探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気の定義はなに?法律上の定義から慰謝料請求の条件まで徹底解説!

「どこからが浮気?」そんな疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか。

異性と2人で食事に行ったら浮気なのか、メッセージのやり取りも控えた方がいいのか、浮気の定義が気になりますよね。

人によってボーダーラインが違うので、浮気の定義は曖昧です。一方で、結婚している夫婦間では、法律上の浮気の規定があることを知っていますか?

この記事では、カップル・夫婦間の浮気の定義から、浮気された場合の慰謝料請求の条件まで徹底解説します!

浮気の定義はなに?カップルと夫婦にわけて解説

文字通り「浮ついた気持ち」を表す浮気。一般的には、パートナー以外の異性に心を移すことを言いますよね。浮気とひと口に言っても、人によってボーダーラインが異なります。

まずは、カップルと夫婦にわけて、浮気の定義を紹介します。

人によって定義が違う!?カップルの浮気

結婚していないカップルの場合、明確に決められた浮気の定義はありません。人によって、浮気になるボーダーラインは様々。自分は浮気をしたつもりがなくても、パートナーにとっては浮気だった、なんてこともありますよね。

たとえば、次のようなパターンが考えられます。

・肉体関係を持ったら

・キスをしたら

・手をつないだら

・ 2人だけで食事に出かけたら

・パートナー以外の異性を好きになったら

ただの好意から肉体的な関係まで、幅広くボーダーラインが存在します。  一般的には、肉体関係を持ったらアウト。キスや手をつなぐなど、身体的な接触がある行為も浮気と考える人が多いのではないでしょうか。

また、「異性と2人で食事に行くのはいいけど、黙って行ったら浮気」など、条件が付けられることもあります。知らないうちに浮気をしていた、なんてことを避けるためにも、どこからが浮気なのかパートナーと認識を合わせておくと良いでしょう。

民法上の定義あり!夫婦の浮気

結婚している夫婦の場合、民法で定められた浮気の定義があります。 その定義とは、「パ配偶者以外の異性と肉体関係を持つ」こと。法律上では、「不貞行為」と言います。

不貞行為をした人は、法的なルールを破ったことになり、離婚や慰謝料を請求される可能性があります。

もちろん、たとえ肉体関係を持たなくても、浮気は夫婦間の信頼を崩す行為です。

また、夫婦であっても「浮気だ!」と認識するボーダーラインは人それぞれ。トラブルを起こさないためにも、お互いが嫌がるポイントを把握できるといいですね。

法律で定められた浮気「不貞行為」とは?

先述の通り、結婚している夫婦間には、法律(民法)で定められた浮気「不貞行為」があります。不貞行為は、パートナーから離婚や慰謝料を請求される可能性がある、重大なルール違反です。

ここでは、不貞行為の判断基準や該当する・しない具体的なケースを紹介していきます。

不貞行為の判断基準は「肉体関係の有無」

不貞行為とは、民法第770条第1項に記載されている、離婚の理由となる行為です。

民法 ​​第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

引用:民法

条文には書かれていませんが、判例上、不貞行為は「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」と定義されています。

そもそも結婚は1種の契約であり、結婚している夫婦は互いに「貞操義務」を負うことになります。この貞操義務とは、夫婦が互いに、性的な純潔を保つこと。貞操義務に反する行為は、「不貞行為」として離婚の原因になるのです。

「不貞行為」にあたるケース

パートナー以外と肉体関係を持つ場合、いろいろなシチュエーションが考えられますよね。「不貞行為」にあたる具体的なケースは、次のような場合があります。

・継続的な肉体関係を伴う交際

・パートナー以外の異性との同棲

・酔った状態で肉体関係を持った

・誘いを断りきれず肉体関係を持った

・異性と2人きりでラブホテルで長時間過ごした

上記の例に加えて、売春・買春なども不貞行為にあたります。また、同棲やラブホテルの滞在などは、肉体関係を伴うことが通常なので、不貞行為とみなされます。

ここでのポイントは、本人の意思でパートナー以外の異性と肉体関係を持ったか、です。強制された肉体関係の被害者の場合は、不貞行為にあたりません。

キスやハグは「不貞行為」にあたらない

では、キスやハグはどうでしょうか?パートナーが自分以外の異性と、キスやハグをしていたら一般的には「浮気だ!」と思ってしまいますよね。

結論からいうと、キスやハグのみでは、不貞行為にはあたりません。あくまで、「肉体関係があるか」が重要なので、2人で食事に行く・手をつなぐ・抱き合う・キスするのみの場合は、不貞行為ではないといえます。もちろん、片想いなど気持ちだけの浮気も不貞行為にはあたりません。

また、離婚や慰謝料請求ができるほどの不貞行為なのか、微妙なケースもあります。

・同性との肉体関係

・1回きりの肉体関係

・風俗などの性的サービス

不貞行為は、あくまで異性との肉体関係の有無を基準にしているので、浮気相手が同性の場合は想定されていないのが現状です。また、「夫婦としてやり直せる」と判断される1回きりの関係や、本番行為がない性的サービスは、離婚を認める理由にならないと判断される場合があります。

浮気された場合の慰謝料請求の方法は?

「パートナーが浮気をしているかも」そう考えるのは辛く悲しいことですが、浮気の内容が不貞行為にあたる場合、パートナーや浮気相手に対して慰謝料を請求できます。

慰謝料請求の際に大切なのが、請求できる条件を満たし、十分な証拠が揃っていることです。

ここでは、浮気の慰謝料請求に必要な条件や証拠、請求方法まで解説します。

浮気の慰謝料請求の条件は?

パートナーが肉体関係を伴う浮気をしていた場合、パートナーと浮気相手の両方に慰謝料を請求することができます。慰謝料を請求する際の条件は、次の通りです。

・不貞行為の時点で、パートナーと婚姻関係がある

・パートナーの不貞行為を知った時点から3年以内である

・(浮気相手に請求する場合)既婚者と知りながら行為に及んだ

結婚していないカップルや、結婚生活が破綻している夫婦の場合は、不貞行為として認められません。また、慰謝料の請求は、不貞行為を認識した時点から、原則3年で時効が成立してしまうので注意しましょう。

浮気相手に慰謝料を請求する場合は、既婚者と知った上で行為に及んだかどうか、がポイントになります。

慰謝料の額は、浮気の期間・頻度がどの程度だったかその後離婚に至るかどうか、浮気によって受けた精神的苦痛の重さによって変わります。一般的には数十万〜300万円が相場です。

慰謝料請求に必要な証拠は?

裁判にて慰謝料を請求する場合は、パートナーが不貞行為を行った証拠が必要不可欠となります。不貞行為は「肉体関係を伴う浮気」を意味するので、肉体関係を証明することが何より大切です。

具体的には、次のような証拠を集めましょう。

・肉体関係を認める書面・録音データ

・夫婦間では使わない避妊具や性道具

・ラブホテルの領収書・クレジットカードの明細

・ラブホテルや浮気相手の自宅などに入るor出る写真

・2人きりでの宿泊や肉体関係を持ったことがわかるメール

どんな証拠の場合でも、複数回にわたって関係を持ったことが証明できると、不貞行為と認められやすくなります。ラブホテルに入る写真や、浮気相手の自宅に長時間滞在したことを証明る写真などがあると、強い証拠となるでしょう。

慰謝料を請求する方法は?

浮気の証拠が揃ったら、主に「話し合い」か「訴訟」の、2つの方法で慰謝料を請求します。

1つ目は、「当事者間の話し合い」で請求する方法です。この場合、当事者間で慰謝料額を提示し、相手に認められれば解決となります。

口頭ではうまく伝えられない、感情的になってしまい話し合いが進まないなどの場合は、第三者に同席してもらうほか、メールや書面で伝えることも可能です。ただし、口頭での話し合いの場合も、理解の違いが出ないよう、議事録を作成しておくことをおすすめします。

慰謝料を請求する側は、ネット上の事例などを参考にしながら、請求することになるでしょう。

2つ目は、訴訟で請求する方法です。この場合、裁判所から慰謝料支払いの判決を得ることで、解決となります。

配偶者が話し合いに応じてくれない場合や、話し合いでは解決しない場合に、取ることができる手段です。訴訟での請求は、判決が出るまでの1〜2年という時間と弁護士費用がかかることが多いので、まずは話し合いでの解決をおすすめします。

浮気の定義はパートナーとすり合わせよう!

浮気は、パートナーを裏切り、傷つける行為ですが、人によって定義は様々。トラブルを避けるためにも、パートナーとは浮気の定義をすり合わせておくことをおすすめします。

また、万が一、夫婦間での浮気が疑わしい場合は、事実を確認することが大切です。離婚や慰謝料請求を検討するなら、十分な証拠を集めましょう。

探偵興信所PIOでは、浮気調査の相談を無料で受け付けています。専門の相談アドバイザーがきめ細かく要望をお伺いするので、お気軽にお問い合わせください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら