探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

夫の不倫が怪しい…… 浮気調査にかかる期間とは?

夫の不倫が怪しい…… 浮気調査にかかる期間とは?


浮気調査を依頼する場合、パートナーが浮気をしているかどうかを確認することももちろん大切ですが、「費用」についても考えておきたいものですよね。
浮気調査は興信所を利用することが効果的ですが、基本的に調査期間によって費用がかかってきますから、浮気調査の平均的な日数を理解しておくことである程度の予算を設定することができるようになります。

それでは浮気調査が完了するまでには、どれだけの時間がかかるのでしょうか?
今回は浮気調査にかかる平均的な期間を紹介し、浮気調査の時間が長引く要因なども併せてご紹介していきます。

浮気調査にかかる一般的な日数とは?


一般的には浮気調査の平均日数は「約7日」とされていますが、もちろん多少前後する可能性は大いにあります。
一口に「浮気調査」と言っても、依頼者がどれだけパートナーの状況を把握しているかどうかで日数は大きく変わるため、ご自身の状況によってはさらに期間がかかる可能性もあることは頭の片隅に入れておきましょう。

例えば「パートナーが誰と浮気しているか」が把握している場合は日数を短縮させることはもちろん可能です。
一方で「浮気しているかもしれない」程度では、そもそも浮気をしているのかどうかを調査することから始めなければならないため、平均日数を超えた期間を要する可能性も大いにあります。

浮気調査にかかる期間を前後させる要因

浮気調査にかかる期間は「調査目的」や「パートナーの警戒度合い」などから変動する可能性があります。この2点についてご紹介します。

・調査目的
そもそもなぜ浮気調査をするのか? という問いに対しての答えが「復縁」か「離婚」かによって期間が大きく変わってきます。
もし「復縁」である場合は浮気をしている事実を調査するだけにとどまるため、裁判をすることはほとんどありません。
したがって裁判に使うような証拠を揃えることまではしなくて良いため調査も比較的簡易的なものが中心となります。
このため復縁目的の場合は調査期間が短くなり、約3日〜5日前後となることが一般的です。

その一方で「離婚」が目的の場合は上記の内容に加え、誰がどう見ても浮気である情報を複数収集する必要があるため、情報を集めるためにも2週間以上かかる可能性もあります。

・パートナーの警戒度合い
パートナーの職業や、過去の経験などから浮気調査に対して警戒している場合は、浮気調査が難しくなるため期間が長くなる場合もあり、場合によっては3週間ほどかかってしまう可能性もあります。
過去に浮気調査によって浮気を暴かれた方は、同じ過ちを犯さないようにする傾向があるため、一般の方に比べ調査が難しくなります。

しかし一般的な方は「自分が浮気調査をされることなんてない」と考えているケースが多いため、そういった方の浮気調査は比較的に容易です。
このような方の場合は1週間ほどで充分な証拠を取ることができます。

浮気調査にかかる期間は、今回紹介した要因が絡まって日数が決まっていきます。
まずは無料相談などのサービスを活用し、調査期間を把握するところから始めてみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら