探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

探偵はどんな服装で調査をするの?意外と知らない探偵の服装について

ドラマや映画などでよく見る探偵は、トレンチコートにハンチング帽という目立つ服装をしていることがほとんど。

しかし、現実でそのような服装をしていると、バレずに調査をするのは難しそうですよね。

探偵だとバレずに調査をするのであれば、目立たない服装をしていることは間違いありません。

そこで今回は、意外と知らない探偵の服装についてや定番の小道具について解説していきます。

本記事を読むことで得られるメリットは、主に下記の2つ。

・探偵の意外と知らない服装が分かる。

・探偵がどれだけ服装に気を付けているかが分かる。

本記事を参考に、探偵のバレない工夫を知りましょう。

探偵の服装はスーツ?意外と知らない探偵の服装とは

探偵の服装は、調査場所によって大きく異なります。

「これこそ探偵だ。」と感じるような、トレンチコートにハンチング帽という服装をすることはまずありません。

ここからは、意外と知らない探偵の服装について解説していきます。

探偵の服装は意外と「自由」

探偵は、調査をしていると調査対象者を追跡するために走ったり、バレないようにとっさに隠れたりすることがよくあります。

そのため、基本的には動きやすい服装をしていることがほとんどです。

ただし特に決まりはなく、TPOに合わせた適切な服装をしていれば、原則何を着用しようが自由です。

例えば、繁華街などであれば人混みへ自然に紛れられるカジュアルな服装。

反対に、田舎などの人が少ない場所であれば作業員の服装など。

なるべく周囲から目立たない服装を心がけて、調査対象者にバレないように上手く紛れています。

社内でももちろん服装に規定なし!

調査をするときは服装に決まりはなく自由ですが、実は社内でも服装に規定は基本ありません。

そもそも探偵は日々多くの依頼を請け負っており、調査で現場に出ることが多く1日中社内にいることは珍しいです。

また、社内にいても依頼があればすぐ調査を始めることになるため、素早く現場に出られるように社内でもカジュアルな服装でいることが多いです。

探偵がスーツを着用するケース

もちろん、社内でスーツ着用が義務付けられている探偵事務所もあります。

スーツは街中やオフィス街などでもそこまで目立たない服装のため、そのまま調査でも非常に役立ちます。

また、依頼者に直接会うときはビジネスマナーに気遣い、スーツを着用する場面も多いでしょう。

探偵が調査で気を付ける服装のポイント4点

ここからは、探偵が調査で気を付ける服装のポイントについて解説していきます。

探偵の服装は、TPOをわきまえていれば自由で問題ありません。

しかし、あまりに自由すぎるファッションをしてしまうと、調査時に調査対象者に覚えられ、バレてしまう可能性も。

そのため、主に下記の4ポイントを意識しながら服装に気を付けています。

・夜間調査なら暗色系の服装で

・モノトーンの服装は避ける

・奇抜なファッションは絶対NG

・スニーカーを履く

それでは1つずつ解説していきます。

夜間調査なら暗色系の服装で

探偵は、昼間と夜の調査ごとに服装の色味を調整しています。

明るく鮮やかな服装だと、夜間調査では目立ってしまいバレる可能性が高くなります。

そのため、黒色や灰色といった暗色系の服装をし、暗闇に紛れて目立たないようにしています。

調査対象者の追跡中に突然調査員の方へ振り向いてきたとしても、暗闇に紛れられるためバレにくいでしょう。

モノトーンの服装は避ける

単色もしくは白黒で統一されたモノトーンの服装は、周囲から浮き気味でバレやすい傾向にあります。

探偵たるもの、調査対象者にバレないようにするのが当たり前。

そのため、モノトーンの服装を避けつつ、なるべく周囲の人たちに近いカジュアルな服装を心がけています。

奇抜なファッションは絶対NG

街中で奇抜なファッションをしている人を見かけたら、服装がかなり印象に残りますよね。

奇抜なファッションであればあるほど人の印象に残りやすく、探偵の調査には不向きです。

そのため、探偵は周囲に気づかれないように、目立たない地味な服装をしていることがほとんどですよ。

スニーカーを履く

探偵は気を付けているのは、服やズボンだけではありません。

調査対象者の尾行時に足音が鳴らないように、革靴などを避けるようにしています。

なるべく足音が鳴らないスニーカーを履くようにし、シンプルなデザインと高い機動力を優先。動きやすくて目立たないスニーカーを履くように心がけています。

探偵が調査で用いる定番の小道具3選

探偵の調査は、尾行や張り込みなどで長時間になってしまうことがあります。

そうなると、ずっと同じ服装だと調査対象者に怪しまれてしまうことも。

そのため、同じ服装でも違和感のないように、服装に合った小道具を身に付けるようにしています。

ここからは、探偵が調査で用いる定番の小道具3選をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは下記の通り。

・メガネ・サングラス

・ヘッドフォン

・ジャンパーなどの上着

それでは1つずつ解説していきます。

メガネ・サングラス

メガネやサングラスは、着脱が簡単で調査に使いやすい定番の小道具です。

着用するだけでも顔の印象がガラリと変わり、調査対象者にもバレづらくとても最適ですよ。

ヘッドフォン

ヘッドフォンは、カジュアルな服装と相性抜群。

調査員の雰囲気を全体的に変えることができ、調査対象者もなかなか気づけません。

また、着脱しやすく首にかけるだけで大丈夫なので、調査にも気軽に取り入れやすいでしょう。

ジャンパーなどの上着

着脱しやすいジャンパーなどの上着なら、服装の印象を大きく変えられます。

また、脱ぎやすいタイプの上着なら腰に巻き付けることもでき、全体的にカジュアルな雰囲気にもできるでしょう。

探偵の服装は目立たないことが最優先

いかがでしたか。

探偵の服装は、TPOをわきまえた目立たない服装をすることを大切にしています。

また、長時間の調査になると服装のイメージを変えるため、小道具などを用いて調査対象者に怪しまれないように気を付けています。

これだけ服装に気を付けて調査に挑んでいるからこそ、バレずに依頼を遂行出来ていると言っても過言ではありません。

本記事が、あなたのお役に立つことができれば幸いです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら