探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

「iPhoneを探す」で浮気調査したらバレる?他の効率的な方法とは

パートナーの浮気を疑い、浮気調査に「iPhoneを探す」の使用を考えたことはありませんか。「iPhoneを探す」はiPhoneを追跡できる機能なので、手軽に自分で浮気調査できるように感じます。iPhone搭載のGPS機能「iPhoneを探す」は、本当に浮気調査に向いているのでしょうか。

本記事では「iPhoneを探す」の機能や設定方法、使用のメリット・デメリットを紹介します。「iPhoneを探す」以外の浮気調査方法に関しても触れているので、パートナーの浮気調査を考えている方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

「iPhoneを探す」機能で浮気調査はできる?

結論からいうと「iPhoneを探す」は浮気調査には向いていません。なぜなら位置情報しかわからないからです。iOSのアップデートにより「友達を探す」機能も加わった現在は「探す」機能として統一されました。しかし位置情報しかわからない点はアップデート前と同様です。

本来「iPhoneを探す」は、紛失、盗難に遭ったiPhoneを探すために開発された機能。指定したiPhoneの追跡や持ち主の居場所を特定できます。しかし、浮気している証拠を「iPhoneを探す」だけで掴むのは困難です。

それでも追跡機能を浮気調査に応用したいと考える方はいるかもしれません。参考までに「iPhoneを探す」でできる機能はどのようなものがあるかを見ていきましょう。

iPhoneの位置を確認

「iPhoneを探す」では、GPSにより設定したiPhoneの位置を探し当てられます。その精度は高く、比較的新しい建物の中や屋外であればほぼ誤差はありません。しかし古い建物に入ると、隣の建物くらいの誤差が生じるケースも。地下の場合は、数10mに渡り誤差が出る可能性があります。

また設定したiPhoneまでの道案内も可能です。このときバスや電車など、移動する際の交通機関も案内してくれます。iOS13以降は、探したいiPhoneがオフライン状態でも、いくつかの条件をクリアしていればBluetoothを使用して追跡できます。

遠隔操作

iPhoneを紛失して拾われた際、不正利用できないように遠くからパソコンを使ってiPhoneを遠隔操作する機能です。遠隔操作により指定のiPhoneを「紛失モード」に設定すると、端末のロックや、アクセスの制限を設定できます。

また防犯機能として使われる音を鳴らす方法で、端末を見つけやすくすることも可能です。ただし、浮気調査において音を出す機能はあまり実用性がありません。

あなたが追跡できる状態にあるとパートナーが承知しているなら、警告音として発することは可能ですが、相手にバレないように追跡している場合はほぼ使えない機能でしょう。

iPhone内部のデータ消去

「iPhoneを探す」では、盗難や紛失によりiPhoneが見つからなかった場合の不正利用対策として、他の端末から指定したiPhoneのデータをすべて削除できます。

データを削除すると、登録情報だけでなく設定もすべて使用前の初期状態になるため、「iPhoneを探す」で指定したiPhoneを探せなくなります。使用の際はくれぐれも誤操作に注意しましょう。

「iPhoneを探す」で浮気調査するための設定とは

「iPhoneを探す」の機能を使用するには、事前にiPhoneの設定が必要です。「iPhoneを探す」で探したいiPhoneを追跡するにはiCloudを使用します。iCloudはAppleが提供するクラウドサービスです。

iCloudの設定の他に、探したいiPhone自体の設定として、他の端末から位置情報を確認できる状態にする必要があります。詳しく見ていきましょう。

iCloudを使用可能な状態に設定する

iCloudの設定にはApple IDが必要です。「iPhoneを探す」機能を使いたいiPhoneの設定画面から、作成したApple IDとパスワードでサインインしましょう。

また、iPhoneには「iCloudファミリー共有」という機能があります。設定画面から「ユーザー名」を開き「ファミリー共有を設定」をタップします。

指定のiPhoneの管理者ユーザー名の下に「ファミリーメンバー追加」と表示されるので「登録を依頼」をタップ。するとあなたの電話帳に登録されているユーザーが表示された下に、以下の選択肢が現れます。

●AirDrop

●メッセージ

●メール

●その他

AirDropとは、物理的に近くのiPhoneにデータを送信できる機能です。AirDropを使用するとファミリー共有のリンクが送信されます。またメッセージやメールを選ぶと、パートナーのスマホにリンクが送信されるので、Apple IDとパスワードを入力します。

さらに下部の「直接会って依頼する」を選んだ場合は、ファミリーメンバーのApple IDとパスワードを入力する画面に切り替わるので、指定端末の情報を入力しましょう。

iPhone本体の位置情報を確認できる状態に設定する

他の端末から位置情報を確認できる状態にするには、探したいiPhone本体の設定画面を開き、「iCloud」から「iPhoneを探す」をオンにします。

パートナーのiPhoneのロック解除が難しい場合は、日常会話のなかでパートナーに「飲み会などでiPhoneを紛失したら困るから、設定を見直した方がよい」と話題に出すと変更してくれるかもしれません。

しかし、他人のスマホを覗いたり勝手に設定を変更したりする行為は、プライバシーの侵害や不正アクセス禁止法に該当する可能性があります。あなた自身がパートナーに訴えられるかもしれないため、安易に相手のスマホを勝手に操作する行動は控えましょう。

「iPhoneを探す」を浮気調査に使うメリット・デメリット

「iPhoneを探す」を浮気調査に使うメリットは、もとからiPhoneに備わっている機能なので、新たにアプリをダウンロードする必要がない点です。

一方でデメリットもあります。Apple IDやパスワードなど、端末の持ち主しかわからない情報を入力しなければ設定できないため、パートナーにバレるリスクが高い機能なのです。それぞれ詳しく見てみましょう。

「iPhoneを探す」浮気調査に使うメリット

浮気調査に使えるスマホアプリはありますが、ほとんどの場合は相手のスマホにダウンロードしなければ使用できません。また有料のアプリは利用にお金がかかります。その点「iPhoneを探す」はiPhoneに標準搭載されており、費用は一切かかりません。

また他人のスマホに勝手にアプリをダウンロードする行為は、前述した不正アクセス禁止法に該当するためおすすめできません。

しかし自分のiPhoneをパートナーの荷物に忍ばせ、パソコンから位置情報を確認する方法であれば、文字どおり自分のiPhoneを探す目的での使用になるため、法律に抵触しない可能性があります。

「iPhoneを探す」浮気調査に使うデメリット

他の端末から位置情報を確認すると、指定のiPhoneに通知が届きます。相手に内緒で設定し追跡した場合は、相手にバレるリスクは高いでしょう。

そのため、浮気調査しているとパートナーに知られたくないなら「iPhoneを探す」の使用はおすすめできません。万が一あなたが浮気調査をしているとパートナーにバレたとき、あなたとの信頼関係が壊れる可能性があります。

また「iPhoneを探す」はiPhoneの位置情報しかわからないため、決定的な浮気の証拠にはなりません。

「iPhoneを探す」以外の効率的な浮気調査の方法は?

スマホの機能は便利ですが、相手にバレたり法律に触れたりするリスクがあります。あなたがパートナーにバレない浮気調査を考えているなら、スマホではなく人に協力を仰いでみてはいかがでしょう。浮気調査をするなら探偵への依頼がおすすめです。

豊富な経験を積み、深い知識と高いスキルを兼ね備えた探偵は、浮気調査のエキスパート。決定的な浮気の証拠を掴むべく、張り込みや尾行による調査をおこないます。また秘密厳守で調査するため、あなた以外の人に浮気調査の事実や情報は漏れません。

パートナーの浮気でお悩みなら探偵に相談してみませんか

「iPhoneを探す」機能は、本当にiPhoneを紛失・盗難に遭った際に使用することをおすすめします。

GPSによる追跡機能から、浮気調査を目的に「iPhoneを探す」の使用を考える人は多いかもしれません。しかし、使用すると相手に通知されたり設定のためにIDやパスワードが必要になったりするので相手にバレるリスクが高く、浮気調査には向きません。リスクなく浮気調査をするなら、スマホに頼るのではなくその道のプロに依頼するのがおすすめです。

位置情報しかわからないスマホの機能よりも、確実な浮気の証拠を掴むべく現場に足を運び情報を取得する人間の力を信じてみませんか。

探偵興信所PIOには経験豊富なベテラン探偵が揃っています。私たちなら、あなたのお悩みを解決するお手伝いができるかもしれません。相談は無料でおこなっているので、気軽にお問い合わせください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら