自分で浮気写真を撮る方法!証拠になる写真とは?

配偶者が浮気していると気付いても確たる証拠を持たずに問い詰めると、夫婦関係が悪化したり、はぐらかされたりする恐れがあります。

妻と離婚するか、あるいは関係を再構築するかに関わらず、浮気を認めさせるためには、証拠写真が有効です。ここでは、自分で浮気の証拠写真を撮影する際に知っておきたいことをご紹介します。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

浮気の証拠写真の集め方

はじめに浮気の証拠写真の集め方をご紹介します。

証拠写真が必要な理由とは

浮気の証拠写真を集めるのは、精神的にもつらいことから、なるべく避けたい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。しかし、きちんとした証拠がないのに配偶者に浮気していることを問い詰めても認めさせるのは難しいでしょう。浮気を問い詰めたことが原因で、離婚するつもりがなかったのに別れを切り出されるパターンも見られます。

自分が不利にならないためにも配偶者と浮気相手の間に肉体関係があったことを証拠に残す事は大事です。浮気相手と配偶者の間に不貞行為があったと証明できる写真は証拠として強く、慰謝料請求も可能になります。

証拠になる写真

先ほどもお伝えした通り、浮気が原因で離婚や慰謝料請求する場合は、配偶者と浮気相手が不貞行為したことを証明する必要が出てきます。不貞行為とは、配偶者や婚約者がパートナー以外の人と性行為することを指します。

一方、性行為中の写真を入手するのは難しいことから、ラブホテルに出入りしている写真などを集めるのが一般的です。そのほか、お互いの自宅に出入りしている写真や、宿泊を伴う旅行に行った写真などが強い証拠になると考えられています。

証拠にならない写真

一般的には配偶者が浮気相手とキスしていたら浮気になると言えるでしょう。しかし、法律上、性交渉以外は浮気と認められません。

また、配偶者が一人で浮気相手の家に出入りしている写真も強い証拠にならないので、複数の証拠を集める必要があります。

写真を撮るために必要なこと

続いては、浮気の証拠写真を撮影する上での注意点をご紹介します。

写真を取る前の準備

浮気の証拠写真を撮影するには、張り込みや尾行が有効です。ただ、配偶者が張り込みすると途中で気づかれる可能性が高いことから、調査する前に配偶者の行動をチェックしておき、浮気相手といつ会っているかリサーチしておくことが重要になってきます。

ラブホテルに出入りするところを撮影する場合

配偶者の財布からラブホテルのレシートが見つかった場合、証拠になる写真が撮影できるかもしれません。行動パターンをチェックしておき、いつ浮気相手と会ってホテルに行くか推測しておくと良いでしょう。

ラブホテルの場合は、高い壁で囲まれているので、ホテル近辺のビルから撮影するのも手段の一つです。また車でラブホテルに入る場合は、車に乗り込む前と降りるタイミングを狙って撮影しましょう。配偶者の行動パターンが読めない場合は、勤務先で張り込みする必要などが出てくるので、慎重に浮気調査を進める必要があります。

うまく撮影するために探偵が気をつけていること

夜間でも相手に気づかれず、顔がはっきり写るように撮影するには専門的なスキルが必要です。暗い場所での撮影は、スマートフォンなどでは明るさが調節できないため難しく、高性能な一眼レフカメラが必須です。

また、対象者との距離が近い場合は、隠しカメラを使うこともあります。状況に臨機応変に対応して撮影方法を変えることで、浮気の証拠を集めていきます。また、服装が目立たないように黒や白を着用するなど工夫をします。

追跡して撮るコツは?

車で尾行する場合は、相手に気づかれないよう、間に2台ほど車を挟んで追いかけ、浮気相手と合流するタイミングを狙います。いつ出会うかわからないので、探偵が行う調査では、常に動画を回しておく手法が使われています。

ただ、浮気相手と食事するだけのパターンもあり、長時間に渡って追跡しても有力な証拠を集められないことも多いでしょう。

証拠写真として必要なデータは?

最後に証拠写真として必要なデータについてご紹介します。

顔がしっかり写った写真

浮気の証拠として、認められるにははっきりと顔が写っていることが条件になります。夜に撮影すると、ピントが合いづらかったり、被写体がブレてしまったりする恐れがあります。

高性能な一眼レフとレンズがあれば、撮影環境に合わせて設定することで撮りたいように撮影が可能でしょう。また、後ろ姿しか撮影できなかった場合、別人だと言われてしまう可能性があります。その際は、正面からの写真も撮影しておき、同一人物であることを証明しましょう。

時間の記録

撮影した時間がわかるようにカメラの時刻設定を正確にしておきましょう。ラブホテルに入った時間と出る時間が分かると強い証拠になります。

もし、時刻が間違って登録されていると証言との食い違いが生じてしまい、証拠写真そのものを疑われる可能性も否めません。

どの場所にいるかわかる写真

顔をはっきり写そうとするあまり、どこの場所で撮影されたかわからない写真になってしまう場合もあります。

撮影する際は、背景などもきちんと写るように心がけましょう。ビジネスホテルやマンションなどの場合は、建物だけでなく部屋に出入りする場面も撮影できればベストです。

浮気の証拠写真の撮影はプロに任せてみましょう

これまで、自分で浮気の証拠となる写真の撮り方をご紹介しました。浮気は夜にするケースも多く、そうした場面を撮影するとなると高額な機材が必要となってきます。

また、尾行や張り込みをしたときに気づかれるリスクも高いのですが、経験豊富な探偵なら隠しカメラを仕込んで対象者に接近して撮影も可能です。もし、自分で証拠写真の撮影が困難だと判断した場合、探偵に依頼してみましょう。

PIO興信所探偵社では、浮気調査に関する相談を無料で受け付けています。

これまで多くの実績がある専門家があなたの悩みを聞いてベストな方法をお伝えします。少しでも依頼したいと思ったら、ぜひお気軽に相談してみてくださいね。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page