探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

ストーカーに狙われやすい女性の「共通点」とは?

ストーカーに狙われやすい女性の「共通点」とは?


ストーカー規制法が強化されながらも、いまだ相談が増え続けている「ストーカー犯罪」。
被害者は過半数以上が女性であり、中には何度もストーカー被害に遭ってしまう女性もいます。

今回は自衛のために知っておきたい、「ストーカーに狙われやすい女性」の共通点や特徴・狙われないためのポイントなどについて紹介していきます。

見た目にも注意!? 狙われやすい女性の特徴とは


1. 笑顔でいることが多い。
いつも笑顔を絶やさない女性は好感が持てて素敵ですが、その笑顔が周囲に誤解を与える原因になってしまうこともあります。
例えば接客業の女性はお客さんに対して笑顔でいることが求められますが、ストーカー気質の男性に笑顔を気に入られたためにターゲットとして狙われてしまうケースも少なくありません。

2. 肌の露出が少なく真面目そうな格好をしている。
「肌の露出が多い女性」の方がストーカー犯罪に巻き込まれそうな印象を持つ方も多いかもしれませんが、実はストーカーに狙われやすいのは露出が少なく真面目でおとなしそうな女性です。
理由としては、おとなしそうな女性はストーカー被害に遭っても「被害の声」をあまりあげないだろうと感じられてしまうため。
露出を高める必要はありませんが、なるべく格好が固くなりすぎないよう気をつけてください。

3. 優しい
「優しさ」は少し抽象的な要素になりますが、ストーカーに狙われやすいのは「誰にでも優しい人」です。
優しさは大きな魅力のひとつですが、場合によっては優しさがストーカーにつけ狙われる「隙」なってしまうこともあります。
優しい女性と接触し「自分を受け入れてくれている」と一方的に感じた男性が、知らぬ間にストーカーへ変貌してしまうというケースもあります。

また優しい女性は「あまり怒らない」と感じられることも多いため、ストーカー行為が次第にエスカレートしてしまう危険性もはらんでいます。
特に別れた恋人などが女性に対して「優しい彼女なら自分を受け入れやり直してくれるはずだ」という考えを起こし、ストーカーに至るようなケースも多く見られます。

ストーカーに狙われないためには?


ストーカー犯人の80%以上は被害者の「顔見知り」であり、恋人や知人がストーカーになってしまう例も多いもの。

ストーカーをする相手が悪いのはもちろんですが、ストーカーに狙われないよう危機感や警戒心を持って行動することも大切です。
過剰に愛想を振りまかないよう気をつけたり、自分の意見をはっきり相手に伝えるなどを意識していくと、被害に遭うリスクを抑えることができるかもしれません。

もしもストーカーの被害に遭ってしまったら、まずは落ち着いてストーカーの証拠を集めることが大切です。
犯人からの手紙やメールを残しておくことはもちろん、自宅前に居る犯人をビデオカメラで撮影するなどして物的証拠を残しましょう。
自分で行うのが不安な場合は、探偵や興信所にお願いすると安心です。

証拠が揃った後も犯人がストーカー行為を続けるようなら、迷わずに警察や弁護士などへ相談してください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら