探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

旦那が浮気しているかも?浮気の兆候・浮気する心理と発覚後の対処法

旦那が浮気しているかもしれない。最愛のパートナーによる浮気は「女の勘」が的中することがあります。女の勘といっても旦那の行動が変化したことを、あなたが無意識に感じているのかもしれません。

本記事では旦那が出している浮気のサインや浮気する心理について説明します。旦那の浮気発覚後、あなたがどのような行動をとればよいか対処法も解説しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

旦那が浮気している兆候・サイン

あなたが旦那の浮気を疑ったきっかけは何でしょう?浮気が発覚するケースはさまざまです。たとえばあなたの旦那は、仕事の帰りが遅くなったりスマホを気にするようになったりしていませんか。

浮気している人は家族への態度や日頃の行動パターンが変化する傾向があります。浮気相手に夢中になるあまり、自分が変化していることに気づいていないことも。

あなたの旦那が浮気しているのかどうか、浮気している人が無意識に出すサインについてくわしく見てみましょう。

家族に対する接し方の変化

浮気している人は日頃から接している家族への態度が変わる傾向があります。あなたの旦那は以下の行動をしていませんか。

●スマホを肌身離さず持ち歩く・通知をオフにする

●よそよそしくなった

●仕事の話をしなくなった

●外出時の出来事や行動をくわしく話しだす

トイレや入浴のときまでスマホを持っていくのは、浮気相手と連絡を取り合っているからかもしれません。スマホをマナーモードにしたり通知をオフにしたりして、あなたから旦那の浮気を疑わないように注意している可能性も。

子どもやあなたに対する態度がよそよそしくなり、これまで一緒に出かけていた家族との外出を嫌がるようになることがあります。

またいつもあなたに話していた職場や仕事について話さなくなったなら、他の人に話していることが考えられます。

その一方で突然外出時の出来事や行動について話しだすことがあれば要注意です。あなたが何も聞いていないのに旦那が話しだすようなら、あえて自分からあなたに話すことで浮気相手との行動を嘘の内容に塗り替えようとしている可能性があります。

行動パターンの変化

あなたの旦那が今までとは違う行動をとりはじめたら理由が気になりますね。旦那による行動パターンの変化が浮気発覚のきっかけになることがあります。以下の内容を見てみましょう。

●残業・飲み会が増え帰宅が遅くなった

●流行にくわしくなった

●ひとりになりたがる

●外出に誘っても断られる

●カーナビに覚えのない位置が記録されている

今までは仕事が終われば家に直帰していた旦那に、残業や飲み会が増えていませんか。もし急に帰宅が遅くなるようになったら、浮気相手と会っているかもしれません。

また浮気相手の趣味嗜好に影響を受け、これまで関心がなかった流行に興味が湧きくわしくなることが。

このほか休日はひとりで過ごしたがり、「予定がある」「疲れている」などの理由から外出に誘っても断る傾向があります。

もし家族で共有している車があればカーナビをチェックしてみましょう。あなたに覚えのない位置情報が記録されているなら、浮気相手と出かけた場所かもしれません。

見た目の変化

服装に無頓着だった旦那が突然おしゃれになり、下着にもこだわりはじめたら要注意です。身だしなみを整え浮気相手におしゃれな自分をアピールするためとも考えられますが、浮気相手の趣味嗜好に寄せたファッションに身を包んでいることも。

加えて、旦那が自分の体臭や口臭まで気づかうようになったら危険信号です。自分が発する匂いは、誰かに接近するときに気になるもの。あなたの旦那が念入りにケアするようになったなら、誰かに物理的に近づく準備をしている可能性があります。

浮気する旦那の心理

愛しあって結婚したはずなのに、なぜ人は浮気するのでしょう。あなたとの夫婦関係、信頼関係が順調に築かれているなら、なぜあなたを裏切る行為に走るのか不思議に感じますね。

もしあなたとの関係が良好でないなら性的欲求から浮気をする可能性があります。また日頃から抱え込んでいるストレス、自分の存在意義を確認するために浮気する男性も。

妻がいるのに不倫に走る、旦那の心理について見てみましょう。

性的欲求を満たすため

人によって理由はさまざまですが、性的欲求を満たすために浮気することが考えられます。

男性には自分の遺伝子を残そうとする本能が備わっています。より多くの女性と行為に及ぼうとするのは生理的な本能です。

魅力的な女性が現れたとき男性の本能により性行為を求めて他の女性に接近をもくろむことがあります。

夫婦関係がうまくいっておらず、夫婦の営みに満足していない可能性が。妻であるあなたを女性として見られなくなったとも考えられます。

現実逃避・ストレス解消のため

仕事や家庭のストレスを浮気によって発散していることが考えられます。毎日仕事で疲れて帰宅したとき、やすらげるはずの家庭で居心地が悪いと感じているのかもしれません。

加えて住宅ローンや子どもの教育など、現実的な問題から目を背けたい心理から浮気することも考えられます。毎日働く旦那をいたわらず子どもに旦那の悪口を言ったり、日頃からぞんざいな扱いを受けていたりしていると感じた旦那は精神的な癒しを求めていることも。

このほか妻を信頼しているからこそ浮気に走る場合もあります。「少しくらい何かしても許してもらえる」と妻に甘えて浮気する男性もいるのではないでしょうか。

自分の存在意義を確立させるため

男性としてまたは一家の大黒柱として頼られたい心理により、自分の存在意義を確立させたい気持ちから浮気する男性もいるのではないでしょうか。

日本語には「男を立てる」「亭主関白」などがあります。これは男性の自尊心を女性によって高める意味をもつ言葉です。

職場や家庭において自分の自尊心が崩れると、精神的な不安から何かでおぎないたい心理が働きます。その対象が浮気相手です。

自分が精神的に弱っているときにやさしくしてくれる女性がいたら、自分の居場所を求め浮気することが考えられます。

旦那の浮気が発覚したらどうすればいい?

旦那の浮気を発見したとき、何をどうしたらよいか悩む女性もいるでしょう。悲しみと怒りがこみ上げ情緒不安定になったり、頭のなかが真っ白で何も考えられなかったりします。

しかしあなたは今後、旦那と離婚するか復縁するかを考えなくてはいけません。あなたの考えがまとまらないまま感情的に旦那を問いただすと、裁判や訴訟に必要な証拠を集められなくなることがあります。

旦那が浮気しているとわかったとき、あなたはどのような行動をとるべきなのでしょうか。

証拠を集める

離婚するしないにかかわらず、まずは証拠を収集しましょう。旦那の不倫相手に慰謝料を請求するときにも証拠が必要です。

スマホの発着信履歴やSNSのやりとりも証拠になります。またクレジットカードの請求書やレシートで不審なものがあれば捨てずにとっておきましょう。

しかしこれらは裁判や調停では浮気の証拠として不十分となる可能性があります。確実な証拠となるのは旦那の不貞行為を明らかにすることです。浮気相手とのデートやホテルへ入っていく姿などの写真が役立ちます。

しかし旦那がいつ浮気相手と会っているのか特定するのが困難なことも。ひとりで証拠を集めるのが難しいときは、浮気調査のプロである探偵に依頼するのがおすすめです。

旦那への接し方

旦那の浮気が発覚すると平常心ではいられないかもしれません。しかし確実な証拠が集まるまでは普段どおりに接しましょう。

あなたに浮気がばれたことがわかると、旦那は証拠隠滅をはかる可能性があります。浮気相手との密会やSNSなどによるやりとりがなくなると、証拠を集めるのが難しくなることも。

あなたにとっては苦しいことかもしれませんがすぐには問い詰めず、ある程度旦那を泳がせて確実な浮気の尻尾をつかむことが大切です。

今後どうするかを考える

証拠が十分に収集できたら旦那に事実を確認した上で、ふたりの今後について話し合いましょう。あなたの選択は2つに1つ、旦那との夫婦関係を継続するか離婚するかを決めます。

離婚するなら慰謝料や財産分与について話しておく必要があります。子供がいるなら親権をどちらにするかも重要です。

もし夫婦関係の継続をあなたが望むなら、今後被害者としての意識を拭い去る覚悟が必要です。あなたが被害者であるうちは旦那は加害者。両者の立場が同じでなければ関係修復は難しいかもしれません。

あなたが納得するまで旦那と話し合い、あなたがどうしたいのか考えましょう。

確実な浮気の証拠を掴むために調査のプロ・探偵に依頼しよう

旦那の浮気が発覚したら、まずは証拠の収集が大切です。あなたがその後どのような選択をするにも旦那による浮気の証拠がなくてはなにもできません。

しかしひとりで浮気調査をおこなうのは大変です。不安定な精神状態で相談できる相手もいないなら、旦那の浮気調査を探偵に依頼してみませんか。

探偵は証拠収集のプロフェッショナル。旦那や浮気相手に気づかれないよう尾行、張り込みなどにより調査をおこないます。相談は完全無料です。

あなたが旦那による浮気の証拠集めにお困りならぜひ一度ご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら