探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

探偵にはできることとできないことがある! 違法調査をしないために

探偵にはできることとできないことがある! 違法調査をしないために

浮気調査などで探偵に依頼すると、私たちの問題をさまざまな方法で解決してくれると思われていますが、探偵にもできることは限られています。
探偵は日本の法律に基づき、一般の国民と同じ権限のもと業務をおこなう必要があり、踏み込んだ調査をしてしまうとそれが「違法調査」となる可能性があるのです。

今回はどのようなものが違法調査に該当するのかを知るために、探偵のできること・できないことについて紹介していきます。

探偵ができることは大きく分けて以下の2つ

・聞き込み
調査をする方の知り合いや友達、仕事上の同僚といった周囲の方から情報収集するなど、人に話を聞いて回ることは探偵の業務範囲内となります。
こういった地道な作業を続けることで、対象者の状況を把握します。

・尾行&張り込み
行動を観察するために対象者の後を追ったり、気づかれないように監視をしたりすることも探偵の業務範囲内となります。
さらに、浮気の証拠に当たる写真撮影などもおこないます。
これらの業務は探偵の仕事となっているため、通常であれば違法調査に当たることはありません。

こちらで紹介した業務が、主に探偵がおこなえるものです。
逆に、ここに該当しない業務はほぼ「違法調査」に該当してしまいます。
それでは違法調査にあたってしまう代表的なものを見ていきましょう。

探偵ができないこと

・GPSを使った追跡
GPSの使用は違法行為につながることが多いため、探偵がおこなうことは基本的にはできません。
例えば夫の車にGPSを取り付けることは、その車が共有財産として該当する「妻」のみ許されていて、探偵がそれを勝手におこない捜査することはできないのです。

・建物などへの無断侵入
探偵業法の第6条にて「人々の平穏な生活や権利を侵害するような行為をしてはならない」という定義があります。
これにより、いくら対象者の調査であってもその人の住居などに侵入することはできないようになっているのです。
法律を遵守している探偵はこういった無断侵入はおこなわず、別の手段を使い調査をおこなっています。

・別れさせ工作
「別れさせ屋」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。別れさせ屋とは依頼者からの依頼を受けて、対象者とその浮気相手を別れさせるというものです。
こういった行為は、探偵業法違反や公序良俗違反に該当する可能性が高く、一般的な探偵は基本的におこなっておりません。

探偵業は「警察」ではないため、実は私たち一般人と同じ程度の権限しか持ち合わせておらず、ドラマによくあるような業務は基本的にはおこなえないようになっています。
今回ご紹介した「探偵ができないこと」を用いて調査している探偵事務所は、法律に則った捜査をおこなっていないともいえるため、安易に信頼するのは考えものです。
「知らずに違法調査を依頼していた」とならないようにも、探偵の業務範囲内を正確に理解しておくようにしましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら