ネットストーカーの恐怖から身を守る! 覚えておきたい対策法

浮気・素行調査をお考えの方はPIO探偵事務所へご相談ください

株式会社ピ・アイ・オは興信所探偵社として業歴51年に及ぶ経験と全国21都府県の弁護士協同組合特約店指定として永年の実績を持つ興信所探偵社です。多くの弁護士先生方・法人・個人様からのご依頼をお受けし、「まごころの調査」をモットーに様々な問題の解決に向け、当社の機動力・調査力を駆使し、納得の結果を実現してまいります。

契約以外の経費の水増しや追加料金は一切いただきません。
相談・お見積りは完全無料です。まずはお気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

インターネット初回限定プラン

ネットストーカーの恐怖から身を守る! 覚えておきたい対策法

facebookやInstagramなどSNSが普及したことによって昔の友達を見つけることができたり、リアルではなかなかできないようなコミュニケーションが取れるようになりました。
その一方で誰もが簡単に人とつながりを持ちやすくなってしまったため、SNSに張り付いて特定の人物を監視したり追跡したりする、いわゆる「ネットストーカー」が増えてきたのも事実です。

今回はこのネットストーカーの実態に迫りつつ、その対策方法について考えていきたいと思います。

「ネットストーカー」とは?


よくあるネットストーカーの被害として挙げられるものが「SNSなどでメッセージを執拗に送られる」というものです。
そのメッセージの内容は過激なものもあり、例えば「付き合ってほしい」というメッセージが突然送られてくる時もあるのです。
好意的な内容だけでなく「会いにいきます」というものや「お前の住んでいるところは知っている」などという身の危険を感じるもの、アカウントの持ち主に精神的な苦痛を与えるものも少なくありません。

ほかにもアカウントの持ち主になりすまして、そのアカウントで投稿を繰り返したり、持ち主の身の回りの方に嫌がらせのメールやメッセージを送りつけるなどもあります。
ネットストーカーが与える被害は被害者本人はもちろん、さらにその周りにいる人にも悪影響を及ぼしてしまう危険性があるため、社会的な大きな問題になりつつあるのです。

ネットストーカー被害を防ぐためにおこなうべきこと

自分自身がネットストーカーの被害に遭わないためには、まず第一に「個人情報をむやみに出さない」という点を必ず意識しておきましょう。
住所や電話番号などを公開することはもちろんのこと、自宅の近くの写真などを公開することで「特定」されることもあるので注意が必要です。

こうした予防策を取っても万が一ネットストーカーに粘着されるようなら、1人で悩まず誰かに相談するようにしましょう。
ここ最近ストーカー規制法が改正されSNSでのネットストーカーを取り締まりやすくなったため、対抗策が取りやすくなったのです。

手順としてはネットストーカーの被害を受けたらまずは興信所に相談し、状況を伝えます。
警察に相談しても良いのですが、状況によっては「事件性がない」と言われ動いてくれない場合は、興信所に相談した方が問題解決につながりやすいでしょう。
興信所の中にはインターネット関連のトラブルに強いところもあるので、この分野に強い専門の方を探してみることもお勧めです。

ネットストーカーは1人で悩まず、周囲の人に声を掛けて問題解決につなげることがポイントです。
塞ぎ込まずに状況を周囲に共有するように心がけましょう。

関連タグ:

株式会社ピ・アイ・オ

探偵社PIO編集部監修

本記事は探偵社PIOの編集部が企画・編集・監修を行いました。

ご相談・お見積は完全無料!

まずは、お気軽に
興信所探偵社PIOまでご相談下さい。

0120-522-541 0120-522-541
オンライン相談も無料
LINEでも無料でご相談ください!
オンライン相談はこちら お電話でお問合せ メール相談はこちら LINE相談はこちら
Top of Page