探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

嫁の浮気が原因で離婚する際に必要なことを解説

「嫁の浮気が発覚、離婚したいけどどうすれば良いか分からない」

「離婚して後悔しないか不安」

信頼していた嫁の浮気が発覚したら、どんな男性でも冷静にはいられません。

新しいスタートを切るために離婚を考えても、後悔しないか不安になる男性も多いと思います。

そこで今回は、嫁の浮気が原因で離婚する際に必要なことや、離婚するメリット・デメリットについて解説していきます。

本記事を読むメリットは、下記の3つです。

・嫁の浮気が原因で離婚する際に必要なことが把握できる。

・嫁との離婚で後悔しないための方法が分かる。

・新しいスタートに向けて1歩進める。

それでは解説していきます。

嫁と離婚するために浮気の証拠を集めよう

嫁の浮気が原因で離婚するなら、まずは浮気の証拠を集めましょう。

嫁が浮気をしている確固たる証拠を集めることで、離婚協議を有利に進められます。

ここからは、浮気の証拠が必要な理由と、浮気の証拠として有力なものとそうでないものを解説していきます。

そもそも浮気の証拠が必要な理由って?

嫁の浮気が原因で離婚を考えるなら、嫁と話し合う前に浮気の証拠をしっかり集めておきましょう。

ぜなら、配偶者以外と肉体関係を持つことは、民法上の不法行為として定められているからです。

確固たる浮気の証拠がなければ、民法に違反する不貞行為として認められにくく、その後の慰謝料請求に大きく影響が出てしまいます。

つまり浮気の証拠を集めることは、嫁が言い逃れできないようにするほか、離婚協議を有利に進めるうえで大切なのです。

浮気の証拠として有力なもの

浮気の証拠として有力なものとは、一言で言うと「肉体関係の事実」が分かるものです。

具体例としては、下記のとおりです。

・嫁と浮気相手がラブホテルに出入りしている写真・動画

・嫁と浮気相手がどちらかの自宅に出入りしている写真・動画

・嫁と浮気相手が性交渉をしている写真・動画

このような証拠を自分で集めるのは、かなり難しいです。

嫁を常に監視しておく必要があり、万が一バレると余計なトラブルに繋がりかねません。

そのため、浮気の証拠を集めるには探偵に依頼すると良いでしょう。

浮気調査のプロである探偵に浮気調査を依頼する方が、自分で調査するよりもまず安心です。

浮気の証拠として有力でないもの

肉体関係の事実が分からない場合、浮気の証拠として認められない可能性が高いです。

嫁に浮気の事実を認めさせるために使用できるかもしれませんが、離婚協議上では有力な証拠になりにくいのです。

具体例としては、下記のとおりです。

・異性と2人で出かけているだけの事実

・異性との2ショット写真

・異性とのキス写真

・ただ単にメッセージを交わしているだけのメールやSNSの履歴

離婚時に決めないといけない3ポイント

ここからは、離婚時に決めておく必要があるポイントを3つ解説していきます。

具体的には、下記のとおりです。

・財産分与

・子どもの親権

・養育費の支払い

それでは解説していきます。

財産分与

嫁が浮気をしたかどうかにかかわらず、結婚後に夫婦は築いた財産を離婚時に分配することが法律で決められています。

ただし、嫁の浮気によって精神的ダメージを負った場合は、慰謝料分を考慮した財産分与が行われることがあります。

そのため、財産分与をスムーズに進めるには、浮気した嫁の責任を明確にしておく必要があるのです。

子どもの親権

離婚時の段階で子どもがまだ成人していない場合は、あなたと嫁のどちらかが親権を得ることになります。

離婚届を市役所等に提出する前に親権者を決める必要があり、嫁との話し合いで決まらない場合は調停や裁判で決めることになります。

あなたが親権を得たいのであれば、嫁の育児姿勢がどのようなものだったのかをしっかり主張しましょう。

下記のようなケースであれば、あなたが親権を得れる可能性が高くなります。

・嫁が育児に協力しない。

・浮気をしている際に育児を放棄した。

嫁の浮気が子どもに悪影響を及ぼしたと、きっちり訴えることが大切ですよ。

養育費の支払い

子どもは夫婦2人で育てるもの。

そのため、夫婦のどちらかに養育費の支払い義務が生じます。

養育費の支払い義務は、親権を得ていない方に生じることはまず把握しておきましょう。

養育費の金額は、夫婦の経済力などによって変動しますが、浮気が理由で増額することはありません。

離婚によって子どもに不利益が生じないようにするためにも、養育費の支払いについても離婚前にしっかり話し合っておくことが大切です。

浮気した嫁と離婚するメリット・デメリット

長年一緒に過ごしてきたパートナー。

そんな嫁と離婚するとなると、たとえ浮気が原因でも不安になりますよね。

しかし、不安で立ち止まっていても明るい未来は訪れません。

新しい人生を歩むには、目の前の浮気問題を解決する必要があるのです。

そのためにも、浮気した嫁と離婚するメリット・デメリットを把握して、その後の生活で後悔しないようにしておきましょう。

それでは解説していきます。

浮気した嫁と離婚するメリット

浮気した嫁と離婚するメリットは、下記のとおりです。

・嫁の浮気に悩む必要がなくなりスッキリする。

・嫁との問題から自由になるので、自分のために時間やお金を使える。

・新しい出会いを望める。

・子どものためになる可能性がある。

離婚することで嫁の浮気に頭を悩ませる必要がなくなり、あなたのストレスもかなり減りますよね。

さらには、今まで嫁との結婚生活に費やしてきた時間とお金に余裕ができることで、新しい出会いを求めることも可能です。

また、浮気問題でギクシャクしていた家庭の雰囲気から、子どもを解放してあげることもできますよ。

浮気した嫁と離婚するデメリット

浮気した嫁と離婚するデメリットは、下記のとおりです。

・養育費の支払いが大きい。

・家事と仕事の両立が大変。

・嫁が浮気を認めず、慰謝料の支払いに応じない可能性がある。

・子どもがつらい思いをする可能性がある。

養育費の負担が大きく、経済的にきつくなる場合があります。

また、嫁が慰謝料請求に応じない可能性もあるので、それを防ぐためにも確固たる浮気の証拠を事前に入手しておく必要があるでしょう。

さらに、離婚によって大好きなお母さんがいなくなり、子どもがつらい思いをしてしまうことも。

離婚はメリット・デメリットをしっかり理解したうえで選択することが大切です。

嫁の浮気が原因で離婚するとき、後悔しないためには

当たり前のことですが、離婚した後に後悔はしたくないですよね。

先ほど解説した離婚のデメリットとしてあがっていた「離婚後の金銭面問題」はどうしてもついて回ります。

離婚後の生活で後悔しないためには、この金銭面の問題をどのようにして軽減していくかが重要になるのです。

そのためにも、離婚前に確固たる浮気の証拠を入手して、妥当な金額の慰謝料を請求できるようにしましょう。

前述していますが、自分で浮気の証拠を集めるのにはかなりのリスクが生じます。

リスクをなるべく回避しながら証拠を集めるには、探偵に浮気調査を依頼するのがおすすめですよ。

まずは探偵に無料で相談してみよう

嫁の浮気による離婚で後悔しないためには、事前に浮気の証拠を掴んでおくことが大切です。

確固たる浮気の証拠を手に入れ、慰謝料請求や離婚請求を有利に進めるためにも、まずは探偵に相談してみましょう。

私たち探偵興信所PIOでは、浮気調査についての相談や見積もりを無料で行っています。

また、経験豊富なアドバイザーが親身になってあなたのご相談をお聞きするので、嫁の浮気が原因で傷ついた心に配慮した対応が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

本記事が、あなたのお役に立つことができれば幸いです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら