「iPhoneを探す」機能で浮気調査できる?メリットデメリットを解説

みなさんはお手持ちのiPhoneに「iPhoneを探す」機能があることをご存じでしょうか。これはiPhoneを紛失した時に活用できる機能で、現在あるiPhoneのほとんどに搭載されています。

このiPhoneを探す機能、使い方によっては浮気調査になるとネット上で噂です。今回はこの浮気調査の真偽と、メリット・デメリットを解説していきましょう。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

iPhoneを探す機能とは?

「iPhoneを探す」はiPhoneの現在位置をGPSで検索する機能です。紛失や盗難時に効率的にiPhoneを探せます。iOS13以降は「探す」アプリに統合されています。

現在位置の追跡だけでなく、遠隔操作でiPhoneをロックしたりデータを削除したりできます。これにより、紛失時でも個人情報を守りながら安全に取り返せます。発見者がいれば、音を鳴らしたり画面にメッセージを表示したりして連絡を取ることもできます。

簡単に言うと、iPhoneを探す機能はiPhoneが持つGPSを使って「どのあたりにiPhoneがあるのか」をチェックするものです。機能を使うためには

・iPhoneの設定上「iPhoneを探す」がオンになっている

・Apple IDを取得している

・Apple IDにサインインしている

以上が前提です。基本的にiPhoneが盗難に遭ったり紛失したりした際に、端末の居場所を特定するために使います。

上記に加えてiCloudへのサインインが必要であり、電源オフやバッテリー切れ、通信圏外の場合も利用できません。このように、活用するには注意点がいくつかあります。

浮気調査に使えるの?

iPhoneが2台あり、どちらも上記の条件を満たしていれば「相手のiPhoneの位置を見る」のは可能です。浮気調査として使えるかというと、例えばパートナーがまさに浮気相手と会っていたとして、その瞬間にタイミングよく「iPhoneを探す」機能を使って、居場所を特定すると浮気が分かるでしょう。

浮気する日が分かっていて、ピンポイントで調べたなら浮気の有無がわかるのかもしれません。もし「iPhoneを探す」機能でチェックした結果、パートナーは自宅にいた・職場にいたことが分かれば、浮気の疑いは晴れるでしょう。

「iPhoneを探す」ために必要なこと

「iPhoneを探す」機能を利用するには事前設定が必要です。iPhoneのロックやデータ削除もできるため、すぐには使えないようになっているのです。

まず、iCloudを使える状態にする必要があります。iCloudとは、AppleがiPhoneユーザー向けに提供しているクラウドサービスです。この機能はデータ削除も想定しているため、iCloudを利用する前提となります。そのため、始めにiCloudにサインインする必要があります。サインインにはApple IDが必要になりますが、iPhoneユーザーであれば初期設定で作成済みです。Apple IDを持っていない場合は、公式サイトで新規取得しましょう。

次に「iPhoneを探す」機能をオンにする作業が必要です。通常はオフになっているので、設定ページからユーザー名を選び「iCloud」へ進みます。「iCloudを使用しているAPP」から「iPhoneを探す」を選んでオンにしましょう。この際、バッテリー切れ時の位置情報送信設定もオンにしておくと便利です。

最後に、位置情報サービスをオンにする必要があります。デフォルトではオフになっている場合があるため、「設定」-「プライバシー」-「位置情報サービス」-「システムサービス」から「iPhoneを探す」をオンにしましょう。位置情報サービス自体と「iPhoneを探す」の両方がオンでないと機能が使えません。

このように下準備が整えば「iPhoneを探す」が使えるようになります。しかし、電源オフやバッテリー切れ、通信圏外ではGPS情報が取れず利用できないので注意が必要です。

「iPhoneを探す」を使った調査方法

手順1. iCloudにログイン

まずは、パートナーのiPhone以外の端末からiCloudにログインしましょう。iPadやPCからはログイン可能ですが、Androidなど別OSの端末からはログインできません。重要なのは、自分のApple IDではなく、パートナーのiPhoneで使用しているApple IDでログインする点です。 

この際、「2ファクタ認証」がオンになっている場合は、6桁の認証コードの入力が必要になります。このコードはパートナーのiPhoneに届き、画面に表示されてしまいます。疑われずに利用するには、事前に2ファクタ認証をオフにしてからログインする必要があります。公式サイトでオフにできますが、この作業自体で2ファクタ認証が要求されるため、タイミングが限られてしまいます。

手順2. 「iPhoneを探す」を選ぶ 

iCloudにログイン後、「iPhoneを探す」を選択します。パートナーのApple IDとパスワードの入力が求められます。パートナーのiPhoneがインターネットに接続されていれば、現在位置が地図上に表示されます。接続されていなければ、最新の位置が表示されます。

「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」の各アクションを実行することも可能です。モバイル端末からはiPhoneの現在地までナビゲーション機能も利用できます。

手順3. 通知が届く

Apple IDでログインするとApple ID宛てに通知が届きます。メールアドレスにも通知が来るため、バレる可能性があります。ただし、内容はiCloudへのサインイン通知が中心です。アクションを起こさなくても通知は届くので注意が必要です。

「サウンドを再生」では、サイレントモードに関係なく大きな音が鳴ります。「紛失モード」ではiPhoneの利用が制限され、ロック画面にメッセージも表示できます。「iPhoneを消去」ではデータが消去され、位置追跡もできなくなります。浮気調査では、これらのアクションは避けたほうが無難でしょう。

「iPhoneを探す」はよくない?

機能のオン設定が必要

「iPhoneを探す」を使うには、事前にパートナーのiPhoneで機能をオンにする必要があります。しかし、他人のiPhoneを操作することに抵抗を感じる人は少なくありません。特に浮気を隠しているパートナーであれば、機能をオンにすることは難しいでしょう。機能に詳しいパートナーならわざと使えないよう設定していてもおかしくありません。

また、機能をオンにできたとしても、「iPhoneを探す」の成功率はパートナーの使い方に大きく左右されます。GPSがオフや電源オフでは利用できません。浮気を隠すのであれば、位置がわかる状態にしておくとは考えにくいです。浮気相手と一緒の時は電源を切っている可能性もあります。浮気調査を行う側と同様に、浮気をする側も気づかれないよう対策をとっている可能性が高いと考えるべきです。  

Apple IDとパスワードが必要

「iPhoneを探す」を使うには、パートナーのApple IDとパスワードが必要になります。Apple IDはiCloudの情報から特定できる可能性はありますが、パスワードの特定は極めて難しいのです。サービスを問わず、パスワードの特定は容易ではありません。

Apple IDの場合、パスワードを間違えるとロックがかかります。サポートに問い合わせてロック解除する必要があり、最悪の場合データが消えてしまう可能性もあります。パートナーであればメモ帳などから特定できる場合もありますが、浮気に使うiPhoneでわかりやすいパスワードを設定しているとは考えにくいでしょう。リスクを冒してパスワードを探るくらいであれば、他の浮気調査方法を検討したほうが賢明です。

気付かれるリスクが極めて高い

パートナーのiPhoneで2ファクタ認証がオンの場合、画面に認証コードが表示されてしまいます。公式サイトで2ファクタ認証をオフにできますが、その作業自体で認証を求められます。「iPhoneを探す」を使えば、必ずパートナーのiPhoneにセキュリティコードが送られてしまうのです。この通知は選択するまで画面に残ります。

さらに、位置情報の検索を始めると、パートナーのApple ID宛てに通知が届きます。通常の通知は日時しか表示されませんが、過去にログインした端末が分かると、それも表示されてしまいます。このように、「iPhoneを探す」は調査対象がパートナーであればあるほど、浮気調査に気付かれるリスクが高くなります。iPhoneを使い慣れたパートナーであれば、気付かれずに調査するのは事実上不可能に近いでしょう。  

「iPhoneを探す」機能のメリット

メリットはiPhoneを持っている方なら気軽に使える点です。料金はかからず、スマホの機能を利用するだけなので今すぐできます。こうしたGPS機能を使うものは、相手のスマホにアプリをダウンロードしたり設定したりしなくてはならない場合が多いですが、「iPhoneを探す」ならその必要もありません。

相手のiPhoneのApple IDとパスワードが分からない、そもそも夫婦のiPhoneは連携していないのなら使えませんが、自分自身がiPhoneを2台持っていればGPS機能を使って追跡できます。

「iPhoneを探す機能」のデメリット

一見メリットが大きく見えるこの機能での浮気調査ですが、実はデメリットの方が多いです。ここからはデメリットをいくつかにまとめたので、一緒にチェックしていきましょう。

そもそも「iPhoneを探す」が使えない場合がある

位置情報の利用をオンにしていなければ「iPhoneを探す」は利用できません。さらに、iPhoneを探すと位置情報がオンになっていても、使えないケースがいくつか考えられます。

例えば、端末本体の電源を切っている時は当然ながら使用できません。仕事や性格上、電源を切る癖がある人は要注意です。また、バッテリー切れの場合も、充電するまで使えなくなります。バッテリー切れ直前の位置情報は送信されますが、それ以降の動きはわかりません。

「iPhoneを探す」はパートナーの端末から情報を得る仕様のため、パートナーの使い方に左右されやすい点が特徴です。さらに、意外と見落とされがちですが、インターネットに接続していない場合も使えません。通信圏外や機内モードでは利用できませんので注意が必要です。事前の準備をしていても「iPhoneを探す」が役に立たない場面があることを理解する必要があります。

位置情報検索をした際に相手にバレる

従来の「iPhoneを探す」機能にはありませんでしたが、iOSアップデートによって現在では位置情報を検索すると、検索した端末に対してメールが届くようになっています。浮気調査のために使った場合、「浮気を疑っているのかも?」と相手に気付かせてしまうかもしれません。

また、位置情報検索をされて良い気持ちはしない点も留意しておきたいです。パートナーからの信頼が崩れると、浮気の前に夫婦関係が悪化してしまうことも。本当に浮気している場合も、「相手は浮気を探っている」と気づくことでより巧妙に隠されたり浮気相手と結託して証拠を残さないようになったりするかもしれません。

そもそも浮気調査のための機能ではない

文字通りiPhoneを探すための機能なので、浮気を調べるために特化したものではありません。メールが届くのも調査には不向きですし、そもそも浮気を隠したいのならパートナーもApple IDからログアウトするかもしれませんし、スマホの電源を落とすかもしれません。

GPS機能があるとはいえ、精度には欠けます。大体の位置しか分からないので、浮気相手とどこに行って何をしているのか詳しい点は調べられないのも、デメリットのひとつでしょう。

浮気の確実な証拠にはならない

例えiPhoneを探すで相手のスマホの位置が分かったとしても、それ自体が浮気の証拠にはなりません。浮気とは不貞行為のことで、「配偶者以外の異性と肉体関係を結んだら」不貞とされます。これを証明するためには

・ホテルなど宿泊施設に出入りする写真や映像

・行為中の写真や映像

・肉体関係を匂わせるやり取りや写真・映像

などが必要。GPS機能を使った「現在位置」だけでは浮気の証拠にはならないのです。

極端な言い方ですが、例えラブホテルにいたとしても浮気相手と一緒かどうかは分かりませんよね。もしかするとiPhoneを探すの機能上、位置が微妙にずれているかもしれません。

iPhoneを探すは確かに気軽に利用できる機能ではありますが、浮気調査ができるのかというとデメリットがやや目立ちます。リスクも高く、本当に浮気の有無を確かめたい場合にはおすすめできません。

iPhoneを使わない浮気調査方法6選

1. 車内を探す

浮気するとき、場所によっては車が必要になります。また、浮気に公共交通機関を使っていては目立つことがあったり、知らない間に友人・知人に見られたりすることがあるでしょう。そのため、浮気をする場合は車を使うほうがメリットが多いのです。また、いくら公共交通機関が発達している都市部であっても、車でないと行けない場所は数多くあります。そのような場所へ行って浮気するためには、車が必須です。

浮気に車を使うと移動中ずっと車内にいることになります。車内では飲み物を飲んだり、軽食を食べたり、スマートフォンを操作したりと、浮気相手はさまざまなことをして過ごします。そのとき、鞄の中のものが車内に落ちたりすることも考えられます。

落ちた場所が膝の上やシートの上であればすぐに気付きますが、足元に落ちたり、シートとセンターコンソールの台に落ちた場合にはなかなか気付きません。

配偶者が浮気(と疑われる行動)をしたあとには、車内をくまなく確認するとよいでしょう。このとき、人目につきやすい場所をいくら探してもあまり意味がありません。前述の通り、フロアマットの上や、助手席とセンターコンソールの間などあまり人目につかない場所を探しましょう。

場合によってはフロアマットの下やバックレストの付け根なども入念に探した方がよいでしょう。また、セダンやクーペなど荷室と客室が分かれている車ではトランクを、ハッチバックやミニバン、SUVなど荷室と客室が同一空間となっている車ではラゲッジスペースも確認しましょう。鞄などを出し入れするときに、鞄についたアクセサリーや繊維が落ちている場合もあります。

2. レシートを確認する  

使用済みのレシートが無造作にゴミ箱に捨てられている場合があります。配偶者が浮気(と疑われる行動)をしたあとには必ず確認するようにしましょう。また、配偶者が入念な場合は、他のゴミの下にあえてレシートを入れている場合があります。そのため、ゴミ箱の中のレシートを確認する場合は、一度すべてのゴミを出すほうが賢明でしょう。

レシートを探す気をなくさせるため、あえて生ゴミなどと一緒に捨てている場合もあるかもしれません。もちろん、生ゴミと一緒に捨ててあるレシートを触るのは嫌でしょう。しかし、浮気の事実を明確にすることと、一時的に自分の手が汚れることのどちらが大切か考えてみて下さい。

レシートを見るときは、まず買ったお店と買った品物、そしてその住所を確認しましょう。普段行くようなお店なのか、普段買うようなものなのか、あるいは普段行くようなエリアなのかを確認するだけでも調べる価値があります。お店と買ったものを見て、普段の行動から想像できないなら、その時点で疑ったほうがよいかもしれません。

また、お店や買ったものは問題なくても、普段行かないような地域かもしれません。そのようなときは、そのレシートのお店の付近に浮気に使われるようなホテルなどがないか確認しましょう。

あるいは、レシートのあるお店の従業員が浮気相手の場合もあります。お店で何か購入し、浮気相手の仕事が終わってから会っている可能性も考えられます。レシート一枚から考えられる可能性は多数あるため、一見問題のないレシートでも、きちんと観察するようにしましょう。

3. 鞄の中を探す

配偶者の鞄は、スマートフォンのように誰にも見られたくないプライベートな空間です。いくら配偶者といえど、まさかあなたに見られることを前提には考えていないでしょう。そのため、浮気の証拠が見つかることも多々あります。

しかし、そのためには普段から配偶者の持ち物や使うものをきちんと把握しておく必要があります。ただ単純にどのようなものを使うかだけでなく、タバコであれば銘柄、時計であればブランド名など詳細に把握しておかないと意味がありません。鞄の中を探す前に、こういった情報収集からはじめた方がよいかもしれません。

情報収集が済んだところで鞄の中を探します。そうすると、普段配偶者が使わないものが見つかるかもしれません。鞄を探す際は念の為手袋をするようにして、中身は可能な限りもとの場所に置く(入れる)ようにしましょう。

万が一、配偶者が「誰かが鞄の中を探った」と気付き、あるいはなくなった物があるとき、警察に相談するかもしれません。そして、警察で事件性が疑われ捜査がはじまったとき、あなたの指紋が検出される恐れがあります。そのため、鞄の中を探すときは、念の為手袋をするようにしましょう。言うまでもありませんが、あなたの長い髪の毛を鞄の中に落とさないように気を付けましょう。

4. クレジットカードや電子マネーの履歴を確認する

レシートと同様にクレジットカードや電子マネーの履歴には重要な証拠が隠れている場合があります。入念に探してみる価値があるでしょう。しかし、クレジットカードの場合、家族カードでない限り履歴を見るにはパスワードが必要です。事前にパスワードを入手するか、紙の明細を利用している場合は、それを入手するようにしましょう。

電子マネーの明細は、基本的に利用者、つまり配偶者のスマートフォンから閲覧する必要があります。しかし、いくら配偶者と言えど無断でパスワードを入力してスマートフォンを操作する行為は法律に抵触する可能性があります。大きなリスクを冒してまで無理に閲覧しようとするのはやめましょう。

5. ポケットの中を探す

ポケットの中身は意外な盲点です。レシートを受け取ったとき咄嗟にポケットの中に入れたり、浮気相手から小さなプレゼントなどをもらったときにポケットに入れたままになっていたりします。入れた本人も忘れている可能性がありますが、覚えている場合はすぐに回収されてしまうため、できるだけ早く確認するようにしましょう。

また、ポケットを確認する際、衣服についた香りも確認するようにしてください。普段、あなたが使わない香水の香りがするようなら、もしかすると浮気しているかもしれません。

6. 盗聴器を設置する

日本において、盗聴器を設置する行為そのものは違法ではありません。ただし、設置する場所は夫婦の共有財産でなければなりません。そのため、例えば配偶者の車に設置するのは問題ありません。しかし、浮気相手の車に設置したり、婚姻関係のない彼氏や彼女の自宅等に設置するのは法律に抵触する可能性があります。また、スマートフォンの電波を傍受して行う盗聴は、スマートフォンが夫婦共有の財産であっても法律に抵触する可能性があるため、注意して下さい。

監視カメラやGPS発信機も基本的には同じ考え方になります。盗聴や監視には費用もかかるため、導入を検討する際は費用対効果を十分検討する必要があります。また、違法な行為によって得た証拠は、離婚裁判などでは証拠能力を認められない可能性が高いため、注意が必要です。

盗聴器や監視カメラの設置は、全国的に見ても比較的一般的な浮気調査方法の一つとなっています。しかし、浮気調査以外の目的で利用した場合は違法になるケースがあるため、利用目的を明確にしておく必要があります。

おすすめの浮気調査

iPhoneを探す機能を無理に使うよりも、相手の行動をチェックするだけで浮気の可能性を測ることはできます。

・スマホを隠そうとしているか

・最近外出頻度が高くないか、仕事などの理由で家を留守にしていないか

・新しい洋服を購入するなど、身なりを気にしていないか

このように、浮気する方の特徴に当てはまるかを見ていきましょう。その上で、浮気をきちんと調べたいのであれば探偵や興信所の浮気調査をおすすめします。

調査会社の浮気調査メリット

浮気調査のメリットは、自分で調べるよりもはるかに詳しい部分が、短い調査期間で分かることです。浮気を疑ってパートナーに不審感を抱く間は、誰しも「浮気しているのかな?」「誰と浮気しているんだろう」と悲しく孤独感を覚えるかもしれません。この精神的苦痛を早く軽減できるのが、浮気調査です。

また、浮気によって「離婚したい」「慰謝料請求したい」といった交渉をパートナーとする場合にも浮気調査は活躍してくれます。慰謝料額や示談の内容によっては双方の意見が食い違うことがありますが、浮気の証拠があれば立場をはっきりさせられますよね。

浮気調査で最後に入手できる浮気調査報告書は、示談や話し合いの場でも「浮気の動かぬ証拠」として扱うことができます。調停や裁判でも証拠になるので、今後相手と話し合う可能性が高い方はプロの意見も参考にしてみましょう。

専門家監修

この記事の著者:探偵社PIO 浮気・素行相談員 S.Y

浮気・素行・離婚関連の相談員プロフェッショナル。相談員歴8年。
年間400人以上もの相談を受けている。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page