探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

不倫の証拠はどこにある? 盲点はパソコン

浮気を始めた夫は、一般的に携帯電話やスマホ(以下スマホ)の使い方に変化が現れると言われています。

スマホは単なる電話機ではなく、メールやLINE、ネット接続等を含めた総合通信ツールです。浮気相手と連絡を取るのにこんな便利な道具はありません。

ここで男性の行動を振り返ってみると、男性は視覚で興奮する生き物ですから、スマホカメラで自分の浮気シーンを撮影し、あとで見てみたいという欲求を持っています。最近話題の「リベンジポルノ」はこれを悪用して生まれたものです。

しかし、スマホは妻から疑いの目で見られる対象でもあります。

そこで男性はどうするか。パソコンに保存するのです。

パソコンはスマホ以上に個人情報の宝庫

スマホと同様、パソコンも今ではほとんどの家庭に普及しました。

主婦や大学生でも、1人1台パソコンを持っていることは珍しくありません。夫は個人用と会社用のを2台持っていることもあるでしょう。

浮気の証拠を保存しているものとして、疑うべきはこのパソコンなのです。

保存容量について言えば、スマホが多くても256ギガであるのに対し、パソコンのハードディスク容量は今やテラバイトサイズが普通です。

これほど容量が違っていれば、不倫相手とのメールやりとり、写真、動画等がパソコンに保存されていることは想像に難くありません。

しかもパソコンは、妻の目が届きにくいところにあります。

保存する心理

ではなぜ写真や動画を保存するかですが、理由は簡単で、何度も見て楽しみたいからです。

市販のアダルトビデオ同様、いやそれ以上に、自分が浮気相手とベッドインしているときの写真や動画を繰り返し見ることは、興奮するからです。

そこで、あなたが夫の浮気を疑いだした場合は、ちょっと「かま」をかけてみましょう。

夫にこう言うのです。

「わたしのパソコン調子悪いから、あなたのをちょっと貸してくれない?」

そのときに夫が渋れば、怪しい可能性が高いです。ただし、単にネットからダウンロードした写真や画像を保存している場合もありますから、いかがわしい写真や動画があったとしても、それを即浮気と断定することはできません。

では、パソコンのどこをチェックすればいいのでしょうか。

パソコンのチェックポイント

(1)メールの履歴

浮気相手がパソコンを持っている場合、パソコンメールで連絡を取り合っていることが考えられます。PCはスマホに比べて文字入力が早いため、快適だからです。

そこで、メールの送受信履歴、アドレス帳などをチェックしましょう。

メールでなく、チャットを使っている場合もあります。

(2)インターネットの閲覧履歴

閲覧履歴を見ることは、過去のWEB上での行動履歴を見ることです。

履歴を見ることで、浮気相手と(旅行していれば)の旅行先の検索履歴、ホテル等の予約履歴、地図アプリの履歴などが分かります。

出張だと称して浮気相手と旅行に行くことは、よくあることです。

また浮気でなくても、風俗サイト等の閲覧履歴も分かります。

ただし、夫もそれらを予見してあらかじめ閲覧履歴を削除していることも十分あり得ます。見つかればラッキーぐらいの気持ちで見てみるといいでしょう。

(3)SNS

夫がフェイスブック、インスタグラム、ツイッター、ブログ等を行っていれば、「お気に入り」や「友人」データ、加入しているグループ等を見てみるといいでしょう。

(4)写真と動画

デジタルカメラの写真は通常、拡張子が「jpg(ジェイペグ)」で保存されます。

拡張子とは、画像や文書など、ファイル名の最後につくアルファベットと数字を組み合わせた3,4文字のことです。例えば「doc」「txt」なら文書、「jpg」「gif」なら画像というように。

そこで、「エクスプローラー」を開いて、jpgで検索してみると、たくさんの画像が引っかかってくるでしょう。

これもやはり、見つかれば幸運ですが、試して見る価値はあります。

また動画は、「mpeg」「avi」「mp4」「mov」等の拡張子で保存されます。同様に検索してみましょう。

(5)その他

「お気に入り」、「ゴミ箱」データ、オートコンプリート(ネットアドレスを入力する際、履歴に基づいて自動入力される)機能、検索やなども調べてみるといいかもしれません。

外付けハードディスク、USBメモリもある

このようにパソコンを調査しても、結果的に何も出てこないことも考えられます。

それであなたが納得すればいいですが、しかし夫はどうも怪しい、行動を見ていると浮気している可能性はかなり高い、どこかに何かあるはずだと疑いが晴れないこともあるでしょう。

その場合は、浮気の証拠である写真や動画が、パソコン本体ではなく、外部にある可能性があります。

すなわち、夫は写真や動画データを外付けハードディスク(HDD)に保存して持ち歩いている可能性があります。

外付けHDDは、スマホより2回り大きいぐらいの直方体の箱です。外色はシルバー、黒、赤、青など様々ですが、夫もさるもの。あなたの疑いの目を逃れるため、肝心のデータは外に保存しているのです。

しかし、「まさか妻は気づかないだろう」と思い込み、外付けHDD本体にはパスワードをかけていないことが多いものです。

そこであなたがもし、夫の鞄や机等から外付けHDDを見つけたら、「これこそ最も怪しい」と睨まなくてはなりません。

HDD以外には、USBメモリもあります。

SUBメモリはHDDよりかなり小さいですから、隠すには好都合です。

最近は大容量化が進み、かなりの内容を保存できますから、夫の引き出しや鞄に隠されているかもしれません。

猛者はクラウドを利用する

PC本体でもない、外付けHDDでもない、USBでもない。

クラウドコンピューティングといい、PCやソフトウェアメーカーが提供する外部コンピューターに保存している場合もあります。

ただしこうなると、IDとパスワードがなければ見ることはできません。

弁護士や探偵の力も必要

あなたが夫のPC等を調べ、本当に浮気の写真や動画がでてきたら、相当なショックを受けるでしょう。これは危険に満ちた調査ですから、覚悟をもって臨んでくださいね。

怪しいHDDやUSBを見つけた、しかし自分では見る勇気がないという場合は、第三者に依頼するのもいいでしょう。ただしそれは、信頼のおける弁護士か探偵に限ります。

浮気や離婚についてお悩みになったときは、その道のプロである弁護士や探偵事務所に相談するのがお勧めです。

今では無料相談メールで受け付けをしてくれます。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら