探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

興信所による浮気調査の費用|自分で調べた場合の費用と注意点

パートナーの浮気が発覚し、浮気の証拠を掴むために興信所への依頼を検討した際、気になるのが費用です。あなたの状況や興信所によって、興信所による浮気調査の費用が変わります。

本記事では興信所に依頼する浮気調査の費用について解説します。プラン別の費用相場や自分で浮気調査をおこなう際の費用についても触れていきます。

できる限り費用を抑えて浮気調査をしたい方は、本記事を最後まで読んで参考にしてください。

興信所による浮気調査の費用相場|プラン別

興信所や状況によって浮気調査の費用は異なりますが、費用相場は4~200万円です。

興信所の料金プランは大きく分けて3つあります。

1時間当たりいくらと決まっている時間型プランや、調査費・諸経費込みのパック型プラン、成果に応じて報酬を支払う成功報酬型プランです。それぞれ見ていきましょう。

時間型プラン

あなたのパートナーがその浮気相手といつどこで会うのかわかっている場合は、時間型プランがおすすめです。

1時間あたりの費用が決まっており、費用相場は調査員1人あたり5,000~15,000円。日数がかかる調査の場合、時間型プランは費用が高額になる可能性があります。

浮気調査は2~4名の調査員が担当することが多いため、あらかじめ調査員の人数を確認することが大切です。

パック型プラン

時間がかかそうな浮気調査には、パック型プランがおすすめです。パック型プランは、調査費や諸経費込みで何時間いくらと費用が決められています。

浮気調査の時間による費用相場以下のとおりです。

●20時間:25~50万円

●30時間:35~70万円

●40時間:80~90万円

どのくらいの期間を要するかわからない浮気調査には、パック型プランを利用することで費用を抑えられます。

ただ、パック型プランは費用が一定なので予想よりも早めに浮気調査が終わった場合でも、同じ金額を支払わなければなりません。

成功報酬型プラン

興信所による浮気調査の成功率を上げたい方は、成功報酬型プランがおすすめです。

成功報酬型プランでは、最初に着手金を支払います。その後、浮気調査の成功を見届け、追加で成功報酬を支払うプランです。

成功報酬型プランの費用相場は100万円から。状況によっては200万円を超えるケースもあります。

大切なことは「何をもって成功とするのか」です。興信所とあなたの間に認識のズレがないように、契約時に確認しておきましょう。

興信所による浮気調査の費用|内訳別

興信所による浮気調査の費用は、主に調査員の人件費や諸経費です。興信所に浮気調査を依頼するなら、費用は何にどれくらいかかるのかを把握しておきましょう。

調査員の人件費

興信所の浮気調査では、通常2~4名の複数で調査をおこないます。これは、調査する人物に尾行を疑われたり見失ったりすることを防ぐためです。

引っ越しや修理業者も興信所の調査と同様、稼働人員が多ければ人件費がかかりますが、稼働力が向上し、作業がはかどるでしょう。

もし浮気調査で人員を抑えると、調査に支障をきたしたり、時間が余計にかかったりすることも。

調査費用が安い興信所は、人件費を削っている可能性があります。また、少人数による浮気調査は、決定的な瞬間を逃すことが考えられます。

興信所に浮気調査を依頼する際は、調査費用を気にするだけでなく、興信所の実績や調査力を判断することが大切です。

ケースにより異なる諸経費

興信所の浮気調査には、人件費の他にも諸経費がかかります。

諸経費の例は以下のとおりです。

●交通費

●車両費

●宿泊費

浮気調査の対象者が、浮気相手と遠方に出かけるケースがあるため、興信所の調査員が現地へ赴くための費用として、電車代やタクシー代などがかかります。浮気調査で車を使用する場合は、ガソリン代も諸経費です。

また、浮気調査のために飲食店や宿泊施設を利用した場合も、かかる費用はあなたの負担です。他には、報告書作成費やカメラの使用料、写真データの加工・編集の費用を請求する興信所もあります。

調査期間が長期に及ぶと諸経費がかさむため、予算内で浮気調査ができるかどうかを依頼前に興信所と打ち合わせましょう。

浮気調査は自分でできる?費用と注意点

自分でパートナーの浮気調査をすることも可能です。ボイスレコーダーやGPS、スマホアプリを使用する方法が挙げられます。

ただし、浮気調査の方法によってはとプライバシーの侵害や不正アクセス禁止法などの法律に抵触する可能性があるため、注意が必要です。

浮気調査アイテムは数千円から入手できる

自分でパートナーの浮気調査をおこなう際、使用可能なアイテムやツールは、以下のものが挙げられます。

●ボイスレコーダー

●GPS

●カメラ

●スマホアプリ

あなたのパートナーやその浮気相手を自分で尾行し、浮気の証拠となる音声を録音するためのボイスレコーダーは数千円から販売されています。パートナーの位置情報を把握するためのGPSは、数万円から入手可能です。

また、浮気の証拠写真を撮影するための小型カメラは、ペン型や時計型など、一見カメラだと判断できないちいさなものが使用される傾向があり、値段は数千円から購入できます。

スマホアプリは無料で使用できるものから、月額料金や買い切りなど有料のものなどさまざまです。月額料金制の場合は使用期間により料金が変動しますが、月数百円から使用可能です。

調査方法によっては違法になるため注意が必要

自分でパートナーの浮気調査をおこなう場合、方法によっては法律に触れる可能性があるため注意が必要です。

たとえば、ボイスレコーダーをパートナーのバッグに忍ばせるケース。パートナーの私物を探ることは、プライバシーの侵害に該当することが考えられます。

また、パートナーの同意を得ず、パートナーのスマホに浮気調査を目的とするアプリをダウンロードした場合は、不正アクセス禁止法に抵触する恐れがあります。

たとえ浮気調査が目的だとしても盗聴や盗撮、窃盗は違法です。もし自分で浮気調査をおこない法律に抵触すると「知らなかった」では済みません。あなたがパートナーに訴えられる可能性があります。

興信所の調査員は、民法の探偵業法に基づいた浮気調査をおこないます。リスクなくパートナーの浮気を調べるなら、興信所への依頼がおすすめです。

浮気調査の費用をできる限り抑えたいなら

できる限り費用を抑えて興信所に浮気調査を依頼したいなら、可能な限りパートナーによる浮気の証拠を事前に収集しておきましょう。

自分で収集できる浮気の証拠には、パートナーに見つからないよう尾行したり、カードの明細や車内をチェックしたりすることが挙げられます。

他には複数の興信所に問合せ、費用を確認することも費用削減につながります。

可能な限り浮気の証拠を集める

自分でパートナーによる浮気の証拠を集める手段には、以下のものが挙げられます。

●パートナーを尾行

●カードの利用明細をチェック

●車の走行履歴・車内をチェック

あなたがパートナーを尾行することで、浮気現場を目撃できる可能性があります。

また、カード履歴にはパートナーと浮気相手が飲食店やホテルを利用した形跡が残されているかもしれません。

さらに、あなたが普段からパートナーと同じ車を使用しているなら、見覚えがない走行履歴を発見できる可能性があります。パートナーの浮気相手が乗車した場合は、アクセサリーや飲み物など、違和感を得るものが見つかるかもしれません。

もしあなたがパートナーの浮気を疑っていることがパートナーに気づかれると、浮気の証拠が意図的に隠されるかもしれません。慎重に浮気の証拠を集めましょう。

複数の興信所に相談する

興信所を1社に絞ると費用が比較できません。2~3社の興信所にあなたの状況を話し、それぞれ見積もりを依頼しましょう。

興信所に相談する内容は、以下を参考にまとめておくことがおすすめです。

●あなたの予算

●料金プラン・追加料金の有無

●浮気調査の期間

●あなたが浮気調査で得たいものは何か

できるだけこまかく決めてから話すと、見積もりの流れがスムーズになります。まずは興信所へ無料相談することからはじめてみませんか。

パートナーの浮気調査をするなら興信所に無料相談しよう!

浮気調査の目的は、パートナーとの復縁や離婚など、人によってさまざまです。

興信所の調査員によって得る情報は、法的拘束力がある決定的な証拠。パートナーの浮気を白日のもとに晒すことが可能です。

あなたが何を目的に浮気調査を検討しているのか、現状の悩みも含めて興信所に相談してみませんか。

探偵興信所PIOでは、無料相談を実施しています。パートナーの浮気調査を検討しているなら、一度ご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら