探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気された!慰謝料の請求にはどのような証拠が必要?

パートナーの浮気が発覚すると、パートナーや浮気相手に慰謝料の請求を検討する人もいるでしょう。素直に浮気を認め、慰謝料を支払ってくれればよいですが、パートナーが浮気や慰謝料の支払いを認めないこともあります。

その際必要なのが、証拠です。ただしどのような証拠でもいいという訳ではありません。場合によっては苦労して浮気の証拠を集めても、裁判で認められない可能性もあります。今回は、どのような証拠が慰謝料の請求で必要なのか詳しくまとめてみました。

浮気されて慰謝料を請求する際に必要な証拠とは?

まずは浮気されて裁判で慰謝料を請求する際、有効な証拠だと採用される例をご紹介していきます。

不貞行為がはっきりとわかるもの

まずは、パートナーがあなた以外の人と不貞行為をしたという決定的な証拠が必要です。判例によれば不貞行為とは、肉体関係を持った、または性行為は行っていないものの一緒に風呂に入ったといった性的な行為をした、婚姻関係が継続できないような異性との関係を持つことをいいます。具体的には、性交渉中の写真や動画などがあれば、決定的な証拠といえるでしょう。不貞行為がわかる証拠が手に入れば、裁判を有利に進められます。

浮気の自認書や自白の録音データ

パートナーや浮気相手が不貞行為をしたと認めた書面や録音データは、強力な証拠のひとつです。話し合いでパートナーが浮気を認めたら、一筆書いてもらうことをおすすめします。ただ単に浮気をした、デートしたという内容ではなく、不貞行為を働いたとはっきり書いてもらわないとならないので注意してください。また録音データの場合は、誰が何を言ったか前後の内容をはっきりさせないといけません。不安な場合は、探偵や弁護士など専門家に相談してから自認書や自白の録音データを取るといいでしょう。

探偵の調査報告書

探偵の調査報告書で浮気の現場がはっきりと分かれば、浮気の証拠として認められます。個人では入手困難な証拠も、探偵であれば見つけられる可能性が高いです。信頼できる探偵に依頼することも検討してみてください。

浮気の慰謝料の請求で証拠として認められない可能性があるもの

証拠の中には、残念ながら証明力が低く慰謝料請求の際に認められないものもあります。苦労して手に入れた証拠が認められないといった事態を避けるためにも、参考にしてみてください。

不貞行為との関連性が薄い

不貞行為と結び付けにくい証拠は、認められません。例えば、単に2人で出掛けているだけでの写真や動画は、関係性が薄いと指摘されることが多いです。メールやSNSでのやり取りも、一般的な会話だと言われてしまえば不貞行為との関連性が低いと判断されてしまいます。浮気の定義は人によって異なりますが、慰謝料の請求となると裁判の場では肉体関係があったかどうかが一つの判断材料となります。不貞行為との関連性が薄いかどうか判断できない場合は、探偵や弁護士といったプロにご相談ください。

加工、編集できるもの

簡単に加工できるメールやLINEのスクリーンショット、デジカメの写真は、簡単に加工や編集ができると判断され認められません。もちろん証拠が見つからないといって証拠を捏造したり、加工したりすることは絶対にやめてください。慰謝料請求に失敗し、さらにパートナーから逆に訴えられる可能性があります。デジカメではなくフィルムカメラで撮影する、スクリーンショットではなく画面を撮影するといった工夫が必要です。

違法に集めたもの

違法に集めたものは、証拠としては認められません。場所やメールの内容を確認できる浮気発見アプリは、パトナーに無断でスマホに入れると違法となる可能性があります。また浮気相手を盗聴・盗撮する、不法に住居侵入して証拠を手に入れるなどは証拠が欲しくても法に触れるので止めておきましょう。

慰謝料を請求したいのに証拠が見つからない時は探偵への依頼がおすすめ!

浮気の慰謝料の決定的な証拠は、個人では入手が難しいものです。質のいい証拠が見つからない場合は、探偵に依頼することをおすすめします。

調査のプロ

探偵は、調査のプロです。豊富な経験と知識、専門的な機材を使い聞き込みや尾行、張り込みをして決定的な証拠を入手しようと務めます。探偵は探偵業法で認められた範囲で調査するので、証拠を違法に集めたと指摘される心配もいりません。個人では難しい長期間の張り込みや夜間の撮影も対象者に気付かれずに行うことが可能です。また不倫相手の素性を合わせて調査することもできます。自分での証拠集めに限界を感じたら、相談してみてください。

探偵の調査資料で裁判で有利になることも

一般的に探偵の調査は、結果を報告書にして依頼人に提出します。探偵の調査資料は裁判で認められることが多く、慰謝料の請求をスムーズに行えるでしょう。また弁護士に依頼する際も、探偵の調査資料があれば現状を説明しやすです。

まずは無料相談を利用してみよう

探偵興信所PIOでは、相談見積りは完全無料です。ベテラン専門調査員にまず不安なことをご相談ください。調査方法や日程、料金を分かりやすく説明し、納得していただいたうえでの契約になります。秘密は厳守しますので、安心してご利用ください。

浮気の慰謝料には質のいい証拠が必要

浮気をされ慰謝料を請求する場合は、裁判で認められるしっかりした証拠が必要です。個人での証拠集めに不安を感じたら、探偵に依頼を検討してみてください。ノウハウを活かした知識で、裁判で有利になるような証拠が見つかる可能性が高まるでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら