夫の浮気で失敗しないために知っておきたい最初にすべき5つのこと

夫の浮気を知ったとき、妻はどう行動すべきでしょうか。「夫の浮気が発覚したけど、何から始めたらいいかわからない…」そんな方も多いかもしれません。

夫の浮気が判明した際には感情的になり、次にどうすればいいかわからなくなる気持ちもわかります。そんな時は落ち着いて状況を把握し、次にどうすればいいかを考えることが大切です。端的に言えば、【決して取り乱さず、冷静に、そして有利に】ということです。

そこで今回は、これから離婚を含めた慰謝料請求や、離婚せずに夫と再びやり直したい場合でも当てはまる、夫の浮気で失敗しないために知っておきたい最初にすべき5つのことをご紹介します。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

感情的に怒りをぶつけない

夫の浮気現場を目撃して、怒りがこみ上げてくる気持ちはよく分かります。夫との関係が冷えている場合でも、浮気は妻にとってショックです。なぜならそこで妻は、プライドを傷つけられたと感じるからです。冷えていない場合はなおさらで、この場合はプライド云々よりも裏切られたという思いが強まるでしょう。

そして多くの場合、妻は夫を責めてしまうものです。

「わたしの何がいけなかったの?」

「あんな女のどこがいいの?」

「今まで信頼していたのに、こんな人だと思わなかった!」

そういう心理は十分理解できます。

しかし、浮気した夫を弁護するつもりはありませんが、夫にはおそらく何か夫婦生活に不満があって浮気をしたのです。ここであなたが汚い言葉を吐いたり当たり散らしたりしては、かえって逆効果となってしまいます。

男性は案外臆病な動物ですし、セックスのときにも頭の一部は冷めています。離婚すれば面倒なことやデメリットがあることは承知しています。離婚覚悟で浮気したという場合はごく少数であって、ほとんどは軽い気持ちでしているしょう。となると、心では少なからず奥様に申し訳ないと思っているものです。

そこで妻があまりに怒っていると、夫はさらに背を向けてしまいかねません。

また万が一、殴る蹴る、胸ぐらを掴んだり水をかけたりといった行為をしてしまうと、暴行として損害賠償を請求される可能性があります。こうなると、その後の展開であなたが不利な状況に陥ってしまうことも。そのため、まずは怒りの感情を抑えて冷静に行動することが大事になります。

夫の浮気を疑う言葉をかけない

2番目は、夫の浮気を疑う言葉です。怒りを表さないにしても、疑う言葉をかけるのも禁物です。

なぜなら、そう言ってしまうと、夫はあなたが疑っていることを知り、慎重に行動するでしょう。そうなると浮気の証拠を入手する際の調査が難しくなってしまいます。

もっといけないのは、夫を尾行したりスマホを盗み見たりすることです。夫にバレたら怒りを招くばかりかあなたの立場まで不利となり、かえって逆効果となってしまいます。

そして夫が100%悪い場合でも、次の4つは絶対にしてはならないNG行動です。

  • 夫の職場に出向いて暴れる ~夫はプライドを著しく傷つけられます
  • 夫の両親や自分の両親に話す ~言えば気は楽になりますが、心配を増やすだけです
  • 子供に話す ~子供は両親の不和の現実を知り、大変なショックを受けます
  • スマホやパソコンを取り上げる、壊す ~仕事に支障が出る恐れがあります

これらをしてしまった場合は、相手にこちらが浮気を気づいていると気づかせるだけでなく、後で夫婦関係を修復したいと思った場合にそれが難しくなる可能性もあります。

自分はこれからどうしたいのか考える

もし夫の浮気た不倫が発覚したら、これから自分がどうしたいのか考えましょう。それによって、やるべきことが変わってきます。

「浮気するなんて信じられない!もう別れる!」と思うなら浮気相手を突き止め、メールなどの証拠をつかめば慰謝料を請求することもできます。

「一度目なら許してあげたいけど、反省はしてほしい」と思うのならば、夫ときちんと話し合う必要があります。その場の感情だけでなく、今後の生活のことも含めて冷静になって考えるようにしましょう。

いますぐにどうしたいか決められない場合は、まず浮気の証拠だけでも手に入れておきましょう。浮気の証拠が手元にあれば、後でどうしたいか自分が決めた時に、自分に有利な形でどのようにでもすることができます。

浮気を発見した後あなたができる3つの対応

夫の浮気現場を目撃したあなたができる対応方法は、大きく分けて下記の3つになるはずです。

  • 夫と離婚する
  • 夫もしくは浮気相手に慰謝料を請求する
  • 夫との関係を再構築する

あなた自身がどうしたいのかしっかり考え、これからの方針を決めましょう。

夫と離婚する

夫の浮気がどうしても許せない場合、あなたのことを裏切った夫と離婚し、新たな人生を進むことも一つの選択肢です。夫が浮気をしているのが間違いないと証明できれば、もし夫が離婚に応じなくても裁判を通して離婚が可能です。

離婚する際はいくつも決めておかなければならない事項があります。子供がいれば親権や養育費の支払いなども決めなければなりません。離婚する場合はやらなければいけないことが沢山あります。詳しくは別記事にまとめてありますので参考にしてください。

夫もしくは浮気相手に慰謝料を請求する

浮気の証拠があれば、夫もしくは浮気相手に慰謝料を請求することができます。夫の浮気によって与えられた精神的苦痛を、損害として慰謝料を請求しましょう。

慰謝料は夫と浮気相手の両方に慰謝料請求できますが、浮気が確実なものだと証明する証拠が必要ですので注意が必要です。自分で決定的な証拠を入手することが難しければ、浮気調査のプロである探偵事務所に依頼して浮気の証拠を手に入れることも考慮してみましょう。

夫との関係を再構築する

夫の浮気現場を目撃したとしても、必ず離婚や慰謝料請求をしないといけないわけではなりません。実際に多くの夫婦が再構築を選択して夫婦関係をやり直しています。ただし、再スタートは、茨(いばら)の道ではあります。

そのためには、感情的にならず、怒らず、納得がいくまで話し合い、お互いの不満は余すことなく正直に全てをぶつけることです。ノートに書いて整理する方法もあります。まだ夫と共に人生を歩む気持ちが残っていれば、関係を再構築してやり直すことも可能です。しっかりと夫婦で話し合うことをおすすめします。

気づかれずしっかりと浮気の証拠を入手する

騒ぐことは逆効果ですが、反対に、何も対策をしない、何もせず浮気を許すというのもいけません。それは、事実から目を背ける現実逃避に他なりません。と同時に、浮気を黙認することでもあります。

では何をすべきか。それは、夫に知られないように浮気の証拠をつかむのです。

最終的な判断を下すには時間がかかると思いますので、その間に浮気や不倫の証拠を集めておきます。別れるにしろ別れないにしろ、証拠をつかんでいたほうが話は進めやすくなります。

浮気の証拠は、夫に浮気の事実を認めさせるだけでなく、裁判離婚時や慰謝料を請求する際にとても重要です。

携帯のメールやレシート、クレジットカードの明細など、証拠になりそうなものは夫に気づかれないように集めておきましょう。ビデオカメラやICレコーダーを使って録画・録音することも必要になるかもしれませんので準備しておくといいでしょう。

まずは自分でできる範囲から浮気の証拠集めを行ってみてください。自分でする浮気調査の方法を詳しくまとめてありますので、こちらを参考にしてください。

もし自分でバレないように浮気の証拠を手に入れることが難しい、自分で調査をしている時間がないなどの場合は、浮気調査の専門家である探偵事務所に依頼するのが最善の方法でしょう。

探偵事務所による調査は高額だと思われがちですが、今では多くの興信所が無料見積もりを作成してくれますので、まずは無料相談を利用して、今後どうしていきたいのか決めると良いでしょう。

法律の勉強をしておく

離婚する際、調査を探偵事務所に、裁判進行は弁護士に一任するにしても、あなたも離婚について法律的知識を身につけておかなければなりません。そして、【自分はどうしたいのか】をはっきりと決めておくことです。

そのためには、悔やんで後の祭りにならないよう、事前にしっかりと離婚と法律について勉強しておくことが大切です。

離婚に伴って起きる法律上の問題とは、財産分割、養育費、家や土地等の名義、子どもの親権、面会交流、住宅ローン、年金、慰謝料、居住地などたくさんあり、どれも大切なものです。特に財産分与養育費について間違った判断をすると、離婚後の生活が大きく変わってしまいます。

前もって調べ、知っておくべきことは山ほどあります。特に女性は男性よりも収入が少ないことが多いですから、経済面については十分な事前リサーチが大切です。

まずは確固たる浮気の証拠を入手する必要がある

いかがでしたか。

夫の浮気現場を目撃したときは、こみ上がる夫への怒りを抑えて、いかに冷静に浮気の証拠化をできるかが重要になってきます。それも、後で言い逃れのできない証拠を手に入れる必要があります。

しかし、肉体関係を証明できるような確固たる浮気の証拠を、どうやって入手すれば良いのか分からないですよね。

そんなときは、探偵に浮気調査を依頼するのがおすすめです。浮気調査のプロである探偵なら、夫の浮気を証明できる確固たる証拠をスムーズに入手してくれますよ。

私たち探偵興信所PIOでは、浮気調査に関するご相談を無料で受け付けています。経験豊富なアドバイザーが、あなたの悩みを親身になってヒアリングしてくれるので、お気軽にご相談ください。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page