探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

夫婦喧嘩が子供に与える影響は大きい!性格や大人になってから与えるリスクも説明

お父さんとお母さんが喧嘩しているという事実は、子供にとって大きなストレスになります。

いつも言い争いをしていたり、冷戦状態だったりすると、子供の人格形成にも影響を与えるでしょう。

また、大人になってから突然鬱を発症するなど、その影響は長きに渡ります。

この記事では、子育て中の夫婦喧嘩の原因や、夫婦喧嘩が子供に与える影響、万が一子供の前で喧嘩をしてしまった場合のフォローまで、詳細を解説します。

子育て中の夫婦喧嘩はなぜ起きる?

仲の良い夫婦でも、子育て中は、喧嘩をしやすい時期です。

ここでは、その理由について3つ紹介します。

家事・育児の負担が重い

夫婦喧嘩の原因の1つ目は、家事・育児の負担が重いことです。

子供が生まれると、夜泣きをあやしたり、数時間ごとにおっぱいをあげたりと、家族の生活、特に女性の生活が一変します。

自分の時間がなくなり、睡眠不足の状態が続くと、どんどん余裕がなくなりますよね。

男性側がそれに気付かず、産前と同じように、仕事や自分の予定に時間を使っていると女性のイライラが募ってしまうものです。

産後は、夫婦関係が大きく変わる時期と捉えて、お互いに歩み寄ることが大切です。

子供の教育方針の違い

子供の教育方針の違いも、夫婦喧嘩の原因の1つになるでしょう。

教育方針の違いは、子供をのびのび育てたいか・厳しく育てたいかや、どの程度甘やかすか、 どのような叱り方をするかなど多岐に渡ります。

夫婦共に、子供をかわいく思う気持ちは一緒なので、なかなか折り合いがつかないことも。

子供が大きくなってくると、習い事や進路といった、子供の将来に関わる重大な決定事項もでてきます。

機会があれば、子供を産む前にお互いの考えをすり合わせておきましょう。

言い方・言葉遣いにイラッとする

お互いに余裕がなくなると、ちょっとした言い方や言葉遣いにイラッとする機会が増えます。

家事や育児で忙殺されている妻と、家族が増えプレッシャーが増す夫のどちらも、ストレスを感じやすくなる時期です。

また、子供が生まれる前までは、妻と夫という役割だけだったのが、子供が増えることで母や父という役割も増えます。

今まで以上にお互いを思いやる気持ちがないと、冷たい言葉遣いになったり、ちょっとした言い方が気になったりなどトラブルが増えるでしょう。

夫婦喧嘩が子供に与える影響って?

子供は親の様子に敏感です。まして年齢が低いうちは、子供の世界がそう広くないこともあり、家庭内での夫婦喧嘩が子供に与える影響は、非常に大きいものです。

ここでは、夫婦喧嘩が子供に与える影響の具体例を3つ紹介します。

自己肯定感が低くなる

1つ目は、子供の自己肯定感が低くなることです。

特に小さな子供は物事を自分中心で考える傾向があるので、両親が喧嘩をしている場合、原因が自分にあると考えてしまうことがあります。

そのため、「両親が喧嘩しているのは自分のせい」「自分がいなければ家族は幸せになる」など、自己否定してしまう可能性があるのです。

喧嘩の理由が子供ではなくても、夫婦喧嘩が続くと、子供は自己否定を繰り返します。

その結果、自己肯定感が低くなってしまうのです。

トラウマになる

両親の怒った表情や、言い争う声は、子供に大きな恐怖とストレスを与えます。

いつも夫婦喧嘩をしている家庭で育った場合、安心できる場所がありません。

その結果、いつもイライラして乱暴になったり、落ち着きがなくなったり、人の顔色を窺ってビクビクしたりするようになります。

また、ストレスにより腹痛や頭痛、食欲がなくなるなど、身体的な不調が生じることもあります。

夫婦喧嘩は、子供のトラウマになる可能性が高い行為です。

記憶力・学習力の低下につながる

日常的に夫婦喧嘩に接している子供は、脳の視覚野という部分の一部が萎縮してしまうことがわかっています。

視覚野とは、文字通り、視覚に関係する脳の領域です。

この一部が萎縮すると、記憶力や学習能力が低下してしまいます。

傷ついた脳は、早めに適切なケアを行うことで、回復する可能性があります。

夫婦喧嘩によって子供を傷つけてしまったと考えている方は、子供のケアについても考えてみてください。

夫婦喧嘩の後は、子供へのフォローが大切!

理由もわからないまま、両親の喧嘩を聞かされている子供は、不安でたまりません。

夫婦喧嘩をしてしまうのは、仕方ない部分もありますが、喧嘩の後のフォローが大切です。

ここでは、フォローのポイントを3つ紹介します。

子供に謝る・抱きしめる

まずは、怖がらせたことを子供に謝りましょう。

大人が思っている以上に、子供は家庭の空気に敏感です。

両親のピリピリした雰囲気や怒鳴り声など、子供にとっては大きな恐怖となります。

子供が泣き出したり、怯えたりしている様子があったら、抱きしめて安心させてあげることが大切です。

子供が落ち着くまで、見守ってあげるようにしてください。

喧嘩の原因を伝える

子供には、喧嘩の原因をきちんと伝えることも大切です。

小さな子供の場合、自分を中心に考える傾向が強いので、喧嘩の原因も自分にあると考えます。

きちんと理由を伝え、喧嘩の原因が自分ではなかったことをわからせるだけでも、子供の不安は軽減します。

また、喧嘩の原因を伝えると同時に、子供の気持ちや言い分を聞いてあげてください。

否定せずに受け止めてあげることで、さらに子供は安心します。

仲直りしたことを伝える

夫婦間での喧嘩がおさまり、仲直りできたら、子供にも伝えてあげましょう。

事後報告をすることで、両親が仲良くなったことに安心し、家族の一員として扱われたという信頼感につながります。

また、言葉に出さないだけで、子供が喧嘩の行方を気にしている場合もあるので、フォローしてあげてください。

子供だとないがしろにせず、 1人の人間として誠実に向き合うことが大切です。

夫婦喧嘩が子供の性格や将来に与える影響は大きい

両親の様子を敏感に感じ取る子供にとって、夫婦喧嘩は大きな恐怖やストレスになります。

いつも喧嘩をしている家庭で育つと、自己肯定感が低くなったり、記憶力や学習力の低下が起きたりします。

過度な夫婦喧嘩は、子供の将来まで変えてしまう、と言っても過言ではありません。

万が一、夫の帰りが遅いなどの理由で夫婦喧嘩が生じている場合は、プロに事実の調査を依頼することをおすすめします。

探偵興信所PIOでは、浮気調査や身辺調査の相談を無料で受け付けています。

専門の相談アドバイザーがきめ細かく要望をお伺いするので、お気軽にお問い合わせください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら