探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

どう見抜く?「問題児アルバイト」の特徴と対処法

どう見抜く?「問題児アルバイト」の特徴と対処法

「遅刻を繰り返す」「目上の人に対して敬語が使えない」などといった、問題児アルバイト。

中にはお店の商品や什器を使用した悪ふざけをインターネットに上げるなどの「バイトテロ」を行い企業に多大な損失を出す事例もあるため、経営者や管理者にとってはかなりナーバスな問題ではないでしょうか。
このような問題児アルバイトの悩みを解消するためには、問題児アルバイトのタイプを見抜き一人一人に合ったベストな対処法を行っていくのが非常に重要になります。

問題児アルバイトの特徴や対処法を紹介していきます。

問題児アルバイトの特徴とタイプ

問題児アルバイトにはいくつかのタイプがあります。

学生に多いのが「社会に対する無知」により問題を起こしてしまうタイプ。
一般常識に疎いため職場で私用でケータイを使ったり、目上の人にタメ口を聞いてしまったりといったトラブルを起こします。

次に多いのが「私はアルバイトだから、そこまで一生懸命働く必要はない」と考え遅刻や無断欠勤を繰り返すタイプ。
このタイプの人は自分に対して甘く、「アルバイトは責任を一切追わなくて良い」と考えているため辞めたい時にも連絡をメールで済ませようとしたり、 ある日突然連絡がつかなくなってしまうようなトラブルにつながることもあります。

最近では、自己顕示欲を発散するためにバイト先で派手な行動を起こしてしまうタイプも増えてきています。
注目を集めたい欲求が高いため他の人と違ったことをしてトラブルを起こしたり、SNSに悪ふざけを投稿してしまうこともあり、評価されないと行動がどんどんエスカレートしてしまう傾向があるので特に注意が必要です。

さらに仕事に対して不満や怒りの感情を持ち、意識的に企業を攻撃しようとするタイプもかなり怖い問題児アルバイト。
無断で商品を持ち帰ったり、わざと企業の悪口をインターネットに上げるなどして企業に大きな損失を与える可能性があります。

これらのタイプがいくつか複合してしまうケースもあります。
深刻化する前にアルバイトの教育体制を整えていきましょう。

それぞれのタイプに対する効果的な声かけを

問題児アルバイトを頭ごなしに上から叱りつけてしまうと、反発から話を聞かなくなる、不満や怒りにより暴走化してしまうなどといった可能性があります。

アルバイトに社会経験や知識がないためうまくいかない場合には、なるべく理由とあわせて良いことと悪いことを教えていく方法が良いでしょう。
仕事に対する責任感が薄いタイプは、しっかりとコミュニケーションを取り関係を築いていくことで積極的に力を貸してくれるようになります。

自己顕示欲が強いタイプは認めて貰いたい欲求が高いため、良いところを褒めてあげると良いでしょう。
「ありがとう、助かるよ」など頼りにする姿勢で接すると、企業全体を盛り上げるキーパーソンになってくれるはずです。

不満を溜め込んでしまうタイプを見抜くには、定期的に一人一人の話を聞いていく対策を行うのがおすすめ。
不満や困っていることがないかよく聞き、相手が納得できるような説明や対応を行っていきましょう。

企業にとっては頭の痛い問題児アルバイト。
しかし、一人一人としっかり向き合いその個性に合った対応をしていくことで、企業の力強い味方になってくれる可能性も一気に高まります。
コミュニケーションを積極的に取り、問題児アルバイトをうまく成長させていきましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら