探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

夫の浮気相手が妊娠した……! その時妻がすべきこととは?

夫の浮気相手が妊娠した……! その時妻がすべきこととは?

夫の浮気が発覚しただけでも大問題ですが、「その浮気相手が妊娠していた」という予想もつかないようなケースに発展すると冷静ではいられなくなるものです。
怒りや悲しみ、驚きなどのさまざまな感情が湧き出てきますが、このような事態に陥ってしまった場合はまず妻としてできることを落ち着いて確認することが大切です。
その上で、離婚をするかどうかを検討していく必要があります。

今回は、夫の浮気相手が妊娠していた際に妻が行うべきことを4つ紹介していきます。

夫の浮気相手が妊娠した際に妻が行うべき4つのこと

・夫が浮気をしていることは事実なのか?
「夫が浮気をしていた上に、相手を妊娠させていた」という事態が発覚するとどうしても気が動転しがちですが、まずは1つずつ事実確認をしていきましょう。
「そもそも夫は本当に浮気をしていたのか」を改めて夫本人に確認します。
もしかすると、浮気相手を名乗る女性が夫婦のことを陥れようと「浮気をして妊娠した」という嘘をついているかもしれません。
実際に、女性の事実無根な情報を信じ切り、離婚へと発展してしまうケースがあるため、まずは夫の話を冷静に聞くところからはじめていきましょう。

・浮気相手の女性が妊娠した証拠は?
先述している通り、「浮気相手を名乗る女性が2人を別れさせようとしている」という可能性はゼロではありません。
そのため、浮気はしていても「妊娠した」という発言は嘘であるケースも考えられます。
妊娠は妊娠検査薬での結果か、あるいは産婦人科へ受診した際に分かった結果なのか、情報を正しく把握できるように心がけましょう。
おすすめなのは、本当に妊娠しているかどうかを把握するためにも、妊娠証明書を直接見せてもらうことです。
本当に妊娠しているのなら提示してくれるはずですが、何らかの理由で拒む場合は妊娠していない可能性もあるということを頭の片隅に入れておきましょう。

・浮気相手の女性と自分の意思を共有
妊娠しているのは浮気相手の女性なので、お腹の子を産むか産まないかは相手の意志によって変わります。
状況によっては中絶が必要になることもありますが、中絶費用を男性側が支払ったり、中絶に対しての慰謝料を請求されたりすることもあります。

・これらを踏まえて離婚をするかどうかを考える
「浮気相手が妊娠してしまった中で、今まで通りの結婚生活を送ることはできない!」と考える場合は、離婚する方針で計画を立てていくことになります。
その際は、相手のことが気になるどころではないほど取り決めなければならないことが多いですが、できるだけ多くの慰謝料を請求できるように準備を進めておきましょう。

もし実際に離婚を決める場合は、ご自身だけで判断するのではなく、興信所などに相談しておくことで、もらえる慰謝料の額を増やすことができるかもしれません。
これからの暮らしをできるだけ豊かにするためにも、興信所の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら