探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵に依頼するさい失敗しないための対策は?パートナーに言い逃れさせない対策も合わせて解説!

パートナーの行動が怪しい…自分でも調べてみたけれど明確な証拠がなく、悩んでいる。

「浮気調査の専門家へ依頼をしてみたいけど、失敗したらどうしよう?」

と一歩踏み出せないという方はいらっしゃいませんか?

この記事では初めて探偵へ依頼するという方のために、探偵選びに失敗しないための対策を解説していきます。

また浮気の証拠がつかめた場合でも、パートナーに言い逃れをされてしまうケースも多いので言い逃れさせないための対策も合わせてお伝えします。

探偵選びに失敗しないための対策3つ!

自分の調査目的を明確に

まず、自分が探偵に調査を依頼する目的を明確にしておくことをおすすめします。

浮気調査を依頼される方の目的は主に、以下の3つです。

・離婚して慰謝料を請求し今後の展開を有利に進めたい

・浮気の証拠をつかんで話し合いをしたい

・浮気をしているか否かの事実を知りたい

目的によって、最適な調査期間は異なります。短くて済むものもあれば、長期間にわたる調査が必要な場合もあるでしょう。

自分でもどうしたいのかわからない…そうした方はまずは無料相談などを利用して自分の気持ちを聞いてもらうことから始めるといいでしょう。

事前に情報を収集しておく

浮気調査において、調査が失敗する可能性もあります。

調査が失敗したケースとしては、主に以下のようなものがあります。

・浮気かと思ったが実際には浮気をしていなかった

・肉体関係のないプラトニックな関係だった

・不特定多数の異性と不貞行為を繰り返していた

費用を払って、こうした結末では悔しいもの。

こうした失敗をしないために大切なのが「事前準備」です。

「いつも〇曜日の×時から浮気をしているようだ」というように、行動パターンが詳細にわかっていれば浮気調査の成功率は高くなります。

逆に何もわかっていない状態では、調査期間も長くなり、それだけ費用もかかるので覚えておきましょう。

パートナーの行動をノートなどに記載しておいて、事前に情報を集めておくことをおすすめします。

実績のある信頼性の高い探偵業社に依頼する

浮気調査の専門家といっても、そのレベルは千差万別です。

費用の安さだけで依頼先を決めてしまうと、後から高額な請求をされたり、きちんと調査をしてもらえなかったりと後々のトラブルに発展するリスクも。

依頼をするさいは、実績のある信頼性の高い探偵業者を選びましょう。

以下の3点は、正しく探偵業法に則って探偵業を営んでいることの目安になるのでぜひ覚えておきましょう。

・ホームページなどで探偵業届出番号を掲載している

・調査ポリシーを明確に提示している

・契約のさい、重要事項について説明をしている

探偵業を営む場合、管轄の警察署に届出をだして公安委員会から「探偵業届出証明書」を交付される必要があります。この証明書には探偵業届出番号が記載されており、この番号は依頼する人がすぐにわかる場所に掲示することが義務付けられています。ホームページなどで簡単に確認できるので、依頼のまえに番号をチェックするようにしましょう。

また調査ポリシーの提示も大切です。

せっかく浮気の証拠を入手しても、それが違法な手段で得たものであった場合、裁判では無効になる可能性も。

まっとうな探偵業者であれば、合法的な手段と正しい調査方法に基づいて証拠を入手するもの。調査ポリシーが曖昧な業者には依頼しないほうが無難です。

また、契約のさいは、重要事項について説明することが探偵業法によって定められています。

代表者の氏名や、契約の解除に関する事項など、その名の通り重要な事項が記載されている書面です。調査前にこうした手続きをきちんと行っているかもチェックすべきポイントです。

パートナーに浮気の言い逃れをさせないための対策!

調査を悟らせない

パートナーの浮気を疑っている場合、それを悟られないようにしましょう。

というのも「もしかして、浮気していることがバレている?」と調査対象者に勘づかれると、警戒して浮気の証拠を隠滅したり、不貞行為を自重したりして事実がわかりにくくなるためです。

自力で浮気調査を行う場合、一番難しいのがこの部分です。

その点、探偵に依頼すれば自分は普段通り生活するだけ。

尾行や張り込みをするのは、調査対象者が知らない第三者ですから気付かれる心配も少なく済みます。

証拠を複数用意しておく

1度きりの不貞行為の写真などでは「これ一度だけのこと」「魔が差しただけ」と言い逃れをされてしまい、結局うやむやにされてしまう可能性があります。

証拠は複数用意しておき、言い逃れができないようにしておきましょう。

そのさい、写真や動画は「被写体が誰か明確にわかるもの」である必要があります。

ピンぼけの写真では「これは自分ではない」と逆ギレされたり、不貞行為を認めなかったりされるケースが多いので要注意。

鮮明な証拠写真を複数用意することが必要となります。

専門家へ依頼すれば、普段から使い慣れた専用機器を使用するので第三者から見ても被写体がすぐにわかる鮮明な証拠写真を入手できるでしょう。

法的に有効な証拠を合法的な手段で入手する

実はパートナーのスマホを勝手に見たり、浮気防止アプリをダウンロードしたり、勝手にGPSや盗聴器をしかけると違法性を問われる可能性があります。

自分で浮気調査をする場合、手段が合法か違法かのボーダーラインは、わかりにくいもの。

違法性のある手段で入手した証拠では、相手に言い逃れの機会を与えるだけでなく、逆ギレされるリスクがあります。さらに、裁判ではこうした証拠は有効とは認められません。

探偵であれば、法的に有効な証拠を合法的な手段で入手することができます。

法的に有効な証拠があれば今後の展開が有利になる

浮気相手に慰謝料を請求し関係を解消させる

法的に有効な証拠があれば、浮気相手に慰謝料を請求し関係を解消するよう要求可能です。

夫婦関係の修復を考えている場合は、これがおすすめです。

パートナーからの離婚請求を拒否できる

もし浮気をしているパートナーが、あなたと離婚して浮気相手と再婚する準備をしていた場合に、パートナーからの離婚請求を拒否できます。

不貞行為を働いたパートナーは「有責配偶者」と呼ばれます。有責配偶者からの離婚請求は認められないため、離婚を回避することが可能です。

自分に有利な条件で離婚の話し合いができる

浮気をするパートナーとは離婚したいと考えている場合、法的に有効な証拠を提示することで離婚に関する条件を自分に有利なように話し合いができます。

今後の展開で主導権を握りたいのであれば、まずは有利な証拠を入手することから始めましょう。

探偵へ依頼するさい失敗しないための対策は?

探偵に浮気調査を依頼したいけど、失敗したら怖い…こんな風に考えて、一歩踏み出せないという方は多いものです。

探偵に依頼する前に、まず自分の調査目的を明確にしておきましょう。単に事実が知りたいだけなのか、裁判でも使えるような証拠が欲しいのかによって、調査内容が変わります。

また業者を選ぶ際は、調査ポリシーを明確にしているか、探偵業法届出番号を掲示しているかをチェックしてください。

違法性のある方法で入手した証拠は、裁判では無効になってしまうためです。

証拠を掴んだ後も、パートナーに言い逃れされないように要注意です。

パートナーに浮気を疑っている事を悟られないこと、証拠を複数用意しておくことがポイントです。

探偵興信所PIOなら、合法的な手段で法的に有効な証拠を入手するお手伝いできます。あなたが明るい未来へ一歩踏み出せるよう、まずはご相談ください。相談、お見積もりは無料です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら