浮気の慰謝料の相場は?パターン別の具体的な慰謝料相場まとめ

「パートナーに浮気されたから、パートナーや不倫相手に慰謝料を請求したい。」と思う方がほとんどです。しかし、いざ浮気の慰謝料を請求しようにも、相場が分からないといくら請求すれば良いのかわからないですよね。

また、浮気慰謝料相場は状況に応じて変わるため、思っていたより慰謝料がもらえないケースもよくあります。

そこで今回は、浮気慰謝料の相場を要因やパターン別にまとめてみました。慰謝料が高額になるケースや慰謝料を高額にするポイントについても解説していきます。

記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の3つ。

  • 浮気の慰謝料相場が分かる。
  • 慰謝料の計算方法や減額の要因が分かる。
  • 高額の慰謝料を獲得できる。

本記事を参考に、自分を裏切ったパートナーや不倫相手になるべく多くの慰謝料を請求しましょう。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

目次

浮気・不倫の慰謝料相場は具体的にいくらくらい?

まずは、一般的な浮気の慰謝料相場について解説していきます。

浮気慰謝料相場は50~300万円

一般的な浮気慰謝料相場は、50~300万円と言われています。

実際にかかる費用は、夫婦が抱えている問題や浮気の度合いなど、さまざまな要因によって変動します。そのため、思っていたより慰謝料が少なく感じるケースも少なくありません。

浮気の慰謝料相場は3パターンある

浮気の慰謝料相場は、離婚や別居の有無によって大きく異なります。

具体的な例としては下記の通り。

  • 浮気が原因で離婚に至った場合は200~300万円。
  • 浮気が原因で別居に至った場合は100~200万円。
  • 浮気はされたが離婚しない場合は50~100万円。

自分の状況と照らし合わせながら、請求できる慰謝料の額をイメージしておきましょう。

パートナーと浮気相手の両方に慰謝料は請求できる?

慰謝料は、浮気したパートナーだけでなく浮気相手にも請求できます。

もし浮気相手にも慰謝料を請求するなら、必ず浮気関係を解消する旨を記載した誓約書をを必ず書いてもらいましょう。こうすることで、パートナーと不倫相手の関係を完全に終わらせられます。

不倫されたのになぜ?慰謝料請求できない2つのケース

不倫されたのに慰謝料請求できないケースもあります。今回ご紹介するのは下記の2パターン。

  • そもそも未婚で恋人関係である
  • 肉体関係が証明できない

そもそも未婚で恋人関係である

不倫に慰謝料のやり取りが発生するのは、夫婦に貞操義務があるからです。

結婚式の日取りが具体的に決まっているなど結婚がほぼ決定事項である場合を除き、未婚の恋人関係には貞操義務が存在しないため、慰謝料を支払う必要もありません。

肉体関係が証明できない

不倫による慰謝料請求は、示談や訴訟によって行います。もし示談で請求する場合、パートナーが不倫をしたと証明できる確たる証拠がないと、パートナーが認めない可能性もあります。

また、慰謝料の支払いを拒否される可能性も考えられます。肉体関係を証明できないと、慰謝料請求は困難を極めることでしょう。

浮気の慰謝料が減額される7つの要因

慰謝料というものは、被害者が受けた精神的苦痛の代償として支払うお金のこと。被害者が受けた精神的苦痛の度合いによって金額が変わるため、機械的に計算するのは不可能です。

それを踏まえたうえで、ここからは浮気の慰謝料が増減される要因について深堀していきます。

具体的な要因は下記の7つになります。

  • 浮気発覚前の夫婦仲
  • 夫婦の婚姻期間
  • 浮気の期間
  • 子どもがいるかどうか
  • 反省・謝罪の有無
  • 浮気の主導者は誰か
  • 慰謝料を請求する相手側の収入・資産状況

浮気発覚前の夫婦仲

パートナーの浮気が発覚する前から夫婦仲が険悪な場合、慰謝料は減額されます。

反対に、今まで円満だった夫婦仲が浮気によって悪くなったなら、慰謝料が増額される可能性もあるでしょう。

夫婦の婚姻期間

婚姻期間が長い場合、慰謝料が増額される傾向にあります。

反対に、婚姻期間が短い場合は、慰謝料が減額される可能性もあります。

浮気の期間

パートナーがどのくらいの期間浮気していたかどうかでも、慰謝料の金額は変わります。浮気をしていた期間が長い場合は増額、1回きりの浮気や短期間であれば減額されることがほとんどです。

子どもがいるかどうか

子どもがいるのに浮気をしていた場合は、子どもがいない場合と比べても慰謝料は高めです。

また、子どもがいて離婚する場合は、慰謝料に加えて養育費も請求可能です。請求できるトータル金額もさらに増額されます。

反省・謝罪の有無

もし、パートナーが浮気の事実を素直に認めて反省や謝罪をしていた場合、慰謝料が減額される可能性もあります。反対に、浮気の事実を認めずに反省や謝罪の意思が感じ取れない場合は、慰謝料も自ずと増額されていきます。

浮気の主導者は誰か

パートナーが主導で浮気をしていた場合、パートナーに対する慰謝料が増額される可能性が高いです。反対に、浮気相手が主導となって関係を続けていた場合は、浮気相手に対する慰謝料が増額されます。

慰謝料を請求する相手側の収入・資産状況

パートナーや浮気相手に慰謝料を支払う財力がない場合、慰謝料が減額される場合がほとんどです。反対に、ある程度財力がある場合は、慰謝料の増額も認められやすいです。

浮気の慰謝料が高額になるケース8選

浮気の慰謝料が高額になるケースは、下記の8パターンあります。

  • 婚姻期間が長く、浮気している期間も長かった
  • 浮気によって子どもに悪影響が生じた
  • 浮気によって夫婦の関係が破綻した
  • 誓約書などの内容に違反した
  • 浮気が理由で離婚に至ってしまった
  • 浮気をしていた明確な証拠がある
  • 浮気したパートナーに支払い能力がある
  • 浮気の証拠があるのにもかかわらず、パートナーが真摯に謝罪をしない

基本的に、浮気による被害が大きい場合や、パートナーに反省の意思が見られない場合に慰謝料が高額になります。

浮気の慰謝料を高額にする2つのポイント

浮気の慰謝料を高額にするポイントは下記の2つになります。

  • 深刻な被害を受けたことをアピールする
  • 浮気を証明できる有力な証拠を入手する

深刻な被害を受けたことをアピールする

慰謝料は、被害者が受けた精神的苦痛の度合いによって金額が変わります。もし、高額の慰謝料を獲得したいのであれば、自分がどれだけ深刻な被害をうけたかをしっかり主張しましょう。

浮気を証明できる有力な証拠を入手する

浮気の事実をしっかり主張できていたとしても、パートナーがその事実を否定していれば希望の慰謝料額を獲得できない可能性があります。

そんなときに重要なのが、パートナーが言い逃れできないような証拠を入手すること。肉体関係の事実が明確に分かる証拠があれば、なお心強いでしょう。

具体的なパターン別浮気慰謝料相場

ここでは、具体的なパターン別浮気慰謝料相場について解説していきます。

  • 協議離婚の場合
  • 裁判離婚の場合
  • 離婚後に慰謝料を請求する場合
  • お互いに浮気をしていた場合
  • 独身時代の浮気が結婚後に判明した場合
  • モラハラ・パワハラがあった場合

協議離婚の場合は100~300万円

協議離婚とは、夫婦同士で話し合って離婚を決めること。慰謝料の金額も夫婦同士で決め、その浮気慰謝料相場は100~300万円となっています。

裁判離婚の場合は100~300万円

裁判離婚は、浮気の証拠や夫婦それぞれの主張に基づき、具体的な慰謝料を導き出します。この場合だと、浮気慰謝料相場は協議離婚と同じ100~300万円。離婚方法によって、浮気慰謝料相場が大きく変わることはありません。

離婚後に慰謝料を請求する場合は100~300万円

婚姻期間中に浮気をしており、離婚後に慰謝料を請求する場合も、ほかのケースと同じく100~300万円が浮気慰謝料相場となっています。

この場合は、当時浮気をしていた証拠や時効を迎えていないかがとても大切。場合によっては慰謝料を請求できない可能性もあるため、注意しておきましょう。

お互いに浮気をしていた場合は100~300万円

パートナーだけでなくあなたも浮気をしていた場合、浮気慰謝料相場は100~300万円となります。

ただし、状況によって慰謝料の請求が認められないケースもあるため、必ず請求できるものではないことだけは理解しておきましょう。

独身時代の浮気が結婚後に判明した場合は200~300万円

結婚前に浮気をしており、結婚後にその浮気が判明した場合、かなり悪質な行為とみなされます。

そのため、慰謝料額もほかのケースと比べて少し高くなり、具体的な浮気慰謝料相場は200~300万円となります。

モラハラ・パワハラも受けていた場合はプラス10~200万円

パートナーから浮気に加えてモラハラ・パワハラも受けていた場合、浮気の慰謝料(100~300万円)にモラハラ・パワハラの慰謝料を上乗せして請求できます。モラハラ・パワハラの慰謝料相場は、10~200万円とこちらもかなり幅があります。

ちなみに、モラハラ・パワハラによって内科診療を受けたりした場合、治療費や損害賠償も請求できます。

浮気慰謝料相場についてよくある質問

最後に、浮気慰謝料相場についてよくある質問をまとめてみました。

夫婦関係がすでに破綻していても慰謝料を請求できる?

パートナーが浮気する以前から夫婦関係が破綻している場合、慰謝料請求が認められない可能性があります。浮気の慰謝料請求が認められるのは、あくまで浮気によって悪影響が生じた場合のみ。

夫婦関係の破綻が浮気によるものではない場合、浮気によって悪影響が生じていないとみなされます。

同棲相手が浮気した場合は慰謝料を請求できる?

パートナーと婚姻関係でなくただ同棲しているだけの場合、浮気による慰謝料請求は認められません。慰謝料の請求が認められるのは、パートナーと婚姻関係または婚約状態である場合のみ。

ただの恋人や同棲相手であれば、慰謝料請求の対象にはならないのです。

浮気慰謝料相場が分かったら、浮気の証拠を手に入れる準備をしよう

いかがでしたか。このように、浮気慰謝料相場はパターンによって大きく異なります。

パートナーの浮気がどれほど悪質か、または夫婦関係にどのような悪影響を及ぼしたかで左右されるでしょう。また、浮気による慰謝料を請求するには、浮気の証拠を入手しておくことが大事になります。

浮気の証拠を入手するなら、浮気調査の専門家である探偵に調査を依頼しましょう。

私たち探偵興信所PIOでは、浮気調査に関する相談を無料で受付ています。見積もり作成も無料で対応できるため、ぜひ気軽にお問い合わせください。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page