探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

ポストが荒らされたら要注意! ストーカーの見破り方

ポストが荒らされたら要注意! ストーカーの見破り方

ストーカーが郵便ポストをチェックするのは、個人情報を得たいということが大きな理由です。
そのため、ターゲットの個人情報が書かれている郵便物は窃盗の対象になりやすいでしょう。

たとえばクレジットカードの明細書はわかりやすい例です。
クレジットカードの明細には、いつ、どのお店で、何を買ったか、などが書かれています。
これを見ることで、休みのパターンや相手の好みを知ろうとします。

他には異性からの手紙、ハガキなども盗まれやすいです。

ストーカーによってポストに物が入れられていることも


郵便物の紛失だけではストーカー行為と断言しにくいですが、反対にポストに覚えのない物が入れられるようになったら、ストーカーをされている可能性がグッと高くなります。
自分の存在を知らしめるために、ストーカーはさまざまなものをポストに入れます。

ターゲットに向けた手紙から始まり、ターゲットが写っている写真、私物などを入れることも。
エスカレートしてくると排泄物や精液などを入れることもあるので、早めの対策が必要です。

郵便物がなくなったらどうしたらいい?


頻度が少なく1回や2回のみならさほど気にすることはありませんが、毎日のようになくなっていたり、物が入れられるようになったら対策を講じるようにしてください。

まずはカギがあればカギをしっかりかける習慣をつけましょう。
カギが付いていない場合は、個人で付けることを推奨します。被害が大きければ警察にも相談をしておいてください。
犯人が送ったものがあれば、すべて証拠として保管しておくことをおすすめします。

集合住宅などであれば、防犯カメラの設置を検討してもらってもいいかもしれません。
また、郵便配達員によっては、しっかり施錠してあるポストでも郵便物がはみ出していることもあります。
しっかり中まで入れてもらうよう依頼をし、ポストにもその旨を張り出しておくといいでしょう。

犯人に目星がつかない場合は不安が大きくなりますので、日常生活にも支障が出てしまうかもしれません。
精神面でのストレスが大きくなる前に、興信所に調査を依頼するのも1つの手です。

自衛のためにも自ら動き出すことが大切


届くはずの郵便物が届かないことがあったり、ポストに何か謎の手紙などが入っている場合、もしかしたらストーカー被害に遭っているかもしれません。
何らかの手違いで郵便物が届いていない可能性もありますが、これが続くようなら注意が必要です。

なるべくひとりで行動しないように心がけたり、周りの人に相談することも、被害を最小限に抑えるためには有効です。
ポストが荒らされないように、できる限りの対策を取りましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら