痴漢に狙われやすい女性、狙われにくい女性の違いって?痴漢被害を抑えるためにできること

電車内で遭う痴漢に困っている方もいらっしゃるかと思いますが、それとは対照的に痴漢の被害に遭いにくい女性がいることはご存知でしたか?

一般的には「露出度の高い女性」「男性が好きそうな体型をしている女性」が痴漢に遭いやすいと考えられがちですが、実際にターゲットとなる女性はそれだけとは限りません。

では、痴漢に狙われやすい女性の共通点はどういったところにあるのでしょうか?

そこで今回は痴漢に狙われやすい女性とそうでない女性を比較していきながら、痴漢被害を抑えるためにできることをご紹介していきます。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

痴漢被害に遭う女性の特徴とは?

痴漢に遭いやすくなる方の特徴として挙げられるものはいくつかあるのですが、特に「小柄な女性」はターゲットになりやすいです。また、「学生服」を着用していたり「一人で行動している」なども注意しなければなりません。「大人しそう」「派手ではない」などの方も狙われやすくなります。

以上で挙げたものから分かるように、痴漢の被害に遭いやすい女性は「抵抗されないような女性」だということが分かりますね。

その他にも「スカートを履いた女性」もターゲットになりやすい特徴があります。この理由は「フェミニンな服装で犯罪者に魅力的に見えてしまうから」というわけではなく、犯罪者は「スカートの女性は逃げる時に速く走れない」ことを知っているからとされています。

また、道を尋ねてくる男性に対して立ち止まって話を聞いてしまうと、そこからターゲットにされてしまうケースもあり「抵抗されず、それでいて社交性が高い女性」が痴漢被害に遭いやすいといえるでしょう。

痴漢の共通の考え方として「リスクが低い」と思われる女性を中心に狙うという点にあります。

痴漢被害を抑えるためにできること

ここまで紹介した内容から、痴漢被害を抑えるためには「抵抗しそうな女性」を演じることがポイントです。

服装やメイクを変えてみる

例えば服装やメイクを工夫し、強気な女性に見せることができれば痴漢被害を抑えることができます。他にも通勤ファッションをスカートからパンツスーツなどに変えてみる、ヒールやパンプスではなく走りやすいスニーカーに変えてみることもおすすめです。

SNSの投稿で、髪の毛を金髪に染めたら痴漢に合わなくなったという投稿を目にしたこともあります。また、濃い目のメイクをする、アイライナーをきつく引くといったように、見た目で「抵抗されそう」「反撃されそう」「強そう」といったイメージを与えることができれば痴漢に遭う確率も低くなります。

電車内での立ち位置を意識する

また、電車内での被害を抑えるためにも車両と車両の連結部分やドアの角などの人目につきにくい場所は極力避け、シート前のつり革に立つようにし「逃げ場を確保する」ことが大切です。服装や立ち位置を意識することで痴漢被害を抑えることができるでしょう。

通勤時間を変えてみる

いつも同じ時間に電車に乗ったり、同じ時間に帰宅するという人は、通勤時間を変えてみるのも一つの手です。混み合う通勤時間帯を避けるために30分〜1時間早めに家を出たり、帰宅時にすぐに帰らず帰宅時間を少し遅らせて帰るなど、混雑する時間帯を避けることも効果的です。

また、痴漢は電車以外にも路上痴漢にも潜んでいます。夜道や薄暗い道を一人で歩かないといったことも重要です。あまりにも遅い時間に帰宅する必要がある場合は、タクシーを利用することもお勧めします。

また夜道を歩かないといけない場合は、背後に不審な人物がついてきていないか、後ろをチェックする癖をつけておきましょう。帰り道のルートをいくつも確保しておくということも重要です。もし危険な目に遭いそうな予感がしたら、ルートを変える、人通りが多い道を歩くなどが効果的です。

あまりにもひどい時は興信所への相談も検討しておく

もし痴漢被害がそれでも改善されず被害が続くようであれば、警察に相談しておくことも検討しておきましょう。しかし痴漢行為は、はっきりした証拠がなければ警察も対応しにくいものです。

そこで、痴漢の証拠集めのために興信所に依頼するという方法もあります。どんな痴漢行為でも証拠があれば警察も動きやすくなります。

痴漢がエスカレートしてしまうことで、その犯人がストーカーになる可能性も大いにあり得ます。

ただ我慢する……のではなく、できることから対策を始めていくことが大切ですね。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page