為を避けるためには、探偵など専門家に依頼するか、関連法規を十分に理解した上で慎重に行動する必要があります。

浮気調査における情報保護と秘密保持

依頼者と調査対象者のプライバシーを守るためにすること

浮気調査を行う際には、依頼者と調査対象者双方のプライバシーを適切に保護することが重要です。個人情報の取り扱いや調査記録の管理、そして守秘義務の遵守など、細心の注意を払う必要があります。

まず、個人情報の適切な取り扱いが欠かせません。依頼者や調査対象者の氏名、住所、連絡先など、特定の個人を識別できる情報については、厳重に管理する必要があります。これらの情報が漏洩すれば、深刻なプライバシー侵害につながる可能性があるためです。

次に、調査記録の厳重な管理も重要です。調査の過程で収集した写真、動画、音源、メモなどの記録物は、秘密を保持するために適切に管理しなければなりません。他者の目に触れないよう、鍵のかかる保管庫での保管や、パスワード管理の徹底などが求められます。

さらに、依頼者や調査対象者に関する情報の秘密を守る「守秘義務」の遵守も欠かせません。調査を行う探偵やスタッフには、得た情報を他者に漏らしてはならないという義務が課されています。これに違反すれば、信用失墜やトラブルに巻き込まれる可能性があります。

このように、浮気調査においては、依頼者と調査対象者双方のプライバシーを適切に保護する対策を講じる必要があるのです。

一般市民がプライバシーを守る配慮が困難な理由

一方で、一般市民が自ら浮気調査を行う場合、プライバシーを適切に保護することは困難な場合が多いと言えます。

まず大きな要因は、関連する専門知識の不足です。個人情報の取り扱いや調査記録の管理、守秘義務の重要性など、プライバシー保護に必要な知識を持ち合わせていないことが多いのが実情です。

また、実際の情報管理も難しい面があります。写真や音源、メモなどの記録物を適切に保管・管理することは、一般の人にとって容易ではありません。パスワードの設定や鍵のかかる場所での保管など、専門的な対応が求められるためです。

さらに、プライバシーを侵害してしまった場合の対処も、一般市民には困難です。法的責任を問われる可能性があるにもかかわらず、浮気の証拠を得たいという思いから、プライバシーを侵害してしまうケースがあります。こうした矛盾した状況への対処は容易ではありません。

このように、プライバシー保護への配慮が難しい一般市民にとって、自ら浮気調査を行うことは大きなリスクを伴うのが実情なのです。

探偵会社が依頼者と対象者のプライバシーを守る方法

これに対し、専門の探偵会社であれば、依頼者と調査対象者双方のプライバシーを適切に保護する対策を取れます。

まず、個人情報の保護体制が整っています。依頼者や対象者の情報を適切に管理し、外部への漏洩を防ぐための仕組みが構築されています。パスワード管理や暗号化、アクセス制限など、専門的な対策が施されているのが一般的です。

次に、調査記録の管理手順も確立されています。写真、動画、音源などの記録物は、鍵のかかる保管庫で厳重に保管されます。記録物の複製や外部への持ち出しも制限されており、第三者の目に触れないよう細心の注意が払われているのです。

さらに、探偵会社の従業員に対しては、プライバシー保護に関する教育や監督も徹底されています。守秘義務の重要性を理解させ、情報管理の方法を習得させることで、依頼者や対象者の情報を適切に取り扱うよう指導しています。

このように、専門の探偵会社であれば、依頼者と調査対象者双方のプライバシーを適切に保護するための体制が整っているのが一般的です。一般市民にはできない専門的な対策が講じられているのが、探偵会社の強みといえるでしょう。

浮気調査における情報保護の重要性

以上のように、浮気調査においては、依頼者と調査対象者双方のプライバシーを適切に保護することが極めて重要です。

まず、プライバシーを侵害してしまえば、深刻な法的責任を問われる可能性があります。無断での記録や情報の流出など、プライバシーを侵害した場合、民事訴訟や刑事告発につながる危険性があるのです。

さらに、信頼関係の維持にも関わってきます。依頼者と探偵会社の間、あるいは探偵会社と調査対象者の間で、情報が漏洩すれば、互いの信頼関係を損なう可能性があります。浮気調査の円滑な遂行には、信頼関係の構築が欠かせないのです。

このように、浮気調査においては、情報保護と秘密保持に細心の注意を払う必要があります。依頼者と調査対象者双方のプライバシーを適切に保護し続けることが、探偵業務の根幹をなすといえるでしょう。

浮気調査において一般市民が守秘義務を守れなかった事例

SNSで浮気の情報を拡散した事例

ある主婦は、夫の浮気を疑って自ら調査を行いました。その結果、夫が職場の女性と不倫関係にあることが判明しました。しかし、怒りと悲しみから理性を失い、SNSで夫の不倫の事実を書き込んでしまいました。すると、その投稿が瞬く間に拡散し、夫の会社や親族にも知られてしまったのです。結局、この投稿を契機に、夫婦関係は修復不可能な状態に陥ってしまいました。

職場の同僚に浮気の内容を漏らした事例

ある会社員の男性は、妻の浮気を疑い、自分で調査を行いました。そして、妻が取引先の男性と不倫関係にあることを突き止めました。しかし、この事実を隠し立てできず、職場の同僚に内容を話してしまいました。すると、同僚がその情報を他の従業員に広めてしまい、やがて会社全体に広まってしまったのです。この騒動により、男性は会社での信用を失い、降格処分を受けるはめになりました。

家族に調査結果を話した事例

ある主婦は、夫の浮気が疑わしいと感じ、自ら調査を開始しました。そして、夫が近所に住む女性と不倫をしていることを突き止めました。主婦は、家族への相談を求めるために、母親に調査結果を話しました。しかし、母親が他の家族にも内容を漏らしてしまい、やがて夫の職場や地域社会にも広まってしまったのです。この事態に巻き込まれた主婦は、夫婦関係の修復が困難な状況に追い込まれ、離婚せざるを得なくなりました。

友人に調査の秘密を明かした事例

ある男性は、妻の浮気を疑い、自ら調査を行いました。そして、妻が知人の男性と不倫関係にあることを突き止めました。しかし、この秘密を隠し切れず、親しい友人に相談してしまいました。すると、その友人が調査の内容を他の知人にも話してしまい、やがて妻の周りにも広まっていったのです。こうした経緯から、夫婦関係は決定的に壊れてしまい、やむを得ず離婚に至りました。

調査対象者に調査の事実を知られてしまった事例

ある女性は、夫の浮気が疑わしいと感じ、自ら調査を開始しました。しかし、調査の中で夫が自身の行動を疑っていることに気付いてしまい、慌てて調査を中断してしまいました。すると、夫に調査の事実がバレてしまい、夫婦関係は一気に悪化してしまったのです。結局、この事態から抜け出せず、やむなく離婚に至りました。

このように、一般市民が浮気調査を行う際には、調査結果の秘密を守ることが大変難しいのが実情です。感情的になりすぎて、SNSや職場、家族、友人など、周囲に情報を漏らしてしまうケースが後を絶ちません。このような事態は、かえって夫婦関係の修復を困難にし、離婚に至らせてしまうのが一般的な結末となっています。浮気調査においては、専門家に依頼し、適切なプライバシー保護を行うことが重要といえるでしょう。

まとめ

浮気調査は、一般市民が行うと失敗する可能性が高いでしょう。確実に証拠を得たいのであれば、プロにお任せする方が安心です。依頼者が不利にならないように浮気の証拠を見つけてきてくれます。また、どの探偵事務所に依頼するかによって、費用も違えば、調査もどのくらいかかるか違ってくるでしょう。いくつか候補を見つけて、無料相談や見積もりを行うようにすることで探偵選びは失敗することはなさそうです。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 浮気・素行相談員 S.Y

浮気・素行・離婚関連の相談員プロフェッショナル。相談員歴8年。
年間400人以上もの相談を受けている。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page