探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

引越し先のプライバシーは大丈夫!?盗聴のチェック方法

サムネイル

引越し先のプライバシーは大丈夫!?盗聴のチェック方法

自分からは大した情報は出てこないと思っていても、意外なところから盗聴器が出てくるということがあります。

普通に家賃を取っているお家でも新築物件の戸建てでも、盗聴器がこっそり仕掛けられていて私生活を丸裸にされているなんてことがありえます。

盗聴器を見つけるのはものが増えてくると難しくなりますので、引越前のスッキリした状態で行うのがおすすめです。

誰が盗聴器を仕掛けるのか

盗聴器を仕掛ける人物には、さまざまなパターンがあります。
たとえば、以前住んでいた住人の恋人が、恋人の普段の生活を覗き見するために仕掛けている可能性もあります。

大家さんや引越し業者の方の中にも悪い人がいて、興味本位でつけて帰ってしまう人もいます。
もちろん、中古物件だけではなく新築マンションであっても安心は出来ません。

引越し以来誰も入ったことがないはずの寝室から盗聴器が見つかった、なんてこともあります。
新築であれば仕掛けられるのは業者しかいません。
高い買い物をしてプライベートを覗かれてはたまったものではありませんから、事前にチェックしておきましょう。

盗聴器を自分で見つけるのは難しい?

盗聴器を自分で見つけるのは至難の業だと思われがちです。
普通の電器屋にはなかなかありませんが、稀に盗聴器を発見できるグッズが販売されていることもあります。

しかしグッズには高額なものが多いため、特別何か知られたくない情報があるわけでなければなかなか手が出ないのではないでしょうか。

とはいえ引越前の家であれば仕掛ける場所は限られています。
もっとも多く盗聴器が仕掛けられるのはコンセント。ドライバーさえあればコンセントのフタは開けられますから、幾つか外してみて他のところにはない機器が無いかをチェックしてみましょう。

それらしいものが見つかったら、確認のために盗聴器を探す業者を呼んでみましょう。

引越し業者の盗聴器捜索サービスは危険

引越し業者のサービスの中には「盗聴器捜索サービス」というものがオプションで付けられる場合があります。

とはいえ引越し業者で実際に引越しを手伝ったり、盗聴器の有無を調べているのは素人です。
アルバイトや派遣員など知識があまり無い人物が調べても見つからない場合もありますし、盗聴器を捜索すると言いつつ自ら盗聴器を仕掛けるということも考えられます。

他にも盗聴器が仕掛けられる場所として電話のモジュラージャックや、電話線に仕掛けて電話を盗聴するというものもあります。
配電盤の中や電柱など素人では見つけにくい場所に隠されている場合もありますので、自分しか知らないような情報を他人に知られていたりする場合には探偵や興信所にご依頼ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら