探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
(東京都・神奈川県・愛知県・大阪府・兵庫県・大分県・福岡県)にお任せください。

あなたの家庭は大丈夫?「年下妻」が浮気に走る心理とは

あなたの家庭は大丈夫?「年下妻」が浮気に走る心理とは

近年増えている、年が大きく離れたカップルによる「年の差婚」。
芸能人やタレントにも多いこの年の差婚ですが、実は浮気や離婚のリスクが高いという傾向があるようです。

特に妻が夫よりも大幅に年が若い場合には、妻が不倫や浮気に走るケースも多く注意が必要です。

ここでは、年下の妻が不倫に走ってしまう心理や原因、不倫を防ぐ対処法について紹介していきます。

年下妻が浮気に走る心理と傾向

結婚相手に年上の男性を選ぶ女性は精神年齢が高く、同世代の男性に対して「頼りにならない」「子どもみたい」と感じイヤがる傾向があります。
そのため、自分よりも10歳以上も年上の「何でも知っている大人の男性」に惹かれ、結婚したいと思うようになるのです。

このような年の差婚は結婚当初はうまくいくのですが、長年一緒に暮らしていき妻の精神年齢が夫に追いつき、追い越してしまったときには離婚の可能性が上ることも。

また、年上男性に惹かれる女性は寂しがり屋のタイプが多いため、夫の仕事が忙しく1人になることが多いとその寂しさから浮気に至るケースも少なくありません。
特に、若くして結婚した妻の場合は、同世代の友人たちが自由に遊んでいる時期に家事や子育てをしなければならないため、ストレスを感じ結婚したことを後ろ向きに考えてしまうことも。

若い年下妻の不倫を防ぐためには、そうした考えを理解し妻のストレスをケアしていくことが大切です。

年上夫が気をつけるべき対処のポイント

年上の夫は年の離れた妻が可愛く、まるで自分の子供かのように溺愛してしまう傾向があり、注意が必要な場合も。

その愛情がエスカレートしてしまうと、妻の行動を監視したり制限したりするなど相手に対して束縛行為を行うようになってしまいます。

これでは年下妻のストレスは増すばかりで、浮気や家庭内不和などのトラブルを引き起こし離婚に至る可能性が高くなるのは火を見るよりも明らかなこと。

年下妻は夫に対して「大人の余裕」を感じさせて欲しいと思っているため、束縛などはせずに包容力を見せ、妻の不満やストレスに対し相談に乗るなど、紳士的な態度を通していくのが好ましいでしょう。

また、年下妻は甘えん坊で依存心が強い傾向があるため、なるべく寂しい思いをさせないようにすることも大切なポイント。
仕事などが忙しいときにはなるべく連絡をこまめに取るなどして、相手に寂しさや不安をあたえないよう気をつけると良いでしょう。

近年は珍しくない「年の差婚」ですが、女性が男性よりも7歳以上若く結婚するカップルは離婚率が高いという傾向もあります。
もし妻の浮気などに関して調査をしたいと考える場合には、自分の力で行って相手に不信感を抱かせるよりも探偵や興信所などのプロの機関を使い、客観的に調べてもらう方が得策と言えるでしょう。

年上の夫は妻の行動や考えを抑制するのでなく、なるべく耳を傾けるよう心がけ妻の浮気や不倫を未然に防いでいきましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら