探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気の隠れたピークシーズン「年末年始」なぜ増えるの?対策法は?

夫婦間のトラブルとして絶えない浮気。年中浮気に対する相談は絶えませんが、実は浮気調査を行う調査機関では「このシーズンは浮気調査の依頼が増える」というピークシーズンがあることをご存じですか?今回はその中でも、バレンタインデーやクリスマスなどのピークシーズンから隠れた存在の年末年始に注目します。なぜ年末年始に浮気は増えるのか、またその対策法もあわせて見ていきましょう。

浮気のピークシーズンとは

年間を通じて浮気の悩み、浮気調査の依頼は絶えませんが、季節によっては件数が増えることがあります。そのピークシーズンとは、「クリスマス」「バレンタインデー」などの恋人同士のイベントがある時期です。

恋人同士のイベントといっても、クリスマスやバレンタインデーは通常であれば家族で過ごすイメージが強いでしょう。そのため、浮気=不貞行為が多くなる印象が薄いかもしれませんが、不倫関係の男女においても恋人同士のイベントを大切にする人は多く、当日を避けて浮気する機会は増えます。

また、クリスマス・バレンタインデー以外だと盆休みやゴールデンウィーク、シルバーウィークなどの長期休暇前後も浮気のピークシーズン。単純に仕事がないため自由にできる時間が増える、会社で出会う浮気カップルであれば休暇中に一度はデートの予定を立てることが多いなどの理由から、長期休暇も浮気が増える時期と言われています。

「年末年始」なぜ増える?

では、年末年始はなぜ浮気が増えるのでしょうか。ここからは年末年始に増える浮気の理由を考えてみました。すべてのケースが当てはまるわけではありませんが、浮気が増える仕組みを知っておくと配偶者の浮気を見抜くヒントになるかもしれません。早速、チェックしていきましょう。

出かける口実が増えるから

ほとんどの企業が年末年始は休暇となり、年末は仕事納めを行います。忘年会や年末の接待が増えるのもこの時期。また、年末年始の休暇に合わせて仕事量が増える業界も多いでしょう。

そのため、「残業があるから」「忘年会がある」と出かける口実を簡単に作ることができます。普段であれば頻繁な飲み会や残業・休日出勤は怪しまれますが、年末年始であれば配偶者に対しても「仕事が忙しそうだな」と不審に思う人も少ないはずです。

仕事が休みになり必然的に時間が増えるから

単純に年末年始の休暇が始まると、その分自分の時間が増えます。先ほどご紹介したように、休みであるにもかかわらず仕事だと言い訳をすれば、その分浮気がしやすい環境が作れるでしょう。

忘年会や飲み会、同窓会が増えるから

浮気が増えるきっかけというよりも、浮気が始まる可能性が高いのも年末年始の特徴です。年末の忘年会や年が明けたあとの新年会では、同じ職場だけど普段は話すことのない人とも交流できる場。そこで知り合い、仲が深まり浮気に発展することもあるでしょう。

さらに年末年始に地元へ帰省することで、同窓会が開かれる可能性も考えられます。同窓会は元々親しくしていた異性や、元交際相手と再会するきっかけにもなり、比較的浮気が起こりやすいと言われている飲み会のひとつです。

年末年始の浮気を見破る方法

年末年始よりも以前から配偶者の浮気が怪しいと思っていた人や、年末年始に合わせて浮気調査を依頼したい人へ向けて、浮気をチェックするタイミングをご紹介します。

長期休暇前に「残業」「休日出勤」がないかをチェック

残業や休日出勤は浮気の口実としてよく使われるもの。さらに年末年始だと、繁忙期や仕事納めに向けて稼働量を増やす企業は多く、疑う余地もないことが特徴です。とはいえ、「例年はなかったのに」「突然残業が増えた」といういつもとは違う行動が見られたら注意しておきましょう。

最近では新型コロナの影響から、残業や休日出勤の数を減らす企業が多いです。それでも「仕事に出かける機会が多いな」と感じたら、注意深く配偶者の動向を見守っておきましょう。

調査をするなら「年明け」がおすすめ

年末年始に増える浮気ですが、実際に浮気を巧みに隠す人は「家族で過ごす」イメージの強い休暇中は浮気をしないことが多いです。年末年始というだけで疑われる可能性が高く、ばれるリスクがあるのに浮気をするのはメリットが少ないからです。

しかし、年明けであれば年末年始に会えなかった分を埋め合わせるためにデートをしたり、休暇中のお土産などを渡す口実を作って浮気をしたりするでしょう。もし、浮気の証拠を掴みたいのであれば、年末年始の休暇中だけでなく休暇明けも要注意。調査を依頼するなら、年末年始明けで仕事が休みになるタイミング、1月の祝日などを狙うのもおすすめです。

証拠を掴むなら「浮気調査」を依頼する

浮気は自分でも調べることはできます。しかし、一人だと確かな証拠が掴めない上、浮気を疑っていることが相手にばれる可能性も十分に考えられます。また、浮気を調べる目的として最終的に慰謝料を請求したいのであれば、浮気の有無の他に浮気相手の情報も大切です。なぜなら、慰謝料請求は本名・住所を正確に把握していなければ浮気相手には慰謝料請求ができないから。そして浮気相手の情報も含めて一人で調べるのは相当な労力と時間がかかります。

このため、浮気の有無をはっきりさせたい場合や浮気の証拠をもとに話し合いがしたい、慰謝料請求がしたいのであれば、浮気調査をプロに依頼することをおすすめします。調査料金はかかりますが、自分で行うよりもはるかに少ない時間で効率的に、確実な証拠が手に入るでしょう。

まとめ

長期休暇やクリスマスなどのイベント。浮気が増えるタイミングは年の中でいくつかありますが、年末年始も同じように浮気のきっかけ・不倫が増えるシーズンです。クリスマスに注目されがちではありますが、パートナーの浮気に悩む人は年末年始を目途に浮気調査を依頼してみるのもよいかもしれません。探偵や興信所でも年末年始に依頼が増えるため、調査を頼むならぜひお早めに。まずは無料の料金見積もりや相談から始めてみましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら