探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

探偵・興信所に調査依頼、いくらかかる?平均的な費用とは

パートナーの浮気の証拠を掴みたい。行方の分からない親族を探したい。そんなときに利用できる探偵事務所・興信所ですが、一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか。調査内容によって費用は異なりますが、今回は各調査の費用相場や「費用は安ければ安いほどよい?」といった疑問にお答えします。

調査内容によって異なる!費用の相場はこちら

探偵や興信所の調査費用は、調査する内容や期間、調査方法などによって異なります。安いもので約10万円から高いもので約80万円が相場となり、長期間にわたる規模の大きな調査だと数百万円になることもあるでしょう。ただ、100万円以上費用がかかる調査は個人で利用する範囲内では稀です。

相場の下の額から上の額まで、幅が広いことが分かりますが、調査費用の相場はこのようにある程度決まっており、各社でそこまでの大きな差はありません。

また、費用には料金体系がいくつか存在します。

探偵・興信所の料金体系を解説

数ある探偵・興信所の中から自分に合ったものを選ぶ際のポイントにもできるのが、「料金体系」。調査費用は決して安価なものではないため、各探偵・興信所は料金体系を設け、分かりやすく費用を提示していることがあります。

時給型

時給型は1時間当たりの調査費用が決まっており、かかった時間に応じて費用が上がる料金体系です。多くの探偵や興信所がこの体系を使用しており、依頼者にとっては「どのくらいのお金がかかるのか」が明確になっています。

この時給型の費用相場はおよそ1時間で5,000円~20,000円。この費用は人件費のみの場合があり、この時給の他に移動費、機材費、手数料、基本料金もプラスされるケースがある為、経費実費が込みであるのかなど、総額はいくらになるのかを一度見積りするとよいでしょう。

この時給型は、調査対象の住居地や氏名、行動パターンなどが分かっていて、比較的短時間で完了できる依頼であれば費用を抑えることが可能です。反対に漠然とした調査対象に対して行うと調査が長期化するため、高額な費用がかかることを頭に入れておきましょう。

パック料金型

その名の通り、尾行や聞き込み、書類作成などの依頼したいものがセットになった料金です。時給型に比べると提要するサービス内容が決まっているため、1時間あたりの費用は割安となっています。

費用を安く済ませたいのであればこの料金体系はおすすめできますが、パック料金型はあまり一般的ではなく、用意されている探偵・興信所が少ないことを考慮しておかなければなりません。

また、調査があまりにも短期間で簡単に完了した場合、時間給に比べると費用が高くつくことがあります。ある程度の証拠が揃っていて、「この時間だけ調査を依頼したい」と決まっている場合はパック料金型ではなく、時給型を選ぶのが得策です。

成功報酬型

弁護士事務所などに多い料金体系が成功報酬型。まず、調査にあたるために着手金を払い、調査が成功した場合に成功報酬として追加料金を払います。成功報酬型のメリットは、もし調査が失敗したり結果が出なければ、着手金のみの支払いでよいため費用が安くなる点です。また、調査期間によって費用が左右されないため、依頼時にどのくらいの期間がかかるのか見当がつかない方には嬉しい料金体系といえるでしょう。

高額な調査費用を最初から用意しなくてよいことから、急に探偵や興信所を利用することになった方に人気ですが、この「成功報酬」がどの条件で成功となったか、依頼者側と探偵・興信所側で異なることがあり、費用に関するトラブルになりがちなのも成功報酬型の特徴です。

探偵費用に関してのトラブルを避けるため、成功報酬型を選ぶなら「何をもってして成功とするのか」を明らかにし、探偵・興信所側とよく話し合っておきましょう。

費用は安い方がいい?

一般的に、探偵や興信所に依頼すると費用は10万以上かかり、「安い」とは言えません。また、「格安料金」や「業界最低価格」と安さを売りにする探偵や興信所は多いです。限られた予算の中で調査依頼をされる方にとって、安いことは最大のメリットでしょう。しかし、もちろん安い費用で確実な調査を行う優良興信所もありますが、高額な費用を請求されるトラブルが多いのも事実。例えばホームページに記載されている費用はとても安かったのに、実際に見積もりを出すと基本料金や人員待機料金、「ホームページに記載しているのは調査員の人件費のみです。調査するには、1日当たりの基本料数万円と実費が数万円かかります。」といった説明を受けることもあるのです。

さらに安さの理由は調査方法が薄く、結果として費用をかけたにも関わらず成果が出ないということもあり得ます。

そのため、安易に「安い」ものを選ぶのはリスクが高く「どうして安いのか」を見極め、きちんとした見積もりを出してくれる探偵事務所・興信所がおすすめです。また、「調査料金に諸経費は含まれているので、追加料金は一切かかりません」と提示してある探偵・興信所も信頼できるでしょう。追加料金や費用の水増しがないことは、相談や見積もりに行った際にもう一度確認しておくと安心です。

この見積もりは事務所内や調査員の雰囲気が自分に合っているかどうかを見極めるため、実際に足を運ぶのが確実です。しかし、どうしても時間が取れない場合は電話やメールで見積もりを出してくれるところを選びましょう。また、探偵・興信所の中には見積もりや相談の際にも費用がかかることがあるため、「相談無料」「見積もり無料」であることもしっかり確認してください。

まとめ

探偵・興信所の費用相場をご覧いただくと、必ずしも「安い料金」ではないことが分かります。また、相場を知るとあまりにも安い探偵事務所や興信所が存在することも分かりますが、なぜ安いのかを口コミや評判から読み取り、実際に信頼できるかどうかを確認するのがおすすめです。まずは正確な見積もりを出してくれるところ、調査内容を明確にし、詳しく相談に乗ってくれる探偵・興信所を選び、その中でも予算に合うところを選択してみましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら