探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

上司からの執拗なスキンシップ…… セクハラ被害の収め方とは?

上司からの執拗なスキンシップ…… セクハラ被害の収め方とは?

上司からのスキンシップにうんざりしている女性も少なくありません。
コンプライアンスなどからセクハラに関する対策は以前よりも見直されつつありますが、それでも依然としてセクハラ被害は収束することなくあり続けています。

職場内でのことなので、誤った対処を行ってしまうと逆効果になる可能性もあります。
それでは上司からのセクハラ被害を解決するためにはどのような点に気をつけておけばいいのでしょうか?

オフィス内でのセクハラ被害で考えられる2つの要因


・「見返り」に関するもの
会社内の立場の強い人が立場の弱い人に対して行うもののほとんどがこの「見返り」に関するものです。
例えばセクハラを拒むと出世や給料面などの待遇に悪影響を及ぼす可能性があるため、拒むことがそう簡単にできないケースも決して少なくはありません。

この手のセクハラは上司に対する嫌がらせのため、社内の同僚に相談しても解決につながる可能性はそこまで高くなく、プライベートでの友人や家族に相談することしかできないことも多いのが実情です。

・「環境」に関するもの
これに該当するセクハラは、例えば上司だけではなく、同僚や部下などの性的な会話や噂話、あるいは休憩室などで異性の容姿に関する話などもセクハラ被害に該当します。

女性だけでなく男性の場合、同僚や上司から無理やり風俗店などに誘われるケースもこういったセクハラに該当します。

拒絶の姿勢を示すことが第一歩


これらのセクハラを回避するためには、「拒絶する姿勢」を示すことが最初のステップとなります。
場合によっては上司や同僚の中には「この人にはこういった話題で会話しても問題ない」と誤解している可能性がありますので、まずは意思表示をするところから始めてみるようにしましょう。

自分自身の感情を示すことでセクハラの悩みを改善できることも決して少なくはありません。

あまりにも酷い場合は興信所を活用する


もちろん前述した内容だけで全てが解決するとは限りません。

特に「上司」が絡んでいる場合は、今後のキャリアプランにも影響が出てくるため、解決が難航する可能性もあるでしょう。
自身での解決が難しい場合は、興信所などの機関を使って相談をしてみるのも1つの手です。
セクハラの被害を抑えるために必要なものは「証拠」。
興信所で調査をしてもらい、確固たる証拠を入手することができれば、セクハラの被害も最小限にすることができるでしょう。

社内のセクハラを防ぐためには自分自身で動くことも大切ですが、あまり目立った行動を取りすぎると逆に孤立を招く可能性もあります。
このため自分で動く部分や、興信所などの機関に頼る部分を明確に分けて対策を練っていくことが改善につながる鍵と言えるでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら