探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

企業に悪影響を与える「ハラスメント」を見抜くには?

企業に悪影響を与える「ハラスメント」を見抜くには?

いじめや嫌がらせなど、職場におけるハラスメントの報告が近年急増し、問題視されています。

職場のハラスメントを放っておくと企業にはどのような悪影響があるのでしょうか。

ハラスメントによるデメリットを把握したうえで、経営者の目線から被害者と加害者を見抜く方法を探ってみましょう。

■ハラスメントは内外からのデメリットに

ハラスメントが蔓延していると、当然ながら職場の空気は悪くなります。
たとえば激しく叱責された社員は落ち込んで、モチベーションや集中力が低下してしまうでしょう。

それが繰り返されれば離職率が上がり、頻繁に人間が入れ替わることになります。
優秀な人材が離れるうえに、そのつど新人を育成する必要があるので、企業の生産性も低下してしまうのです。

また、企業の外からも批判を受けることになります。
ブラック企業だと噂され、組織のイメージは悪くなってしまいます。

つまりハラスメントは企業の内と外、両方からダメージを受けるものなのです。

■職場内のハラスメントの見抜き方と対処法

被害者の多くは、胃痛や不眠などの体調不良を訴えることが多くなります。

また「自分はダメな人間だ」と思い込んでしまうタイプが多いでしょう。
一方で「100%相手が悪い」と攻撃的に思い込むタイプもいます。

双方共に、極端な考えに陥りがちな傾向があるでしょう。
それらの体調不良や意見に対して「それぐらい我慢しろ」「昔は叱責されるのが普通だった」などという対応はNGです。

ますます被害者を追い込み、逃げ場がなくなってしまいます。
経営者自ら話を聞いてあげれば、それだけでも被害者の心を軽くできるはずです。

一方で、加害者を見抜くコツは「前科があるかどうか」です。
もし当事者の部下の離職率が高い場合は、同じようなハラスメントを繰り返している恐れがあります。
過去にどれだけ問題を起こしているか、しっかりとチェックすることが大切です。
加害者の特徴としては、何でも勝ち負けにこだわる傾向があります。

しかし本人は悪いことをしている自覚はありません。
加害者である部下を鍛えているつもりで、いじめや嫌がらせをしているとは思っていないのです。
経営者としては、言っていることを鵜呑みにしないようにしましょう。

■ハラスメントの事前調査

職場内のハラスメントは、大事になる前に調査・把握することが大切です。
正しく対処をすれば離職率を下げて、企業への悪影響を防ぐことができるでしょう。

ハラスメント調査をしたいときは、実績のある探偵・興信所への相談がおすすめです。
経営者の立場からは見えにくい真実を、独自のルートから明らかにしてくれるでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら