探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

罪はどっちが重い? 横領と背任の違いとは

罪はどっちが重い? 横領と背任の違いとは

「会社の資金を私的な預金通帳に流す」といった着服行為はもちろん違法ですが、こういった違法行為のことを「横領罪」といいます。
しかしこれとは似た犯罪で「背任罪」というものがあることはご存知ですか?

今回はこの「横領罪」と「背任罪」それぞれの特徴をご説明していきます。

「横領罪」とは?


「横領」とは自分が持っていないお金や物品をあたかも自分のもののように利用したり、捨ててしまうことを指します。
その他にも自分の所有していないお金や金品を委託された仕事の内容に背き、もともと権限を持っていない行為を行使したり、取り扱いをしてしまったりすることを指すのが一般的です。

横領罪には業務上横領や遺失物横領など、さまざまな種類があり、中でも業務上横領罪や私的に金銭・物品を着服する単純横領罪などは罰金刑が求められていない点が特徴です。
これらの罪に問われてしまうといきなり刑務所に入らなければならないこともあります。

「背任罪」とは?


背任罪とは、「他人のために事務処理を行う者」が自分が所有していないお金や委託された金銭を、その委託内容や仕事内容に背いて使用した場合に適用される罪です。
背任罪には「目的」が存在し、自分や第三者に利益をもたらすため、あるいは第三者に不利益をもたらすために行った行動で、実際に利益・不利益が生じた場合に適用されます。

銀行マンを例に挙げて説明していきましょう。企業に融資を行う銀行マンはあらゆる情報から融資すべきかの精査を行います。
しかし、明らかに融資すべきではない企業に不当に融資を行い、その結果融資額を回収できなかった場合は背任罪に該当する恐れがあります。

横領罪と背任罪ではどちらが罪が重いのか

横領罪と背任罪では横領罪の方が罪は重いとされており、業務上横領罪になるとさらに罪は重くなることが一般的です。
これらの犯罪はまず法定刑の重い横領罪が成立するかどうかを判断し、横領罪が成立するなら背任罪は成立せず、横領罪が成立しないケースに対して背任罪が適用されるかを確認する傾向にあります。

部下や社員の不正が気になるなら……か

経営者となるとあらゆる不安と向き合う必要がありますが、横領や背任を危惧するのは社員に疑いのまなざしを向けることでもありますので、抵抗を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、会社の規模によって見えなくなるものもありますし、何より横領・背任をおこなっている社員を見過ごすことは他の社員にも大きな負担となります。
もし疑わしい社員・従業員がいる場合は、早めに対策をしてください。

疑いに確証が持てない場合、一度興信所に相談して、部下や社員の状況を確認することも選択肢の1つとして検討してみましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら