探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

浮気した妻との関係を再構築してやり直す5つの方法

「妻が浮気していることに気づいてしまった」

「妻が浮気をしているけど離婚はしたくない」

「妻との夫婦関係を再構築したい」

このような悩みを持っている方はいませんか。

妻が浮気していることに気づいてしまったとき、ショックで混乱してしまいますよね。

混乱のあまり、どうしたらいいのか分からなくなるかと思います。

妻との関係を再構築してやり直すには、妻と話し合いをすることが大切です。

今回は、浮気した妻との関係を再構築する方法や夫が持つべき覚悟、逆に再構築しない方が良いパターンを解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、下記の3つです。

・妻との関係をやり直す方法が分かる

・妻との関係をやり直すことができる

・妻との関係を再構築しない方が良いパターンを把握できる

それでは解説していきます。

浮気した妻との関係を再構築してやり直す5つの方法

ここからは、浮気した妻との関係を再構築してやり直す方法を解説していきます。

具体的には下記の5つです。

・誓約書を書いてもらって浮気再発を防止する

・今後は浮気のことについて触れないようにする

・妻の気持ちに寄り添う

・感謝の言葉を積極的にかける

・スキンシップを増やす

それでは1つずつ解説していきます。

誓約書を書いてもらって浮気再発を防止する

まず前提として、浮気した妻を許すことは大切ですが甘やかす必要はありません。

浮気を二度としないと約束してもらうために、誓約書を書いてもらいましょう。

そうすることで、浮気の再犯防止に繋がります。

この際に、「浮気をしたら罰金100万円」や「無条件で離婚する」などとペナルティを明記しておくとより効果的です。

今後は浮気のことについて触れないようにする

妻との関係を再構築させたいなら、今後は妻の浮気について話題に出さないようにしましょう。あまりしつこく話題にしてしまうと、かえって夫婦関係を破綻させかねません。

妻の気持ちに寄り添ってあげる

浮気した妻に対して、沸々とする気持ちも分かります。

しかし、夫婦関係の再構築には、妻の気持ちに寄り添うことが大切です。

妻の話をしっかり聞くことで、今まで見えてこなかった妻の不満や悩みを知れます。

夫婦関係の改善点を把握できるので、よりよい関係を再構築できますよ。

感謝の言葉を積極的にかける

夫が仕事しているとき、妻は家事を必死にこなしています。

もちろん、逆の場合も同じです。

夫から妻への感謝の言葉が足りないことが原因となり、妻が浮気するケースは多いのです。

積極的に妻へ感謝の言葉をかけることで、妻との良いコミュニケーションに繋がります。

スキンシップを増やす

妻が浮気してしまうよくある原因として、日々のスキンシップ不足が挙げられます。

スキンシップの中でもセックスレスが原因で愛情不足を感じてしまい、浮気に走る妻は多いのです。

浮気した妻の体を触りたくないと思う方は多いと思いますが、手を繋いだりするだけでも妻は愛情を感じるもの。

なるべくスキンシップをしっかりとるようにして、妻に愛情を注ぎましょう。

夫婦関係の再構築を目指す夫が持つべき覚悟3つ

浮気した妻との関係を再構築するには、夫は下記の3つを覚悟するべきです。

・もう一度浮気をされる覚悟

・傷つけられても思いを相手にぶつけない覚悟

・後悔を絶対しない覚悟

それでは1つずつ解説していきます。

もう一度浮気をされる覚悟

さすがに二度と浮気はしないと思って、関係を再構築することはやめましょう。

なぜなら、反省の度合いによってもう一度浮気する妻は多いからです。

一度浮気した人間は、もう一度する。

そういった覚悟を持っておくことで、万が一また浮気された時の精神的ダメージを軽くできます。

傷つけられても思いを相手にぶつけない覚悟

一度浮気されてしまうと、誰かの何気ない一言や浮気のトラウマによるフラッシュバックで傷をえぐられることがあります。

それが原因で、発端である妻に対して感情をぶつけてしまうこともあるでしょう。

しかし、自身のストレスを妻にぶつけることは、夫婦関係の再構築に悪影響を及ぼしかねません。再構築を目指すなら、何度傷つけられても妻に当たらないという覚悟が必要です。

後悔を絶対しない覚悟

関係の再構築は、一度決めてしまうとやり直しができません。

再構築を目指すということは、自分だけではなく妻の人生や子どもの人生に影響を与えることになります。

やり直しのできない選択なので、どんな結末であっても絶対後悔しないという強い覚悟を持ちましょう。

再構築しない方が良いパターンと対処法

妻との関係を再構築することは良いことですが、中には再構築しない方が良いパターンもあります。

ここからは、再構築しない方が良いパターンと対処法について解説していきます。

妻の浮気癖が治らない場合は離婚するべき

関係を再構築せずに、そのまま離婚するべきパターンがあります。

それは、「妻の浮気癖が治らない」場合です。

いくら歩み寄っても浮気を続ける妻は、もう止めることはできません。

ずっと夫婦関係を続けていても、精神的にダメージを負い続けることになりかねないので、離婚する方向にシフトしましょう。

浮気に気づいたとしてもいきなり妻を問い詰めない

浮気を再犯していることが分かっても、いきなり妻を問い詰めてはいけません。

浮気をしている証拠がないと、浮気を認める妻は少ないからです。

怒りがこみ上げてくる気持ちも分かりますが、まずは一旦気持ちを抑えましょう。

浮気の証拠をしっかり集めて、後から妻に慰謝料請求などの罰を与える方が利があります。

【慰謝料請求】探偵を利用して証拠集めをしよう

浮気の決定的な証拠とは、浮気相手との肉体関係を示すものです。

浮気相手との性交渉をしている写真やラブホテルに出入りしている動画など、自分で集めるのは精神的にも物理的にもなかなか難しいですよね。

そんな時は、探偵に浮気調査を依頼しましょう。

プロの調査員があなたに代わって浮気の証拠を掴むために動いてくれます。

そこで手に入れた証拠を用いて、浮気した妻に慰謝料請求という罰を与えましょう。

妻との関係を再構築するにはお互いの気持ちに向き合うことが大切

いかがでしたか。

浮気した妻との関係を再構築するには、お互いの気持ちにしっかり向き合うことが大切です。

妻に対して怒りをぶつけたくなる気持ちも分かりますが、夫婦関係を良いものにするには、妻の立場になって気持ちを理解することが必要になるのです。

しかし、もし妻が浮気を繰り返す場合は、離婚や慰謝料の請求を検討する方が良いでしょう。

そのまま夫婦関係を続けても、何も良いことはありません。

離婚や慰謝料を請求するためには、確固たる浮気の証拠が必須になるので、まずは探偵に浮気調査を依頼しましょう。

私たちPIO興信所探偵社では、浮気調査に関する相談や見積もりの提示を無料で行っています。

経験豊富なアドバイザーが親身になって相談を聞き、適切な浮気調査の方法をアドバイスしてくれます。

まずはお気軽にご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら