探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

浮気の背景~セックスレスになる5つの理由

浮気の背景~セックスレスになる5つの理由

セックスレス(以下「レス」)に悩む夫婦は年々増加しています。

日本家族計画協会の統計「男女の生活と意識に関する調査」によると、「1ヵ月の間にセックスをしなかった」と答えた夫婦は2004年では31.9%でしたが、2016年になると47.2%にも増加しています。

夫婦とは、元は他人であってもお互い愛し合い、婚姻届を提出することで法的に裏付けられ、同じ屋根の下に住んで社会の最小単位である家族を構成した男女です。

一生を共にすると誓った男女であるからには、会話のみならず肉体も含めたコミュニケーションがあるべきであり、それがない夫婦は徐々に絆が浅くなってしまいます。健康な男女は、精神および肉体の両面で深く結びつくことで相互理解や愛情が深まるからです。

もちろんレスに悩む夫婦のほとんどは、そのことを理解してはいるでしょう。夫婦のどちらかあるいは双方が、「レスがいけないのは分かっているけれど、する気になれない」と思っているのです。ではなぜ、そうなってしまうのでしょうか。

それを突き詰めていくと、現代の夫婦特有のあり方が見えてきます。

1.子供ができて、相手を異性として見られなくなった

結婚とは、恋人時代の燃えるような愛情が、落ち着いた愛情に変化することでもあります。

そんな中で子供が生まれれば、落ち着いた愛情はややもするとセックスに対する意欲を減退させてしまいます。

そのうちの一つが子供の誕生であり、人間は未熟児で生まれるため、女性は子供を産んだあとしばらく赤ちゃんにかかりきりになります。ホルモンバランスも変わって夫を男性として見られない、スキンシップが面倒になるなど、夫に対する見方までもが変わってしまいます。

また、結婚したら相手の外見が変わってしまい、その気になれないという要因も考えられます。これら変化は、セックスしたいという欲求の対極に位置するのです。

例えば妻は、恋人時代にはいつも化粧し、会うときにはよそ行きの格好で綺麗にしていたに違いありません。

しかし結婚後一緒に生活していれば、朝起きたばかりの顔も見てしまいますし、妻がトイレに入った直後に夫が入れば、臭いこともあることでしょう。

また夫は、太ってきた、家の中でだらしない格好をしている、赤ちゃんに比べて脂っこくて汚く見えるなど。

しかしいずれも結婚に伴って必然的に発生することで、本来は乗り越えなくてはならないものです。

寝室が別々というのも同様で、夫婦というより同居人に近い感覚を生み出してしまいます。

2.一緒に暮らしていたら、セックスするのが恥ずかしくなった

男性は思春期になると、女性の体に興味を持ち始めます。かつては本でしたが、今ではネットでそれらの画像や動画は容易に見ることができます。

しかし本であれパソコンであれ、エッチな写真や動画を見ていることは、家族には知られたくないものです。自分に性欲があることはなるべく家族には秘密にしておきたいもので、それは正常なのですが、その感情が夫婦間においても発生することがあります。

恋人時代には彼女を強く求めていたのに、妻に対する気持ちが、母親・姉・妹に対するものに近くなってしまうため、求めるのが恥ずかしく感じられてしまうのです。

「エッチしようと言ったら、からかわれてしまわないだろうか」とか

「恥ずかしくて、言い出せなくなってしまった」

という状態です。

なぜこうなるはか、夫婦間の力学あるいは関係が大きく関わってきます。

3.妻が強すぎる

それは、妻が強い場合によく見られます。「強い」というのは、いわゆる「カカア天下」のことで、家庭内で妻が決定権を持っている場合です。夫は妻の支配下に置かれてしまいますね。

ことセックスにおいて男性は女性を支配する立場でないと行為に及びにくいもので、何ごと妻に支配されていると、そういう欲求を口にするのは憚られてしまいます。

そのうえ妻が、夫の容姿や給料にあからさまな蔑視や不満の言葉を口にすると、夫は深く傷つきます。

雇用機会均等法や男女同一賃金など女性の社会的立場は上がりましたが、レスにならないためには、常に夫から一歩下がっている、そんな古風な妻が好ましいのです。

「こづかい制」もよくありません。財布のひもを握られた夫が、妻を抱こうという気になれなくなるのは当然のことです。

4.夫や妻が夫婦以外のことで消耗しており、意欲をなくしている

夫でも妻でも、昼間仕事をして疲れていれば、夜の生活を面倒に感じることもあるでしょう。

一方がしたいと思っていても、もう一方にその気がなければ行為は成立しませんから、誘っても

「今日は疲れているから」

と言われてしまえば、諦めるほかありません。

夫婦には、仕事のほかに子育てや親の介護など、30代から40代にかけては家族の大きな課題が次々とやってきます。それが原因となってレスになってしまってはいけないのですが、レスになってしまう原因の一つであることは確かです。

また、セックスを断られたほうは、全人格を否定されたような気分にもなります。一度ならまだしも、二度三度と断られると、もう嫌な思いはしたくないという防御本能が働きますから、一気にレスに向かってしまいます。

不倫している

レスの原因としては、これが最も重症でしょう。

夫か妻が外で不倫しているため、配偶者とはその気になれないという場合です。

これについては別章で詳しく触れますが、愛人と刺激の多いセックスをしていると、家庭内でレスになってしまうことは、容易に想像できることです。

これらの理由をよく見れば、どれも以前からあったものです。

つまり現代社会でレスが増える原因は一見なさそうですが、よく見ていくと「1」「2」「3」あたりにレスの本質が複合的に隠れているように思えます。

情報化社会の発達によって、結婚したあとも輝いている女性(男性)がいる。しかし現実はそうはいかない。

しかも女性が強くなったために、男は家で威張ってばかりいられない。おまけにこづかい制だから、お金も自由にならない・・・。

男性が主体的にセックスをするには、(言い方は悪いですが)女性に対して支配的になることが必要です。しかし世の趨勢はその反対ですから、男性は徐々にレスになる道を歩まざるを得ないのかもしれません。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら