浮気調査でわからない彼女の気持ちを確認できる?詳しく解説いたします

「彼女が浮気しているかもしれない」

「彼女の様子がおかしい」

こういった悩みを一度持つと、なかなかその悩みは消えないものです。

浮気調査で真実を明らかにすることは、お互いの関係を見つめ直す良い機会になるはずです。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国20都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

彼女の浮気調査とは?

夫婦であっても、恋人同士であっても、浮気調査の内容に、大きな違いはありません。
探偵の浮気調査は、彼女の行動を調査し、浮気の証拠を掴むことです。
場合によっては、浮気相手を特定することも可能です。

  • 浮気調査を探偵に依頼するべきか?
  • 依頼のメリットは?
  • 調査費用は、どのくらい?

ここでは、このような疑問を解決していきます。

浮気の兆候

男性は、女性に比べると勘が鈍く、浮気されていても気付きにくいケースが多いです。
ここではまず、浮気調査を依頼する前に、その兆候を確認しておきましょう。

【彼女の連絡が減った】

女性の多くは、淋しがりやです。今までは、「淋しい」からとよく連絡があったり、「会いたい」と頻繁に言っていた彼女が、明らかにLINEやメールの頻度が減ったということがあれば注意してください。24時間といっていいほど自分に向けられていた関心が、ほかの人に向いているおそれがあります。
このような場合、本当に浮気の可能性が考えられます。あるいは別れを切り出される日が近いかもしれません。

【スキンシップを拒む】

女性は、好きでもない男性に触れられることを好みません。
心変わりすると、今までの彼氏とのスキンシップを拒むようになります。

【服装や髪型の変化】

今の彼女の服装や髪型は、あなたの好みですか?
女性は一般的に、好きな男性に好かれたいという思いから、その相手の好みに合わせた服装や髪型をすることが多いといわれます。
交際期間が長くなると、だんだんとおしゃれに気を遣わなくなることもあります。
しかし、彼女が今までと違う服装や髪型をし始めた場合、他の男性の存在を疑うこともあります。

浮気調査を依頼するメリット

もし、浮気調査を自分で行う場合、さまざまなリスクを伴います。
ここでは、そのリスクと探偵に依頼するメリットを紹介します。

1.合法的に調査

浮気調査の主な方法は、張り込みや尾行による調査です。
この方法は、パートナーや浮気相手の行動を把握するのに有効です。
しかし、「ストーカー規制法」に抵触したり、プライバシーの侵害にあたる可能性があります。そのため、一般人が行うことは、大きなリスクを伴います。

探偵は「探偵業法」に則り、合法的に調査を進められます。探偵は調査にあたる際、都道府県の公安委員会に届出を提出し、証明書の交付を受けたうえで調査しています。そのため、張り込みや尾行、聞き込みなどを合法的に行うことが可能です。

2.法的有効性の高い証拠

探偵の調査では、法的有効性の高い証拠写真を得ることもできます。
一般人の撮影は、盗撮にあたったり、その写真が裁判や慰謝料請求の場面で有効と判断されない可能性もあります。
探偵は、ホテルや家に入る決定的瞬間を抑えられる可能性が高いと言えます。

3.専門的なアフターケア

パートナーに浮気の疑いが浮上すると、相当な心理的ストレスを抱えることになります。
このようなプライベートでデリケートな問題は、身近な人には相談しづらいものです。
探偵事務所の中には、専門の心理カウンセラーが在籍しているところもあります。
一人で悩みを抱え込むよりも、気持ちが楽になるかもしれません。

4.調査後の法的措置

調査の結果、浮気の事実が発覚して、裁判や慰謝料請求などの法的措置に進むことが稀にあります。
この際、必要な手続きには専門知識が必要不可欠です。探偵事務所の中には、調査後の法的措置をとるための弁護士を紹介してくれるところもあります。
弁護士には、それぞれの得意分野があります。探偵事務所が提携しているのであれば、浮気問題に強い弁護士を紹介してくれます。

浮気調査の費用

彼女は婚姻関係にないため、基本的には浮気しているかどうかを知ることが第一の目的です。
そのため多くの場合、裁判で必要とされるような証拠は必要ありません。
実際、浮気調査の費用相場にはかなり幅があり、10~150万円と言われています。
調査期間でみた場合の費用相場は、下表のようになります。

表1.浮気調査の日数と相場金額

調査日数相場
1日約5~25万円
3日間約15~60万円
1週間約35~150万円

事前に以下の情報を抑えておくことで、調査時間を短くして費用を安く抑えることも可能です。

  • 浮気の兆候
  • 行動パターン
  • 浮気相手の目星

彼女の嘘を見抜く方法

女性は、男性に比べて嘘をつくのが上手いと言われています。
彼女はどんなときに嘘をつき、それを見抜くことは可能なのか?
ここからは補足ですが、嘘をつく女性の心理や嘘の見抜き方を解説します。

彼女が嘘をつく心理

1.自分を良く見せようとする

嘘をつく女性は、プライドが高くて自分をよく見せたいと思っています。
本来の自分を偽って、理想の自分を相手に伝えているということです。
そのような女性は、コンプレックスが多く、現状に満足できていない人もいます。
嘘をつくことで、自分の価値を上げたいという心理があります。

2.自分を見てしてほしい

自分に注目してほしい場合や自分に関心を向けて欲しいという女性も、嘘をつく傾向があります。
自分の能力や魅力を認めてほしいという「承認欲求」から、本来の自分を嘘で加工してしまいます。そんな女性は、他人と自分を比較してしまいがちです。
また、他人が注目されることにヤキモチを焼くことも多いです。

3.意図的に相手を騙す

なかには、詐欺師など意図的に相手を騙そうとする女性も存在します。
何らかの目的達成のために、嘘をついています。
通常の嘘以上に見抜くことは難しく、嘘を追及したとしても上手くかわされます。
金銭的な被害や心の傷を負わないためにも、嘘をついている素振りを感じた場合は警戒が必要です。

4.プライドが高い

プライドが高い女性は、自分のミスを認めることを極端に嫌います。
その嘘を追及した場合には、反対に攻撃されてしまうこともあります。
自分の嘘を自覚していたりや罪悪感があっても、プライドの高さから嘘を上塗りしてしまいます。
そのため、嘘を認められず、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。

5.相手への想いやり

相手を大切に思って、嘘をついてしまう女性もいます。
「本当のことを言って、不安にさせてしまうかも」と相手の気持ちを考えて、嘘をついてしまうケースです。このケースは、気遣い上手で相手を大切にしている、心優しい女性に多い傾向があります。

6.嘘をつくことに抵抗がない(虚言癖)

嘘をついている自覚がない、「虚言癖」を持つ女性もいます。
本人は全く気付かず、周囲からの指摘から初めて発覚することもあります。
このような嘘をついている自覚や罪悪感がない場合は、自力で治すことは簡単ではありません。
虚言癖の女性は、専門の病院を受診するなどの対応も検討することが必要です。

彼女の行動心理

もし、彼女が嘘をついていると思ったら、質問してみることもひとつの方法です。
それ以外にも、彼女の行動から判断できる場合もあります。実際に嘘をついている人は、さまざまなサインを出しています。


ここでは、行動心理学に基づいた観点から見てみましょう。

1.目線

まずは、目線に注目してみましょう。目は口ほどにものを言います。その人の心情を知ることができます。
心理学の分野では、「視線解析」や「アイ・アクセシング・キュー」と呼ばれる、視線の動きを観察する手法があります。
通常、映像などの「視覚的イメージを思い出す時」目が上を向きます。まず、「身体的・感覚的なイメージを思い出す時」視線は、下向きになるとされます。そして、視線が左上に動く時、「視覚イメージの中でも記憶にまつわるもの」を思い出していることが多いです。

視線が右上に動いたら、視覚イメージを創造しているとされています。よって、嘘を考えるときも「右上」を向きます。
このように、人の心理状態は、視線の動きで把握できると心理学ではいわれています。
しかし、利き手の違いや、右脳と左脳のバランスの問題などによって、真逆になる場合もあります。
「絶対」とは言い切れませんが、心の内を読み取る判断材料のひとつになります。

2.顔

人は嘘をつく時に口やあごを手で隠したり、鼻や眉毛、耳たぶなど顔の一部を触るといわれています。
これは表情などから嘘がばれてしまうのを恐れるため、顔を隠そうとする心理が働いていると考えられています。
眉毛を触る仕草などは、一見嘘とは関係なさそうですが、実は大きく関係しています。

眉毛は人の喜怒哀楽を大きく表すことから、嘘をついている人は無意識に隠したがる傾向にあります。また、鼻は顔の中心にあるため、無意識に触りやすい部位だといえます。嘘が多い人や相手に内心を見破られたくないと考える人は、鼻を触る癖があるとされています。

3.手

手のひらを見せながら話しているときは、「全てさらけ出す」という意思表示の表れなので、本心を話していることが多いです。手を揉む癖がある人は、自分に自信がなく、不安を抱えている場合です。

手首を触るのは、不満の表れです。イライラが止まらないようなら、ストレス過多の状態が考えられます。

爪を噛むのが癖になっている人は、神経質・心配性です。爪を噛んで、不安や欲求不満を解消しています。

会話中に相手が突然ポケットに手を入れたら、嘘をついているか、触れられたくない話題だった可能性があります。これは、危険を感じたときに表れる仕草なのです。

4.足

人が進行方向を意識するとき、足は行きたい方向に向いて出発準備を始めます。
足は、興味がある対象の方向へ向くこともあれば、嫌悪感のある対象から逃れたい心理が表れることがあります。

上半身は脳に近く、相手からの視線も集中するため意識的にコントロールすることが容易です。一方、足は意識的な操作が最も遅れる部位です。日常生活の中では意識されていないことが多く、深層心理が最も表れやすい部位なのです。

浮気後に関係修復や信頼再構築をする方法

浮気後の感情と課題

配偶者やパートナーの浮気が発覚すると、相手方は深刻な形で裏切られた感情に苛まれることになります。信頼の基盤が失われ、自尊心も傷つき、関係性への絶望感に苛まれるのが一般的な反応です。「なぜ自分なのか」「二度と信用できない」といった思いが渦巻き、関係修復への意欲さえも失われがちです。

一方、浮気をした側も、罪悪感と後悔の念に苛まれることになります。自分の行為が相手に与えた痛手を認識しつつ、関係を取り戻したいという思いと、関係修復への不安感が交錯するのが実情です。この微妙な心情の狭間で、主体的な行動を起こすことが難しくなるのです。

つまり、浮気後の関係修復には、双方の深刻な感情的ダメージと、関係性への不安感という大きな障壁が立ちはだかっているのが実情なのです。このような状況下で、お互いが歩み寄り、信頼を取り戻していくプロセスは決して容易ではありません。

カウンセリングの利用

このような極めて微妙な関係性の問題を解決していくためには、専門家の助言を得ることが非常に有効です。カウンセリングの活用によって、感情的な動揺を整理し、自分と相手の立場を客観的に理解できるのです。それがトラブル解決につながります。

カウンセラーは、感情的な揺れ動きに翻弄されがちな当事者双方に対し、冷静な視点から適切なアドバイスの提供ができます。浮気の経緯や、両者の心情、関係性への影響などを丁寧に聞き取り、建設的な解決策を見出していくのです。

また、カウンセリングの場では、お互いの主張を率直に表明し、相互理解を深めるための支援も行われます。感情的な訴えを丁寧に言語化し、相手の立場に立って考える機会が設けられるのです。これにより、感情的なぶつかり合いを避けつつ、冷静な対話を重ねられます。

さらに、カウンセラーは、関係修復に向けたコミュニケーションスキルの習得も支援します。お互いの感情を適切に伝え合い、共感的な理解を深めていくための具体的な方法を学べます。

つまり、カウンセリングの活用は、感情的混乱の整理、相互理解の促進、コミュニケーション力の向上など、関係修復に不可欠な機能を果たすのです。専門家の客観的な視点と適切な指導は、困難な状況を乗り越えていく上で欠かせない要素なのです。

ただ、カウンセラーも人ですので相性はあります。また、カウンセラーの実績はわかりづらいものです。これらの点に注意してカウンセラーを選びましょう。

お互いのニーズを理解するための活動

関係修復に向けては、単にカウンセリングを行うだけではなく、お互いのニーズを理解し、共有する取り組みも大切です。

たとえば、ワークショップ形式のセッションを設け、お互いの立場や感情、求めているものを丁寧に共有し合う機会を設けることが考えられます。浮気の原因や、それぞれが抱えている不安、望むべき関係性など、お互いの内面に迫るような対話を重ねることで、相手の心情をより深く理解できるはずです。

また、コミュニケーションスキルの習得にも取り組むことが重要です。自分の気持ちを適切に表現し、相手の言葉に耳を傾ける技術を身につけることで、建設的に対話できるようになります。相互理解を深めるための基盤が整うのです。考えと気持ちを一旦切り離し、相手と冷静に話し合うスキルが養われます。

さらに、共通の趣味や目標を見出し、それを共有する活動にも取り組むことが考えられます。浮気という負の出来事から、前を向いてポジティブな関係性を築いていくための新しい基盤を見出すのです。この過程で、お互いの関係性への期待や願望を共有し、お互いのニーズを理解し合えるはずです。

このように、ワークショップやスキル習得、共通の活動など、様々な取り組みを通じて、お互いの内面や期待、求めているものを深く理解し合うことが、関係修復には欠かせません。相手の真意を探り、お互いの立場に立って考えることが、修復への第一歩なのです。

信頼を構築するための具体的なステップ

関係修復に向けては、信頼を醸成していくための具体的な行動変容も重要です。

まず何よりも、浮気をした側による正直な謝罪と反省の念が不可欠です。単なる言葉ではなく、実際の行動で誠意を示すことが求められます。たとえば、浮気の事実を率直に認め、二度と同じ過ちを繰り返さないという固い決意を表明するなどが考えられます。

そして、謝罪と反省の念を示した上で、今後の行動面での誠実さを示していくことが重要です。たとえば、自らの行動を相手に報告して相手を安心させることで、信頼を取り戻していくのです。スマートフォン(以下、スマホ)の使用履歴の共有や、SNSアカウントへのアクセス権の提供など、具体的な行動変容を通じて、自らの改心と誠実さを示すのです。

さらに、お互いの行動を監視し合う関係から抜け出すためには、お互いの信頼を確保することが重要です。お互いの予定表の共有や、重要な情報のオープンな共有など、隠し立てのない関係性を築いていくのです。

このように、言語レベルの謝罪だけではなく、具体的な行動変容と透明性の確保によって、相手方の信頼を取り戻していくことが不可欠なのです。相手の不安を和らげ、確実な改心の証を示すことで、関係修復への道が開かれるのです。

話し合い

関係修復の過程において、お互いが率直に思いを表現し、対話を重ねることも極めて重要です。

まず、浮気をされた側が、自身の心情を丁寧に吐露することが求められます。怒り、悲しみ、不信感など、複雑な感情を言語化し、相手に伝えるのです。これにより、相手が自分の痛みを理解し、共感する機会が生まれるのです。

一方で、浮気をした側も、自らの行為の重大さを認め、相手の痛みに寄り添うことが求められます。相手の感情を受け止め、共感することで、お互いの理解が深まるのです。

そして、お互いの主張を丁寧に聞き合い、関係修復のための具体的な対策を行うことが重要です。たとえば、再発防止策の策定や、新しい関係性の構築に向けた道筋を話し合うのです。この過程で、お互いの要望と現実的な解決策のバランスを見出していくのです。

つまり、感情的な訴えと、合理的な解決策の両面から対話を重ねることが、関係修復には欠かせないのです。乗り越えるべき障壁は大きいものの、お互いの思いを丁寧に汲み取り、建設的に同意していくことが重要なのです。

同じ空間・時間の共有

関係修復の最後の大きな要素は、日常生活の中で同じ空間と時間を共有することです。

浮気が発覚した後は、お互いの距離感が大きくなり、同じ時間を過ごすことが難しくなります。しかし、日常的な対話を重ね、一緒の時間を過ごすことで、少しずつ信頼関係を取り戻せます。

たとえば、共同で料理をしたり、趣味の時間を過ごしたり、ディナーに出かけたりすることで、日常生活の中で新しい思い出を作っていくのです。さらに、共通の目標を見出し、それに向けて努力していくことで、お互いの絆を深められます。

このように、単に話し合いをするだけでなく、実際の生活の中で共に時間を過ごし、新しい思い出を作っていくことが、関係修復には不可欠なのです。お互いの価値観や生活リズムを共有することで、深い絆を取り戻していけます。

スキンシップ

浮気後の関係修復においては、単なる話し合いだけではなく、身体的な接触によって親密さを取り戻すことも大切です。

肯定的な接触、つまりスキンシップは、相手への信頼感を醸成し、安心感を生み出せます。手を握る、抱き合う、甘い言葉を交わすなど、柔らかな接触を重ねることで、少しずつ関係の修復が進むのです。

特に、性的な絆の再構築は重要です。性交渉を通じて、お互いの愛情と結びつきを取り戻せます。もちろん、浮気の傷痕が癒えるまでは、無理のない範囲で進めていくことが必要ですが、徐々に親密さを取り戻していくことが大切なのです。

このように、相手に対する肯定的な接触を通じて、精神的な絆と身体的な絆の両方を取り戻していくことが、関係修復には欠かせません。言葉だけではなく、身体性を通じた結びつきの再構築が、信頼関係の醸成につながるのです。

関係修復の事例

Aさんと彼女のRさんは10年間の長い付き合いでしたが、ある日AさんがRさんの浮気を発見してしまいました。Aさんは深い傷つきを感じ、Rさんに対する不信感が募っていきました。しかし、Rさんも自らの過ちを深く反省しており、この関係を何とか取り戻したいと願っていました。

二人は専門カウンセラーのアドバイスを求めることにしました。カウンセリングの中で、Aさんは自分の怒りや悲しみを丁寧に吐露し、Rさんは真摯な謝罪と誠実な行動で信頼を取り戻そうと努力しました。お互いの立場と感情を共有し合うことで、徐々に理解が深まっていきました。

そして、二人は自分たちの望む関係性について話し合いました。Rさんは今後の行動を完全に開示し、Aさんには自由にチェックしてもらうことで信頼を示しました。Aさんも、Rさんの改心に応えるべく、少しずつ心を開いていきました。

同時に、二人は一緒に料理をしたり、趣味の時間を過ごしたりと、日常生活の共有にも力を入れました。そうした中で新しい思い出を作っていくことで、かつての絆を取り戻せたのです。

最終的に、AさんとRさんは専門家のサポートを受けながら、粘り強く関係修復に取り組み、10年ぶりの信頼関係を取り戻すことができました。二人の努力と、お互いを想う心が、深刻な危機を乗り越えさせたのです。

まとめ【浮気調査を依頼する前に、まずは彼女をよく知ること】

彼氏は、彼女に不信感を抱いた際、まずは、彼女の心情を知ることが大切です。
彼女をもっとよく見ることで、見えてくるものがあるかもしれません。
そして、浮気調査を行ううえで、重要な情報を得ることも可能です。
探偵は、些細な情報からでも浮気調査のヒントになることがあるからです。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 浮気・素行調査専門 Y.K

浮気・素行調査のプロフェッショナル。調査歴10年。
年間200件以上もの調査を行う。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page