結婚1か月目の浮気、衝撃調査結果で慰謝料請求?

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

結婚1か月目の浮気、衝撃調査結果で慰謝料請求?


東京都・29歳 女性

結婚相談所を介して出会い、結婚した夫にわずか1か月で裏切られました。
浮気に気付いたきっかけは車の中に落ちていたアクセサリーです。

結婚1か月目ですからまだまだ新婚気分でした。
週末にドライブに誘われて、うきうきと助手席に乗り込んだらシートの隙間にシルバーのピアスが……。
唖然としてしまってその日は直接問い詰めませんでしたが、それから気を付けて夫の様子をうかがっていると、ジャケットのポケットから不審なレシートが見つかったりということがありました。

気になったのでコピーをとっておき、調査に持ち込んだのです。
結果は驚くべきものでした。
レシートの発行者は「○○観光協会」となっていたのですが、実態はラブホテルだったのだとか。
仕事終わりの時間に利用していたり、日中の時間が刻印されていたり、外回り営業だからなのでしょう。

まさかラブホテルだなんて思いませんでした。
証拠写真として収集した中には、ホテルの出口で見知らぬ若い女性とキスしている姿も。
追跡調査のレポートを見ると、会うたびに夫から女性にいくばくかのお金が支払われているとありました。
女性の知人から、女性が不倫している自覚があるという証言も得られました。

夫と浮気相手の女性、双方から慰謝料を取れる条件はそろったと思いますが、係争を起こすとしてその費用を回収できるかは微妙なところかもしれません。
やるか、やめるべきか。今はそこで悩んでいます。

慰謝料請求の前にそろえるべき「証拠」の難しさ

感覚的には確実に浮気をしている夫についても、公的な場での証明には「浮気の実態」の証明が必要です。この場合は証拠として以下のものはそろっています。
・第三者の証言
・浮気相手の「不倫の自覚」
・証拠写真
キスをしている写真が得られたのは大きいでしょう。
ただし、夫に浮気を認めさせるのにはもう一手必要になるかもしれません。
同一の相手と繰り返しそうした接触があるという証拠、それが客観的に、確実に認められる証拠を探してください。

そして、慰謝料を請求する手続きについても課題があります。浮気による離婚で獲得できる慰謝料の平均は50万から400万程度。
裁判による係争には時間も費用も掛かりますから、できるだけ話し合いで相手を納得させられるように準備しましょう。
つまり、いずれにしろ「確実な証拠」をしっかりそろえることが重要というわけです。
現時点で分かっている要素だけでも多くの人は浮気を確信するはず。
しかし裁判所ではそうは行きません。浮気された、いわば被害者にこうした負担が伴うのは不条理に感じるかもしれませんね。

ですが「疑わしきは罰せず」が日本司法の原則です。
それをよく考えて離婚準備を整えることをおすすめします。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page