安易な判断は危険! 社内外の「怪文書」どう対応すべき?

会社のオフィス宛てや取引先の企業へ、怪文書が出回るといったケースは往々にしてあります。

これまでの怪文書は、手紙やファックスによるもの、落書きによるものなどが多くありましたが、最近ではメールや不正アクセスといった手法も増えているそうです。

発信方法は現代に沿ったものとなっていますが、内容は今も昔も変わらず、個人的な主張が書かれているものや、悪質なデマや誹謗中傷が書かれているものなど、さまざまです。

こういった怪文書が出回った場合、会社としてはどのように対応するのが適切といえるのでしょうか?
今回は、社内外で怪文書が出回った際にスムーズな対応ができるよう、注意点や対応方法をご紹介していきます。

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

安易な判断は危険! 社内外の「怪文書」どう対応すべき?

怪文書の内容はさまざま

怪文書の動機というのは、社内の個人に対する恨みであったり、会社の方針に対する恨みであったりとさまざまです。

また、怪文書の発信者も在職者に限らず、すでに退職した者という場合もありますし、社員の家族や関係者というケースさえ考えられます。

そのため、「怪文書にはこう対応すべき」とマニュアルを化して一律に扱えるというものではありません。

内容が社内情報に関わるものであったり、社員のプライバシーに関わるものであったりというケースも多く、怪文書に対してはことさらに慎重な対応が求められます。

企業としての怪文書への対応

社内外において怪文書が確認された場合、これを無視するというのは会社としては得策ではありません。怪文書というなんらかの主張やメッセージがある場合、放置は状況の悪化や職場環境の乱れにつながりかねないためです。

怪文書を発信する側は正体を暴かれないよう用心していることがほとんどのため、犯人の特定や解決というのは難しいかもしれません。

しかし、社内風紀の維持や再発防止のことを考えればやはり調査は必要不可欠です。
こういったケースに関しては、社内だけで解決しようとせずに、専門の業者や興信所、探偵など調査のプロに依頼をするのが安心といえるでしょう。

社内環境を第一に考えた対応が重要

怪文書に対して社内で独自に「犯人探し」をするという対応は得策ではありません。

大々的に通達や犯人探しなどをしてしまっては、社内には「疑われている」という空気が漂ってしまうもの。

うわさ話から職場環境が悪くなったり、憶測や不安から疑心暗鬼になり、社員のモチベーションが下がったりということが懸念されます。

怪文書へのスマートな対応としてはやはり、興信所や探偵といった業者に依頼するのが確実です。
社内環境に波風を立てず調査を遂行できるような、信頼できる業者を選ぶのが解決へのカギといえます。

「たかが怪文書」とあまく考えていると、さらにエスカレートしたり、また別の問題が浮上してきたりと二次被害を生みかねません。しっかりと対処をして、会社の安心と平和を守っていきましょう。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page