探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

モラハラの判断基準は?職場で受けやすい被害・対処法を解説

「職場の人からいやがらせを受けている」

「モラハラに該当するかわからないけれど、職場の人間関係が原因で仕事が滞っている」

このようなお悩みを抱えていませんか。

もしあなたが職場の人の言動で精神的な苦痛を与えられているならば、それはモラハラの可能性が高いです。

本記事では職場におけるモラハラについて解説します。受けやすい被害、身を守る方法についても触れていきます。

「もしかしたら、職場でモラハラを受けているかもしれない」と感じている方は、ぜひ最後まで読んで、モラハラの苦痛から脱却する参考にしてください。

職場におけるモラハラの定義とは

モラハラとは、道徳(モラル)に反した言動により、人に不快な気持ちを与えるいやがらせ(ハラスメント)のことです。

職場の人から言葉や態度、メールの文書などによる精神的ないやがらせ行為が、繰り返しおこなわれている場合は、モラハラである可能性が高いでしょう。

職場のハラスメントには、モラハラと類似したものにパワハラがあります。

モラハラとはモラルに反した精神的な暴力

モラハラとは道徳(モラル)に反した言葉や態度などにより、精神的に追い詰めるいやがらせ行為です。

たとえば業務上のミスが原因で怒鳴られたり、心ない言葉を投げかけられたりすることがある場合は、モラハラの可能性があります。すれ違いざまの舌打ちや陰口も同様です。

またLINEやメールなどの文書によるいやがらせも、モラハラに該当する可能性があるでしょう。

モラハラとパワハラの違い

パワハラとは、職場の上下関係から生じるハラスメントです。

パワハラのパワーとは権力のこと。職場におけるパワハラは、上司や先輩など立場上の人が、部下や後輩に対しておこない、精神的、肉体的な苦痛を与えるいやがらせ行為です。

たとえば上司が部下に業務を任せる際、本人の能力を越えた過剰な量の仕事を要求することなどがパワハラに該当します。

一方モラハラの加害者は、立場を限定しません。職場のモラハラは上司や部下、同期などの立場に関係なくおこなわれます。

モラハラは、役職や立場を問わず職場の全員が加害者、被害者となる可能性があるハラスメントです。

これってモラハラ?職場で受けやすい被害

もしあなたが、職場の人から発せられた暴言や陰口によって精神的な苦痛を受けたなら、モラハラである可能性が高いでしょう。

また、職場の人に無視されたり仲間外れにされたりする行為も同様です。他には、業務を妨害する行為、プライベートへの過度な干渉も挙げられます。

くわしく紹介するので、あなたが今、職場の人から受けているいやがらせ行為と照らし合わせながら読んでください。

暴言・陰口

職場の人から業務の範囲を越えた心ない言葉を浴び、あなたの心が傷ついたのであれば、それはモラハラの可能性があります。

たとえば、身体的な特徴や性格、能力が否定される言葉を投げかけられた経験はありませんか。また、大勢の前であなたが傷つく言動を受けた場合も同様です。

もしかしたらモラハラの加害者は、あなたを精神的に攻撃することで、あなたよりも優位な立場につこうと思っているのかもしれません。

無視・仲間はずれ

あなたが職場で孤立している状態に悩んでいるなら、モラハラである可能性が高いでしょう。

たとえば、あなたと同じ部署に勤める人たちの飲み会が開催されたとします。あなたの同僚がいやがらせ行為の一環として、あなただけを誘わなかった場合は、モラハラの可能性があります。

他には、同じチームでプロジェクトを遂行している人に、話しかけても無視されるなどの行為もモラハラに該当するでしょう。

業務の妨害

職場の人からいやがらせを受け、あなたの業務に直接影響が及ぶケースです。

能力に見合わない業務を任されたり、業務に必要な資料を渡してもらえなかったりする場合もモラハラにあたるでしょう。

プライベートに過度に干渉される

職場の人からあなたのプライベートについて干渉され、不快な気持ちになるケースです。

たとえば、職場の人に服装や所有物について批評され、嫌な気分になることが挙げられます。

また、家族や恋人について執拗に質問を受けたり、からかわれたりすることで、あなたが不快になるならモラハラに該当します。

モラハラから身を守る方法

モラハラの被害者は、「自分が悪い」と思い詰める傾向があります。モラハラから自分を守るためには、自分に非があるという考えを改めることからはじめましょう。

あなたが受けたモラハラ被害の証拠を残し、第三者に相談することでモラハラから脱却できるかもしれません。

「自分に非がある」という考えを改める

モラハラの被害を受けやすい人には、以下の傾向があります。

真面目・謙虚な性格

責任感が強い

忍耐力がある

周りの意見に流されやすい

このような性格の持ち主は、「コミュニケーションが苦手だから、自分が悪い」「仕事の効率が悪いから、強く注意されても仕方ない」などと、自分を責めやすいのではないでしょうか。

もしあなたが今、感じているならば、自分の非を責めるのではなく、苦痛を感じる状況から抜け出すことを考えましょう。

被害の事実を記録する

あなたが職場で受けたモラハラの内容を、できる限りこまかく記録しましょう。記録方法は「5W1H」がおすすめです。あなたが職場で受けたモラハラの被害内容を、日記やメモに書いておきましょう。

5W1Hで記録する際は、以下を参考にしてください。

When:〇年〇月〇日〇時頃

Where:モラハラを受けた場所

Who:誰にモラハラを受けたのか

What:受けたモラハラ被害の内容

Why:どのような理由で被害を受けたのか

How:モラハラ被害は直接受けたのか・LINEやメールで受けたのか

可能であれば、あなたがモラハラ被害を受けている様子を録音・録画で保存しておく方法もおすすめです。

もしメールやLINEでモラハラを受けているなら、内容を残すことも大切です。電子文書によるいやがらせ行為は、相手に削除される可能性があるため、スクリーンショットで保存しておくとよいでしょう。

また、自分の精神状態についても記録しましょう。あなたの気持ちがふさぎ込む状態になったり、落ち着いて眠れなくなったりするなど、精神的な不調がある場合は、医師の診断書を取得することも手段の1つです。

第三者・専門家に相談する

前述したモラハラ被害の記録をもとに、第三者に相談することを検討しましょう。

モラハラ被害の相談に対応している窓口は、企業の相談窓口や各都道府県に設置された労働局、労働基準監督署などの総合労働相談コーナーなどがあります。

「モラハラに該当するかどうか判断できない」という場合も、今あなたが苦しんでいるならば勇気を出して相談しましょう。それが、モラハラからあなたの身を守ることにつながります。

証拠収集が難しいなら探偵に相談する方法もある

モラハラは精神的ないやがらせ行為のため、被害の証拠が集めにくいハラスメントです。

もしあなたが「モラハラ被害の証拠が集められない」悩んでいるなら、探偵に依頼する方法があります。

探偵は浮気、素行調査だけでなく、いやがらせ調査もおこなっています。

あなたが受けたモラハラ被害の証拠を掴む手段として、探偵に相談することも検討してみてはいかがでしょうか。

職場でモラハラを受けたらひとりで抱え込まずに相談しよう!

責任感が強く、真面目な性格の人が受けやすいモラハラ被害。精神的な暴力により、心が傷つけられるため、周囲の人が気づきにくいハラスメントです。

第三者に相談しようにも、モラハラ被害の証拠集めがうまくいかない人が多いのではないでしょうか。

もしあなたが受けたモラハラについて、誰にも相談できないと悩んでいるなら、探偵の無料相談を利用してみてはいかがでしょう?

弊社、探偵興信所PIOなら、モラハラによる苦痛を取り除くお手伝いができるかもしれません。

私たち探偵興信所PIOでは、いやがらせ調査もおこなっています。経験を積んだベテランの探偵が、モラハラの証拠を掴むべく調査可能です。

まずは無料相談から、お気軽にお問合せください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら