探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

また痴漢……。 電車で受ける痴漢の憂鬱を解消する方法とは?

また痴漢……。 電車で受ける痴漢の憂鬱を解消する方法とは?


満員電車では通勤している女性の中には痴漢の被害に悩んでいる方もいらっしゃいます。
ただでさえ満員電車で気持ちが滅入るのに、痴漢の被害まで受けてしまうと、出社する前からストレスが溜まってしまいますよね。

こういった痴漢の被害を抑えるためにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか?
今回は電車内の痴漢被害を抑えるために必要な方法をご紹介していきます。

電車内での痴漢を受けないようにする対処法


痴漢対策として真っ先に取り入れるべき方法は「車両の場所」を意識することです。
例えば同じ車両ばかり乗り続けていると、その車両を継続して使っている痴漢に狙われる可能性もあるため、定期的に車両を変えることを心がけておくことが大切です。
特に大きな駅の改札口が近くにある車両は、痴漢にとっては逃げやすい場所のため、できるだけ避けておく必要があります。

また、その他にも車両の中での立ち位置も意識する必要があります。
車両の中でも以下の2つのポジションは痴漢に狙われやすいため、極力これから紹介する場所以外に立つようにしましょう。

・車両の端
先頭車両や後方車両の端に立ってしまうと、特に満員電車の場合は逃げ場がありません。
他の乗客にも気づかれにくい場所なので、極力避けたい場所となります。

・ドアの近く
もっとも人が集まる場所がこの「ドア付近」です。
この部分に立ってしまうと人が集まり混雑しているため、痴漢をする人にとっては容易に触ることができます。
また、快速や特急の電車に乗ると、区間が長いため被害が大きくなる可能性もあるのです。

座席が空いていなかったとしても、できる限り座席側に立つようにしましょう。
もちろん座席側に立つようにしたからといって、必ず痴漢を回避することができるわけではありませんが、対策の一環にはなり得ますし、座席側に進めば進むほど混雑からも逃れることができます。

常習犯の可能性もある

通勤となると一定の時間に乗車するケースが多いため、毎朝同じ電車で同じように痴漢を受ける場合は「同一犯」である可能性が高いです。
このケースの場合は1人の人間を調査することで済みます。勇気を出して声をあげることができれば一番早いのですが、恐怖で声がでないという方も多いのではないでしょうか。
常習犯の場合は友人に助けを求めるのも良いでしょう。興信所や探偵に依頼をして法的措置をとるのも1つの手です。

日本法規情報の調査によると、電車のトラブルは3人に1人が経験しているとされています。
その中でも多くの割合を占めたものが「痴漢・ストーキング」です。
意を決してアクションを起こすことは難しいことかもしれませんが、まずはできるところから対策を検討しておくことで、いざ痴漢に遭った時に冷静に対処することができます。
今回紹介した点を意識して、痴漢の悩み解決を目指しましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら