探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

【定義】どこからが浮気なのかを法律の観点から解説

浮気に対してのボーダーラインは人それぞれ違います。

キスをしたら浮気になるという人もいれば、異性と話すだけでも浮気と感じる人もいます。

みなさんはどこからが浮気のボーダーラインなのか知りたいと思いませんか。

本記事では、法律の観点で見た浮気のボーダーラインを解説しています。

他にも男女別のボーダーラインや浮気を許すラインも解説しています。

【定義】どこからが浮気なのかを法律の観点から解説

結論からいうと、浮気のボーダーは法律でしっかり定まっていません。

とはいえ浮気ではなく不倫のボーダーラインは民法で定まっているので、そこから浮気の範囲もある程度理解できます。

それでは解説していきます。

浮気は「肉体関係の有無」がボーダー

浮気は「肉体関係の有無」がボーダーラインになってきます。

民法770条において、法廷離婚事由の中に不貞行為が含まれています。

不貞行為とは肉体関係のことをいい、いわゆる不倫のことを指しています。

つまり、浮気のボーダーは肉体関係に至るまでのキスなどの広い範囲となります。

未婚カップルの浮気は問題にならない

離婚の訴えを起こし、慰謝料の請求を行うことができるなどの点で法律が守ってくれるのは、原則既婚者や婚約者の不貞行為のみです。

未婚のカップルに貞操義務は無いので、パートナーが浮気をしたからといって慰謝料を請求するのは少し難しいでしょう。

肉体関係以外に浮気と判断されるケース2つ

中には浮気の範囲であっても法律上慰謝料が発生するケースがあります。

それが次の2つです。

●内縁関係にある

●結婚の予定が具体的に立っている

こちらを詳しく解説していきます。

内縁関係にある

客観的に夫婦関係があるように判断される内縁関係であれば、浮気をしたときに法律上は慰謝料の請求が可能です。

婚約の場合も同じで、例えば式場を回っていたり、結納を済ませていたりなどの客観的事実があれば貞操義務を負うことになります。

結婚の予定が具体的に立っている

こちらは結婚しようといった口約束とは違います。

例えば結婚予定のパートナーを両親に紹介していたり、結婚式場の予約をすでにしていたりなどの第三者を巻き込んだ行為があれば、浮気でも貞操義務を負うことがあります。

【どこから】男女別の浮気のボーダーは?

ここからは、一般目線の浮気のボーダーラインを男女別に解説していきます。

一般的なボーダーが分かれば浮気の判断やトラブルの回避に役立ちますよね。

それでは解説していきます。

男性が思う浮気のボーダー

男性が思う浮気のボーダーラインは、「こっそり異性と二人きりで会う」です。

友達であればこっそり会う必要はないですよね。仮に浮気をしていなかったとしても、少し信用がなくなるかもしれません。

女性が思う浮気のボーダー

女性の思う浮気のボーダーラインは、下心を持ったら浮気です。

少し厳しい感じはしますが、こちらがボーダーラインだそうです。

この場合の下心は、街で女性を目で追いかけるなどではなく、恋愛に発展する可能性のある距離感の人に下心を持った場合のことを指します。

確かに近い距離にそういった女性がいたら不安になりますよね。

自分がされて嫌なことが浮気の基準になっている

男女別の浮気のボーダーラインを見てみると、個人的にされると嫌なことが浮気のボーダーラインになっています。

人によってこれは浮気じゃないと思うことも、パートナーから浮気と判断される可能性があるということです。

こういったトラブルになる原因を無くすためにも、あらかじめパートナーとの浮気の基準を合わせておくのがベストでしょう。

浮気を許すか許さないか

あなたがもしパートナーに浮気をされていたら、あなたとしてはショックでもう相手を信用できないですよね。

しかし、パートナーを愛しているからこそ許してあげたい気持ちもあると思います。

ここからは、浮気を許していい場合と許さなくていい場合のパターンを解説していきます。

浮気を許してもいい場合

浮気はもちろん許しがたい行為です。

しかし、その浮気がどうしても避けられなくて深く反省しているのであれば、許してあげても良いかもしれません。

浮気は、された側にも何か問題がある可能性もあります。

一度話し合ってしっかりお互いを分かり合うことができれば、また関係をやり直すこともできるでしょう。

浮気を許さなくていい場合

例えば、性欲を満たすために自ら誘って浮気をしたケースです。

この場合の浮気を許した場合、落ち着いた頃にもう一度同じことをする可能性があります。

反省の色があるのであれば許すことも良いかもしれませんが、基本はおすすめしません。

浮気再発を感じたら探偵で証拠集めをしよう

「あれ?もしかしてまた浮気している?」と思うような、浮気の再犯を想起させる行動をパートナーがしていませんか。

浮気の再犯を感じたら、前回のような話し合いではおそらく解決できません。

お互いの関係が上記で解説した貞操義務を負う条件に当てはまる場合、探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を集めることをおすすめします。

あらゆるパターンの浮気調査をしてきたプロの調査員が、パートナーの浮気の証拠をばっちり掴んでくれます。

その証拠を突き付けることで、場合によっては慰謝料の請求ができるかもしれません。

パートナーに浮気の慰謝料を請求するには

浮気をされたときに、パートナーに慰謝料を請求する方法の1つ目が話し合いです。話し合いの様子は録音しておき、内容がまとまれば示談書を作成します。話し合いで解決しないときは、家庭裁判所で離婚調停を行いましょう。それでも慰謝料について解決しない場合は、民事訴訟で決着をつける方法もあります。

話し合いで慰謝料を請求

浮気相手と話し合いをし、慰謝料を請求します。話がまとまったら慰謝料の金額と支払い期日、万が一支払いが遅れた場合はどうするかなどをまとめて示談書を作成します。

話し合いと示談書の作成までを自分だけで行うことは可能ですが、冷静に話し合いができない、示談書に盛り込むべき内容がわからないとお困りの方は弁護士に相談するとよいでしょう。

話し合いの様子はできるだけ録音しておくと、後で訴訟に発展したときに証拠にも使えます。自分との会話であれば相手の承諾なしに録音可能ですから、話し合いの場にはICレコーダーなどを持ち込むことをおすすめします。

離婚調停で慰謝料を請求

浮気相手が話し合いに応じない、内容証明郵便で慰謝料請求をしても対応してもらえない場合は、一般的には家庭裁判所で話し合いをする「調停」を行います。

調停では第三者である調停委員を交え、自分と浮気相手双方の言い分を出し合います。それをまとめた調停案が裁判所から提示され、双方が合意すれば成立となります。

調停は1回につき2時間程度かかり、1か月〜1か月半に1回のペースで行われます。平均は半年程度ですが、合意がまとまらず難航すると2年以上かかるケースもあります。

調停には浮気の事実を示す決定的な証拠が必要です。証拠がないと浮気相手が浮気を認めず、調停でも話がまとまらない可能性があります。

調停がスムーズに終わるようにするには、慰謝料請求に慣れた弁護士に依頼するのがおすすめです。必要書類を揃えるのも大変なので、弁護士に相談しながら進めるとよいでしょう。

民事訴訟で慰謝料を請求

残念ながら話し合いと離婚調停で慰謝料についてまとまらない場合は、訴訟を起こすこととなるでしょう。民事訴訟を起こすためには、訴状と証拠が必要です。

訴状とは裁判を起こす人である原告の主張を記載し、裁判所に最初に提出する文書をいいます。訴状をもとにして裁判は進められますが、裁判の結審までいかず和解で終わるケースは多くあります。

和解調書は結審で確定した判決と同じ効力があり、慰謝料支払いの手続きも進められます。民事訴訟は個人でも可能ですが、複雑な訴訟手続きを満足に行うためには弁護士に依頼しましょう。当事者尋問以外は、自分の代わりに弁護士に出廷してもらうこともできます。

男女のギャップを埋めて恋人・夫婦のお付き合いを続けるためのポイント

浮気に関しては、男女間でギャップが生じがちです。ギャップを埋める努力をお互いにすることで、お付き合いを長く続けられます。自分から積極的に情報を共有し、なんでも気軽に言い合える仲を目指すとよいでしょう。

お互いが考える浮気のボーダーを擦り合わせておく

あらかじめパートナーと浮気のボーダーラインを擦り合わせ、共有しましょう。自分では浮気にならないと思っていることが、相手には浮気と感じることも少なくはないからです。

浮気のボーダーラインを共有しておけば、いきなり相手に責められたり、ケンカになったりすることが減るでしょう。そしてお互いに相手が不快にならないように行動するようになって、良好な関係を一層保ちやすくもなります。

相手にして欲しくない状況は伝えておく

浮気のボーダーラインがどこになるかは、一人ひとり違います。おおよそ男性よりも女性の方が浮気と思うラインが厳しい傾向ですが、それぞれの感覚により大きく異なることを知っておきましょう。

自分がパートナーとの関わりでもやっとしたことがあれば、その都度「こういうことはやめて欲しい」と具体的に伝えましょう。一緒に「浮気したら別れるよ」とくぎを刺しておくのもおすすめです。

連絡を密にして隠し事はしないように

男女のお付き合いを続けるなら、さまざまなことを気軽に言い合える仲が理想です。隠し事がなくなると、浮気についても風通しのよい関係を維持できるでしょう。

スケジュールアプリで互いに予定を共有しておくと、要らぬ心配をせずに済みます。自分から「〇〇さんとA駅の近くで食事してくるね」などと話すようにしていれば、パートナーも進んで予定を話してくれるかもしれません。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら